第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 一昨日の10月29日付朝日新聞夕刊の一面トップに“シモキタらしさ、消えてしまう?”の大見出しが踊った。吃驚りした。小田急線の複々線地下化工事に連動して出てきた59年前の「補助54号線」の計画道路と、「駅前ロータリー広場」の、連続立体交差事業という訳の判りにくい開発で、街の表情を一変させようとする都や区の行政に対して、住民や市民グループの動きを伝える記事だった。
 この下北沢を巡る問題は、TBSテレビの「噂の東京マガジン」や「ニュース23」又月刊誌「SWITCH」では特集で取り上げられたのを始め、様々な電波や活字メディアも扱ってきたが、広まり方は決して思うところまでは行っていないのが現状だ。
 次代は翻って1980年のこと。立ち上げから応援していた劇団「Mr.スリムカンパニー」の舞台や打ち上げの席で一緒していた、旧知の故林美雄からの取材依頼の電話があった。TBSラジオの「日曜ワイド」という番組だった。八二、三年から始まった〈シモキタ・バブル〉以前の、長年の人力で作られた歪な故に人好きのする街、下北沢を取り上げるものだった。当時、店も街の人もそれぞれが主張して色を持っていた。個人的には第一回下北沢音楽祭を前年に終え、それがきっかけで共に実行委員だった石坂独と勢いづいて、マルチイベント・ホールを構想した。その「下北沢スーパーマーケット」のオープンを直後に控えつつ「レディ・ジェーン」を展開していた。枝川公一や平凡パンチ、故山際淳司などからも、店ではなくてシモキタの取材を受けていたが、林美雄の取材が何故印象深かったかというと、そんな当時の下北沢を「一緒に歩きながらすべてアドリブで行きましょう」という、彼の提案があったからだ。
 林美雄は、受験生が泣いて喜んだTBSラジオの黄金の深夜番組「金曜パック・イン・ミュージック」の反骨のDJパーソナリティで、『飛行機雲』の荒井由実(現在松任谷由実)から『八月の濡れた砂』の石川セリ、『飛びます』『望郷』の山崎ハコから『傘が無い』の井上陽水など、いち早く得手勝手にラジオ・デビューさせて自己主張していた通称ミドリブタ氏だ。99年2月、新宿厚生年金会館で行われた伊藤多喜雄コンサートに、シモキタの散歩人でドキュメンタリー・ライターの生江有二と、下北ッ子のアート・ディレクターの東盛太郎を誘って行った時、その圧倒的な熱風で大ホールを席圏した『タキオのソーラン節』の余韻を抱いて楽屋に顔を出すと、まったく久し振りで林美雄に再会したことがあった。えっ?と思ったが、そうかミドリブタは民謡の革命児も取り上げていたのだ。かって立川談志の追っかけをしていた下北沢の住人で、笑いの周辺のデベロッパー、木村万里の紹介で伊藤多喜雄も、84年の秋から下北沢駅前のロングラン・シアターで、毎水曜夜十時寄席をやっていた立川志の輔(後年俺に「客が二人なんて日もあったね」と語ったものだ。)も、ミドリブタ・ワールドに紛れ込まされたのだった。ついでに言えば十時劇場の毎火曜は、かっての所属劇団の大先輩、坂本長利の「土佐源氏」だった。そうやって、人と人の和の流れが下北沢が受け皿となって生まれ、シモキタの感受性が関係ない他人を繋げていくのだった、
ミドリブタは多少手荒くって非常に
面倒見良いことを特長としたが、
街が人を連鎖していくのは当然のことだ。
 01年4月、林美雄は「Mr.スリムカンパニー」の結成メンバーで、俺とは俳優修業時代から関わりのある中西良太と「レディ・ジェーン」にやってきた。手にショート・ピースを持っていた。翌年七月、「タバコと酒に蝕まれ、70年代の深夜放送のカリスマ逝く」とニュースは報じた。タバコと酒の部分は俺と一緒か。
 さて、ゾンビ−の如き都市計画で、シモキタを出会いの無い金とスピードの金太郎飴街に変貌させるのか、らしさを求める住民や個人商業者の意思が歯止めを掛けるのか?明後日の11月2日、北沢タウンホールのパネラーの席が待っていて、朝日新聞の記事は心強いが、
電波で叫び続けるミドリブタが居たら、
もっと援護射撃になっただろうな。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。