第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 金色の鳥が月桂樹の葉を銜えたローランド・ローイのデザインしたピースが眩しかった。「ピース、下さい」使いではなくて自分のために買った初めての喫煙体験だった。1961年広島、十五歳の少年が、知ったばかりのハードバップ・ジャズに嵌って粋がろうとした45年前のことだった。ショート・ホープ次いでハイライトと新規フィルター・タバコが売り出されたが目もくれず、三年後、東京オリンピックを目前にして、都市の動脈大改造中或いは破壊都市東京へやってきたその翌年のある日、「平凡パンチ」と「されどわれらが日々」を小脇に抱えてタバコ屋へ行った。「ピース」と。するとおばちゃんが「ショートですかロングですか?」と言った。俺は再び「ピース」「・・・ですから、ショートです?ロングです?」とおばちゃん。「じゃけえ、ピースじゃ言うとろうが!」広島じゃけえの、とそんな反発もしていた青いとき、フィルター・タバコのロング・ピースが新発売されていたのだ。
 新年は2005年、昭和でいえば80年だと誰かが言って“あ、そうか”と俺。ヒロシマ、ナガサキを抱えた戦後60年だ。60年経っても便利になった以外、日本も世界も変っていない。勿論昭和が遠くなったくらいだから光景は随分変っただろう。でも今、我われは戦争と平和が普通に語れない。
ピースにショートもロングもありはしない。
平和が肩をすぼめて薄ら笑いをしている。
 広島から来た少年も新年60歳の還暦を迎える。その元少年が東京・下北沢に出したジャズ・バーが、新年早々一月で丁度半分の30周年を迎える。長くもあり短くもあり、何が変わって何が変わっていないのか。「変わらないもの、それは変わろうとする意志だ」と昔竹内銃一郎が言った。10年20年と節目節目を思い返すと、五年前の新年早々は、仕入れたワインのラベルを剥がしては貼り替えるという作業をスタッフ一同でしていた。
 2000年は25周年だった。それ用に印刷したワイン・ラベルに黒田征太郎が絵付けした枚数400枚、つまり400本のワインのラベルを貼り替えて、当日に備えた。二月三日四日五日の三日間、さがゆき、おおたか静流、祐希と歌姫を揃え、黒田京子、佐山雅弘、志津とそれぞれピアニストを配した。
 で今年30周年如何にせむ!?個人的にいえば、還暦とはほんけがえりの意、われらが政府はイラクへの兵隊派遣の一年延長をすんなり決めた。武器輸出三原則はなし崩され、新防衛大綱を決定した。ピースは苦くお家はどんどん遠くなる。この道帰るか帰らずか、そりゃあ、少しは長い30周年も祝われたいが、その間、数多くのマージナルな音楽を提供してきたのみならず、絵や舞踊、舞踏、詩や映像とのクロス・カルチャーの実験的試みを繰り返してきた「レディ・ジェーン」と俺の祭事ならば、PTSDヒロシマを基軸に世界のありとあらゆる幾多のヒロシマを拾い集めた寄せ鍋を、世界中の人々に大盤振舞するのも正月のこととて一興かと夢想する。国会の方々や永田町住人の方々は特に依怙贔屓にして御馳走しよう。
ホワイトハウスやペンタゴンの方々にも特別ご招待状を出したい。
 04年はゴジラ生誕50周年だった。'54年、第五福竜丸がビキニ環礁でのアメリカの水爆実験で放射能に被災した。無線長の久保山愛吉が死んで、<水爆マグロ>が世界に出回り人々は恐怖に陥った。その事件があって、東宝のプロデューサー田中友幸と監督本多猪四郎、それに特殊技術の円谷英二が創り上げたのが「ゴジラ」だった。ゴジラは人間が作った放射能を大量に食って生体が核になっている悲しみの存在でもあるのだ。
 つまり、ヒロシマ鍋を振る舞うということは、先に上げた人たちの多くがゴジラになるということか!?「自衛隊に入ってサマワに行けば」と発言した幹事長など、ゴジラになったらどうなるのか?今のところ死者七万人というスマトラ沖地震が、もしゴジラの仕業だとするなら、人間に対する罰なのか?それではどうしてインド洋なのか?。悪夢の初夢だった。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。