第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 先月〈過夏六十の宴〉という、俺を含めて今年60歳になった奴なる奴五人を集って、還暦祝いの席に登壇させられた。言い出しっぺの女優、ライター、男優、店の主人と、誰かが誰かを知っていて、しいて言えば全員演劇に関わっていたことが共通点だった。
 昭和20年から〈敗戦六十年〉。易学に依れば、還暦とは双六のように振り出しに戻るという年齢らしい。ところが荷を解き身軽になりたいのは山々なれども、60年の荷物はそんなに簡単には降ろせないし、降ろしたくないという気持ちがそれぞれにある。還暦といっても一昔前に比べればまだまだ青い。それぞれに若い頑固さがある。20年生まれが19年生まれより21年生まれより、一番人口が底だったという歴史を自慢にも誇りにもしているところがある。その9月18日は戦後60回目の中秋の名月だった。夕方から始まった宴がお開きになって会場から表に出ると、満月が眼上にあった。「凄い月だよ」と誰かが言い、「女が見ると妊娠に障るって言うぜ」と誰かがちゃかすと、「いやだ、私まずい」と良い歳をした母になったことのない60女がふざけて反応した。
 敗戦後60年、日本の光景と社会は圧倒的に変ってしまったが、人の心は変ったようで変ってないのかも知れなかった。遂一、二時間前の宴の中で、音響スタッフが我らのためにメドレーで流してくれた多くの昭和歌謡のBGMの中から、坂本スミ子が歌う『夢であいましょう』のメロディと歌詞と往時のTV映像が再び浮かんだ。時の流れに一切変わらぬ人のあり方と、他国の戦争のお陰がきっかけとなった、
高度経済成長の時代の急変に
対応してきた日本社会や人の現象と、
不易流行の理だった。
 01年の年明けのこと。世紀の変わり目にそんな不易流行の思いもあって、99年に始めた月一回の「慈庵句会」が続いていた。席亭は「レディ・ジェーン」だから、駄句凡句でも亭主は俺、当然酒を飲りながらやる。席題は名月もあれば原爆忌もあり、一年があっという間に経てば再び季語が巡ってくる。油断できない不易の習いだ。会も進んで後半になると酒も利いてきて、酔狂な客は元ジャズマン、建築家、デザイナー、詩人、ダンサー劇団主率者と様々で、十代蔵、一草、誠海、風塵、百助、ピロコ、債鬼とそれぞれ俳号を持っていた。俺は夕方で、本名のゆたかからゴロ合わせで取ったのだが、夕方は逢魔ヶ刻、日が沈んでアポロンの民が、一日の汗を流し疲れを癒し休息に着く時、我らがディオニソスの民は、歌舞音曲、美食快飲を求めてゴソゴソと徘徊する時でもある。いわばユイスマンの「さかしま」の世界の扉=夢のエロスの入り口でもある。
 俳号を降藍とした成田忠明は知り合って二年弱だったが、フランス料理とワインの店の主だったので、互いに直ちょく顔を出していた。今でもたまに連れで行くのだが、連れで行かなくても筒井ともみや石田えりとバッタリ会ったりするのだ。宣伝を一切しないこだわりの店「エスペランス」が仕度する一級の食材と豊富なオールドヴィンテージ・ワインは群を抜いた陶酔感を持っている。
 01年1月初の句会の一週間後の深夜、「レディ・ジェーン」にやってきた彼が、「今からちょっと抜け出せませんか?」と言った。連れて行かれた先はワインバーの走り、西麻布の「ツバキ」だった。「この方の生まれは1945年でして、その年のワインがあれば是非」などと彼が言うと、「さて、捜してみましょう」と主人の椿剛が答えて出してきたのが、ボルドーはサンテミリオン、ch・ラ・ドミニク‘45だった。「待てよ」と思ったが遅かった。一週間前に初デートを要求されて、神泉の「小笹」を始め数件のバー巡りをした返礼のつもりだろうが、最初から彼が仕組んだ罠だったのだ。勿論ツバキのワインとて、あらかじめ確認済みだったことは言うまでもない。
お陰で還暦を四年後に控えた男が、
生涯の記念ワインを飲んだ一夜は、
夢ならず〈さかしまの現実〉だった。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。