第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 わが「レディ・ジェーン」が一月で正味30周年を迎えた。30年の感想は置いておいて、隅田川辺りの「ベニサン・ピット」という劇場にこだわり、その倉庫劇場の都合で、三月に30周年祭のイベントをやることにした。その総合演出をやってもらうことにした30数年の付き合いになる、高橋正篤こと大石篤、否、まどろっこしい、その世界ではジャイアントの名で通っている彼と打ち合わせをしていたら、「二月中旬にヴェトナムに行くのでその間居ないよ」と言った。民話の「鶴の恩返し」を原案にした木下順二の戯曲「夕鶴」を、日本人スタッフがヴェトナムの俳優を使ってホーチミン市で上演するのだという。木下順二といえばその昔、山本安英と劇団「ぶどうの会」を主宰していて、「夕鶴」は劇団と山本安英の大定番だった作品だ。昨年十二月にも他の代表戯曲「子午線の祀り」を、観世栄夫演出、野村萬斎主演で観たばかりだ。四時間を越える芝居なのだが、月の満ち欠けと海に映える光と影、そして群読という手法で、一の谷の戦いから始まる平家の知盛と源氏の義経の知力の攻防も、自然の摂理に従うという人のあわれを扱み上げ感銘を受けた。
 ついでに言えば、その「ぶどうの会」が解散して、反主流派というかその流れで創ったのが演劇集団「変身」で、俺は68年にその劇団に入団したという関わりがある。劇団の初演は65年だが、翌年の66年五月には、既に外部の文芸スタッフだった椎名輝雄作の「僕達はベトナム戦争のことを話しているんだ」を上演していた。今でも時たま覗く六本木の「ザ・クレイドル」という古い酒場のゴッドママの椎名たか子さん“ご健在ですよね”とも古い付き合いをさせて戴いている。
 さて、話はヴェトナムである。ミレニアム2000年紀の新年はIT革命で明けた。世界中のコンピューターが年号が変わって誤作動を起こすかも知れないという2000年問題だった。二月「レディ・ジェーン」のライブ、金子晴美の歌と廣木光一のギターに、突如ゲスト出演でやって来たのが、アメリカをやっつけた革命の国ヴェトナムのクエン・ヴァン・ミンというサックス奏者だった。青少年時代の殆どをヴェトナム戦時下で育ったミン少年は、
或る日幸運にも米軍放送から流れる
ジャズに魅せられてしまった。
 以降民族の敵の音楽を独学で習得するための、たった一人の地下活動が始まった。戦後、国立ハノイ音楽院で初めてのジャズ講師になった彼は、ハノイに開店したヴェトナム唯一のジャズ・クラブ、「クアン・ナック・ジャズ」での実践プレイ共々、日夜後進の指導に当たっているという。
 当日、出来たてのCDを持ってきた。世界で初めて公表されるヴェトナム・ジャズの第一作だった。タイトルもそのものズバリ「BIRTH」と付けられていた。ヴェトナム・ジャズと言ったが、農夫が収穫を祝う歌や、漁師が沖網を引き揚げる労働歌だったり、故郷を思う曲だったり、古い民族メロディを取り入れたヴェトナムから遊離しないジャズに仕上げてある。先進国日本のジャズも見習うべきだ。廣木光一のライナー・ノートに寄れば、「ヴェトナム伝統音楽とジャズを同列に置く彼のコンポジションは、あらゆる芸術分野で極めて難しいとされている『異文化の融合』を見事に具現化している。なにより彼はヴェトナム人にジャズを聞いて欲しいのだ。ジャズの自由を知っているからこそ」となる。
 セカンドで登場したミンは「BIRTH」にも収録されている廣木とのデュオ曲『ミスティ』を金子晴美の歌入りで共演。最後の曲は『ジョージア・オン・マイ・マインド』だった。地名のジョージアをミンは女性の名前だと勘違いしていたと、演奏後爆笑ものの告白をしたが、それはそれで凄くエキゾチックだったのだ。そうして秋にはユネスコ主催のジャズ・フェスが初めて開かれた。
 ヴェトナム人独自のジャズ音楽を三十年間、一人で切り拓く孤高のヴェトナムの星のことを思えば、
エッセイ等書くよりすぐ 出掛けるべきだとは思うのだけど。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。