第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 5月21日のテレビ番組ニュース23で“ミンダナオ島の旧日本兵二人の生存は未だ確認されていません”とあった。その2日前のイラクでは、英国系警備会社の傭兵斉藤昭彦の死体が公開されたが、彼は日本の治外法権で生きるプロの新国際兵だったのか?! この新旧戦争の二大事件を追っていたメディアが、NPT(核拡散防止条約)会議の決裂や、20年に及ぶ原子炉もんじゅの最高裁判所で、住民敗訴が決定したことなどまったくかやの外で、ピアノマンやレッサーパンダを過熱して報道するのは勝手だが、中国との関連ニュースは見過ごせないものがある。
 4月23日、ジャカルタのAA会議で、胡錦濤主席と会議して関係修復に努めたはずの小泉首相は、翌月「他国が干渉すべきではない」と発言して、靖国神社A級戦犯合祀を持ち出し、来日中の中国の呉儀副首相から会議を一方的に破棄された。首相もそうなら森岡厚労政務官が「A級戦犯は国内では罪人ではない」と言おうが、中川経産相が「けしからん」と火に油を注ごうが、ちゃっかり「春暁ガス田群」建設で、”東シナ海は日中共同の漁船から、中国の資源開発の海“へ進行しているのだ。行動で示さず口が禍いしているから、なめられているのだ。中国や韓国との靖国や歴史教科書がもたらす温度差を思い知ろうとしないから、外交もくそもあったものではない。“破棄や建設ぐらい、旧日本軍がやったことに比べれば軽い”程度のことだろう。同じ第二次世界大戦で侵略したドイツが、隣国ポーランドと
三十年の共同研究で、
教科書作りを進めていることと、
何と文化度の違うことか!
 反日デモが下火になったとは言え消えやらぬ5月10日、上海と北京に行って来た。上海へ初めて渡ったのは五年前、2000年7月3日丁度55歳の誕生日の日だった。その年も出発直前の4月、石原都知事が「不法入国の三国人が・・・」発言をしたと思えば、なりたての森喜朗首相が「天皇中心の神の国」などと言った。無駄に危険度を高める奴!
 いつもの癖で、成田空港でカシオの安物時計(日頃持たない)と免税品のピースを一箱買って搭乗した。眠いが眠れない。心底不味い機内食を食べても眠れない。夜8時、建って半年程の巨大だが佗しい上海浦東空港に降りると、夏の大陸アジア独特の湿った暑い空気にどよーんと包まれた。麻衣子の出迎えでホテルへ。麻衣子は「レディ・ジェーン」で育ったバーテンダーで今上海で働いている。タクシーで彼女の働く「ル・ギャルソン・シノワ」に着くと、オーナーの宮中隆と小説「上海貝眉」が物議をかもし大ヒットしている若き女性作家衛慧(ウェイ ヘイ)が迎えてくれた。店は塀に囲まれた旧租界の古い洋館建てで、よくこんな物件を手に入れたものだと羨望する程素敵な建物だった。積もる話に4人の食卓の時は即ち過ぎて、バー・ルームに席を移して、本格的なカクテルに数杯身を委ねると、時計は既に3時半を廻っていた。
 翌朝9時半チェックアウト、空路大連へ。大連は上海や北京など体力知力を消耗した現代の旅の戦士たちが、休息を求めるに相応しい、19世紀末の旧帝政ロシア人街と満鉄が占拠した旧日本人街が佇まいを残す、海風とアカシアの自然に恵まれた穏やかな坂の港町なのだ。前回訪れたときは、工事中だったマイカル大連の中に建つ30階のスイス・ホテルが宿だった。というのも、2ヵ月後の9月の中秋の名月に、このホテルで予定している佐山雅弘的爵士(Jazz)楽団の公演の打ち合わせがあったのだ。高層ホテルの窓から眺める黄海が夕日に映えて美しく、そして眠下に点景するわが「ル・カフェ・イゴッソウ」は「レディ・ジェーン」の元調理人藤崎森久と今は上海の宮中隆が出したイタリアン・レストランだった。翌日、もうひとつの用事だったその店の拡大リニューアル・パーティを終えた俺は、再びライブの販路拡大のため上海に戻った。
音楽の合体は易しくとも、
日中関係は中々手強いと判っていても、
何日君再来なんだよな。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。