第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 2001年1月5五日、前号の「空」から東京に戻ると〆切の用件が待っていた。「超幻のベツレヘムCDコレクション」のキャッチコピーで、東芝EMIが99年10月から出しているシリーズの続きを出版するので、既に何十氏が書いている各ブックレットに掲載する「私の好きなベツレヘムの五枚」というエッセイの原稿依頼だった。前年頼まれた時から困っていた。というのも、長年モダン・ジャズはくぐってきたが、
とっくにジャズ・フリークスの自称は捨てていたし、
ましてジャズ評論家でも研究家でもない。
 「ベツレヘム」は53年ニューヨークに立ち上げたが、ポップスの苛酷なしのぎ合いに負けてモダン・ジャズに目を付けた。そこからウォール街で身につけた商法で、八ヶ月足らずで40枚の10インチ盤シリーズを出して業界をアッと言わせた。当時、ブルーノートやプレスティッジなど黒人中心のハード・バップのイースト・コースト・ジャズと、パシフィックやコンテンポラリーに代表される白人中心のウェスト・コースト・ジャズに大きく分かれていたその双方を掬い上げ、更にポピュラー歌手にもジャズを歌わせていたところに「ベツレヘム」の特長はあった。こうした定見の無さは本来好みではないが、ではなぜ引き受けたかというと、長年付き合ってきたジャズ批評社が、タイアップで「ベツレヘム・ブック」を出版するのと、ベツレヘム・コレクションの中に個人的に思いも縁もあるレコードが数枚はあったからだった。
 61年、モダン・ジャズの何も判らぬ15歳の俺は、悪友に連れて行かれた広島の繁華街にあった十人足らずで満杯のバーで、熱い演奏と大音量に衝撃を受けた。それがハード・バップというジャズだった。この件は先号でも触れたが、その「パド」という店で、ビリー・ホリディと共に例外的に掛けていたヴォーカル・ジャズが、ニーナ・シモンの『禁断の果実』だった。それが元でベツレヘムのニーナの『ファースト』を知り、ジャズにゴスペルやアフロ・スピリチャルを取り混ぜ、卓越したクラシカル・ピアノで弾き語る『ムード・インディゴ』や『アイ・ラブ・ユー・ポーギー』に魅き入れられるのだった。
 次いで大学時代、テネシー・ウイリアムスの短編戯曲の「ロング・グッドバイ」を演出した際、「ジャズのヴォーカルが聞こえる」とだけあり、ジィジィと時計が鳴る汗ばむ部屋で、世間に背を向けた主人公の倦怠と焦燥、そして50年代のアメリカの裏街を表すのに、クリス・コナーの『ジス・イズ・クリス』から『サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー』を挿入した。クールで嗄れ声のクリスの歌は、即ちその場を作ってしまう歌手だ。
 「レディー・ジェーン」の閉店用レコード(日によって4時やら9時やら)は、開店以来15年ずっとマル・ウォルドロンの『レフト・アローン』だった。『キャット・ウォーク』が流れると後は無かった。客は必然的に勘定を済ませて朝の光の中に消えて行く他はなかった。セロニアス・モンクの影響のマルの左指は力強く、ジャッキー・マクリーンのアルトは鳴咽していた。後の二枚、“白いバド・パウエル”のクロード・ウイリアムソンと“夭逝の天才”ブッカー・リトルも、やはりエピソード絡みで選んで「私の好きなベツレヘムの五枚」を終えて思った。いい気なもんだった。
 〈戦後60年〉の今でも、人は〈大木=ジャズ〉で見て、長年の付き合いの人からさえ、〈ジャズを守っている人〉の如く思われている。見たり思ったりする人にとってジャズは何なの? 恐らく只の方便なのだろう。それ程ジャズが時代にもの言わなくなって何十年、俺だって背中にすきま風を感じるジャズに御免蒙りたい。ジャズはかつてパルチザンだった。旧政党名に所属したいように、ジャズに所属したいのであれば、抵抗勢力は○○新党ジャズを立ち上げる地点まで来ているように思うのだが、などと冷やかしてはいけないが、
ジャズは居酒屋やスナックでお高く止まって、
糞尿音楽に堕しているものだから、ついね。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。