第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 戦争の世紀といわれた手負いの20世紀に別れを告げて、〈平和な地球建設の21世紀〉を迎えた2001年の年明け、正月には珍しく山梨へ出掛けた。目指すは秩父多摩国立公園の南に広がる、東山梨郡の牧丘町にある「空」という異空間コテージだった。中央高速を勝沼インターチェンジで降りて、塩山を通り抜けて暫く行く。夢窓国師が開山したという臨済宗の信玄の菩提寺恵林寺を通り過ぎると、笛吹川で140号に合流する。川面が各自に乱反射して旅の気分にさせた。途中牧丘町営の鼓川温泉でひと風呂浴びると、辺りはもう夕闇に包まれていた。暗い山道を三、四十分登った処でやっと見つけると、話通り周辺一面ぶどう畑の他、人家がどうにかポツンとあるだけで、丘の〈イーハトーブ〉の灯りは我らの到着を待っていた。
 出迎えてくれたケイ子主人が、何処の国かは忘れたがイタリアン・レストランの元シェフというデイヴィッドを紹介してくれて、早速イタリアン・ワインをテーブルに食事となった。ところが考えてみればおかしな話だ。別荘地でもない、栽培農家でもない、ぶどう畑だらけの過疎の山中で、コース料理を出すために、廃材を利用した自家製の住居と旅荘と屋根付きイベントステージの設備を整え、われ等家族四人一組だけをもてなす主人とこの家は一体どうなのか?
怪しげな推測も手伝って、
つげ義治が迷い込んだ旅先の宿を思い出して
力んだりもした。
 営業案内に曰く〈ギャラリー、カフェ・バー、コテージ(一組)、イベントスペース、但し1・2月は休業〉とあった。その日は正月の1月2日、おかしいではないか。来る方も来る方だ。その辺りを確認せねばと、食事後もケイ子主人の話を肴にお屠蘇替りのワインをクイクイ飲って、寝倉に戻ったのは何時かも憶えず翌朝を迎えたのだった。
 旅先では寝起きは早い。9時過ぎに起きると遅い朝食の支度の最中だった。朝食を待つまでと南斜面に面したベランダに腰を下ろすと、冬の日射しだというのに朝の太陽が眩しい程照りつけてきた。山梨の山中にあっても、これから雪が降っても積もることはなく太陽に溶けていくのだそうな。なる程、それでぶどう栽培に最適なのだ。まして正月に雪は中々見ないのだという。音楽が流れた。プラシド・ドミンゴが歌う『グラナダ』というスペイン幻想曲で、回教文化の枠を建築に取り入れたアンダルシア地方の古都グラナダ讃歌で、昔から訳も無く好きな曲だった。20年近く古い友人叶沢敏子が住む町だ。曲が『グラナダ』から不実な女の心変りを歌ったナポリ民謡『カタリ』に変った頃、「出来ましたよ」とケイ子主人が声を掛けた。牧丘がグラナダになったりナポリになったり、自在の時間が流れ、到着が夜で見られなかった「空」の屋内を歩き廻った。すると今はギャラリーになっている入り口に〈名ハモノヲ容レル虚空デアル、モノヲ容レル虚空とは何か・・・〉と書いてあり、諸々の物体には固定的物体はなく、縁起によって成り立つ。故に事物への執着を離れろという仏教の教えで言う〈空〉なのかと得心した。散策して午後になり、この近くに住む友人のことを思い出した。訪ねることにした。
 映画プロデューサーの霜村裕は牧丘より140号を北に上った三富村に住んでいた。土間があって縁側がある、渓流が側に流れる藁葺きの一軒家に一人住まいしていた。最後に訪ねてきたのは監督の小沼勝だと彼が言って、俺が最初に面識を持った監督だったから咆驚りすると、大家の事情で引っ越すことになったから新たな最後の客になるはずだと言って、再度咆驚りした。これ縁起だった。すると彼の住み処も〈空〉ということだった。
 日没前に一軒残していた。ケイ子主人推薦の「ほったらかし温泉」だった。甲府盆地を見下ろし茜色に映えた富士を眼前にして、頭寒足熱の座禅のような湯の陶酔感も闇の訪ずれと共に消え、富士も消え己れも見えなくなった。この鄙びた町営温泉で、一泊二日の三昧の境地を終えると、
後は無明長夜の酒を求めて、
東京の空へ向うしかなかった。
愕く
吃音




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。