第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 2000年はIT革命で年が明けた。革命を夢見た時代もあったようだが過去の泡。一度も革命経験のない国が、ITと革命を結びつける発想はいかにも日本らしい貧相さだ。ソフトバンク株は19,800円で、光通信株は24万だとジャーナリズムは騒ぎ、ヤフージャパン株は遂に1億を超えたと報じた。これで革命だったのか?
 そんな年明け「レディ・ジェーン」は25周年を迎え、初めて表の看板を替えた。舞台美術の加藤ちかにお世話になった。つい先日観た「金、金、金の世の中だ!」と出演者に叫ばせて、ゾンビの日本兵を地下から登場させて、アメリカに単騎進軍する阿佐ヶ谷スパイダースの悲喜劇「悪魔の唄」も、彼女が舞台美術だったな。その00年の年明け、故斉藤博の七回忌を「レディ・ジェーン」でやりたいと、脚本家の荒井晴彦から電話があった。夫人のたまいさんの希望だという。一瞬詰まった。脚本家斉藤博は長年の常連客で、最後の作品は伊集院静原作、根岸吉太郎監督の「乳房」(93)だった。俺は二日前に墓参りを終えて4月24日を迎えた。その根岸吉太郎が荒井晴彦の指名でスピーチに立って言った。「あの日の前の夜、同じ席で僕は飲んでいた。何であんな良い奴が先に逝ったのか、もしかしたら僕だったのかも知れなかったのに」と言って、亡くなった席を指さして、俺も含めて参席の誰れ彼れをその思いにさせた。ピカレスクを気取った博と俺はペリー・コモの『バラの刺青』をよく聴いたが、
ミシェル・ルグランのオケをバックにした
メル・トーメの『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』の
甘い感傷も好きだった。
 博はホンでいえばテレビの「センチメンタル無宿」など、二児の家庭持ち中年親父が、エリントンとコルトレーンの『イン・ナ・センチメンタル・ムード』を聴いている内に、少年時代にワープして行ってしまうし、「南くんの恋人」なんかポッケに彼女をしまって「カサブランカ」的メルヘンだった。
 同じ年明けに戻ると、松本・地下鉄サリン事件等に関して、松本智津夫被告の指令・関与を一部認めた教団は、オウム真理教からアレフに名を改称した。当然国家共同体対カルト教団に挾殺された子供たちにとって、家族崩壊の問題は改称などという次元ではなく、更に根を歪形にして、五年経った今がある。
 三月に封切目前の映画「カナリア」(塩田明彦監督)がある。95年上九一色村のサティアンに強制捜査が入った時、先頭の機動隊が持っていたのが籠に入ったカナリアだった。「レディ・ジェーン30周年祭」に出演してもらう大友良英は映画の音楽監督で、浜田真理子はイメージソング『銀色の道』を歌っている歌手だ。映画「カナリア」は、先のアレフに改称した前後、カルトの呪縛から解き放つ訓練を受けていた児童隔離施設から脱走した十二歳の少年が、幼い妹始め家族を取り戻しに東京へと向う、被虐妄想した魂の自力再生への物語だ。この間終った鎌田義孝監督の「YUMENO」。これから封切を待つ若松孝二監督の「十七歳の風景」、04年作品でいえば是枝裕和の「誰も知らない」、藤原健一の「イズ・エー」、瀬々敬久の「ユダ」、安藤尋の「ココロとカラダ」などいずれも、じっさい加害者として又は巻き込まれた少年の悲惨な事件を題材に、心の漂流と救済そして贖罪を描いていて、少年少女は壊れた世界にしか生きない。
 二月に十年振りに復刊した「話の特集」の編集後記氏が「辛叔玉さんが『学校ごっこ』で講演された松本智津夫の子供たちの話の記事が、プライバシーで掲載されなかった」ことを残念がっていた。入学拒否に住の拒否、生の剥奪。社会と行政は麻原がかつて、「我々は攻撃されている」と教団を呪縛したことを実事行っているではないか!その「話の特集」には「ピカドン」と題した黒田征太郎がアインシュタインに送った絵手紙16ページが載っている。94年から10年続けている「忘れてはイケナイ物語り」の気の遠くなるイノチの作業だ。
金で球団は買えても、命や心は買えない。
勝ち組って誰だ!?負け組って誰のことだ?!




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。