第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 前号からの続きになるが、二〇〇〇年九月、中国の大連にいた。目的は佐山雅弘的爵士楽団+王暁東(北京出身・在日琵琶奏者)の北京・大連公演だった。俺一人北京から一日早く大連入りして、打ち合わせと足底マッサージを抜かりなくやり終え、翌日のコンサートの宣伝のため酒場を梯子酒した。会場は瑞士酒店のボウルルームとイタリアン・レストラン「ル・カフェ・イゴッソウ」の二個所、保証は協力・日本航空からの航空チケットとホテルからの部屋。後は入場客数のチャージバックという日本のライブハウス方式だった。
 第一部は中国の伝統曲や王暁東作曲の中国曲を、ジャズアレンジしたラインナップだったが、第二部は頭でいきなり佐山雅弘が、予定外の『ラプソディ・イン・ブルー』をソロでガンガン弾き始めた。客は目を点にしてステージに向かいフリーズ状態になった。中国で初めてのアドリブ入りジャズ・バージョンの『ラプソディ・イン・ブルー』に違いないと、終わった時の大拍手がそれを証明した。その日は<中秋の名月を愛でる宴>と題されていて、中国語で書くと<賞中秋圓月 享天倫佳宴>の三百人のディナー・テーブルに、やっと満月が降り注ぎ祝宴が晴れがましくなっていった。
中国では何でも大袈裟なものが歓迎され、
音楽も派手な方が受けるのだ。
白髪三千丈の国柄が生きている。
 と、今日は〇五年六月二十九日。朝刊を広げると「大連市の日本人学校で日本の教材が当局に没収」とあり、反日デモが盛り上がった四月のことで、学校は罰金まで払っていたという。@地図上の中国大陸と台湾が色分けされていること、A尖閣諸島が日本の領土とされていることが問題視された。
 毎年9〜9.5%の経済成長率の中国は、後十年で米国に追いつき日本を追い越すらしい。世界はそれを歓迎し、中国が現在もたらしている経済効果の恩恵に感謝している。軍事は増強装備され東シナ海は全域を支配しているのが現況だ。ところが国内的には官僚汚職、貧富の極差、暴動の難問題を抱えている中国にとって、日本の靖国神社、慰安婦、教科書問題は、それを中傷して国民意識を横すべりさせる格好の主題でもある。新聞に「町村外相は抗議する考えは無し」とあり、検閲措置にも物言えぬのなら、クール・ビズの提案者で、理念なし政治主張なし真情なしの低温動物という名の、クールで幼児的執着の政冷政治の人!この際、これら諸問題と正面切って取り組んで死んだ方が名を残すはずだが、郵政民営化命じゃ駄目か。
 物言えぬ奴と同じは嫌だ。この際一市民の言い掛かりをつけようか。数日前の新聞芸能欄曰く。「女子十二楽坊より露出度が高い”セクシーキャット”中国出身九人組『音楽猫』が来日会見」と。又また柳の下何匹目かの泥鰌が、円を狙ってやって来た。この手のNHK好みのエセ音楽が日本のメディアに受けるから、相当文化後進国なんだろう。
著作権問題に気をつけろ!
人民元を切り上げろ!
こちとら文化戦争してるんだ!
と中国政府を見倣って横すべりしたかな?でも、人気路線の中国土産に二胡を買って帰り、成田空港の税関で、「ワシントン条約というのがあるんだ」と凄まれ、ナイフで裂かれるのが後を断たずというものだからやれやれだ。
 五年前に日中の客が一つの時間空間を共有していたのは本当だ。少なくとも大連の瑞士酒店のボウルルームでは。戦争の世紀といわれた二十世紀最後の中秋の名月を惜しみつつ、メロディを聴けば大概の日本人でも知っている中国民謡、王暁東の中国琵琶をフィーチャーした『草原情歌』の音色が蒼白い夜空に溶けて消えた。空港には日本航空の支社長他関係者が見送りに来てくれた。国内旅行に毛の生えた程の帰路だというのに、この港湾都市・大連は街といい人といい中々麗しいのだ。
 二十世紀も残すところ四日という十二月二十八日、二十歳になった娘との長年に亘る確執を解こうと、頭を下げて一晩のお付き合いを願い、喧騒の街中に誘い出した。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。