第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 年始の迎え方は年年でそれぞれ違ったりする。2002年の新年は、音楽界も映画界も文学界も、信じられぬことだが、「9・11前」に対して「9・11後」を切り分けてその問題の後遺症に病んでいた。或いは勇んでいた。真に崩壊したのは9・11を理由に動いたアメリカに壊滅攻撃を受けたアフガニスタンの国土と民だった。だからかどうか記憶が無いが、手帳に1月1日未明として〈世界中ひとつ分けあう冬の月〉のわが拙句が記されてあって、今年の今と通じる心境がある。続けて「生ぜしはひとりなり 死するも独りなり さすれば共に住するもひとりなり」と一遍上人の言葉の引用が記してあった。
 一遍上人は鎌倉中期の法然の流れを汲む僧で、念仏踊りを諸国の民衆に広めた人で有名だが、同じ伊予出身の近藤等則はその一遍をよく口にしていたな。この連載で以前に取り上げた柴田南雄作曲の『念仏踊り』は「乱世の夜には自然発生的に民衆の集団舞踊が始まる」という、西に向って行進した現象を合奏音楽にした曲だ。〈命をおもへば月の影 出入息にぞとどまらぬ〉と一遍の『別願和讃』が歌詞になっている。一遍の「ひとり」で連鎖的に反応すると、明治生れの自由律に刻んだ尾崎放哉の〈咳してもひとり〉という句だ。東京帝大出の才気だが、才気だった故に生命保険会社入社という人の命を金で預かる仕事に自虐し、加えて酒癖が相当悪く会社からも社会からも滑り落ちた。〈こんなよい月をひとりで見て寝る〉 放哉と常に並び称されるのが、同時代を全国遊行した同じ自由律の俳人種田山頭火だが、放哉と違って意志を持って旅立った分、辛さはあっても暗さは無い。〈月も水底に旅空がある〉のだ。〈うしろすがたのしぐれてゆくか〉とおこも姿であっても律した姿が浮かぶ。又漂泊の人として遡って名が浮かぶのが西行だ。元来鳥羽上皇に仕えた北面の武士で、今でいえば近衛兵ということか、平清盛と同僚だったと分ればその超エリート振りが推測できるだろう。〈願はくは 花の下にて春死なん その如月の望月の頃〉と死を願望して実際に如月(太陽暦三月)に死んだ死生観の達人西行は歌の達人でもあり、新古今和歌集には何と九十四首も採録されている。横道にそれるが、その西行に捧げた「レディ・ジェーン」の吟醸酒ベースのオリジナル・カクテルのひとつが風花といい、もうひとつが枯山水という。”築山と池がある庭園を山水といい、禅宗趣味と合わせて宗町に栄えたが、応仁の乱の主役細川勝元の竜安寺の石庭には一滴の水も無い“と創作当時のレシピに書いた。その竜安寺にあるつくばいには『吾唯知足(我れただ足るを知る)』という四文字が彫ってある。老子の根本思想で禅の格言でもある。足るを知る者は貧しいといえ心は富み、足るを知らぬ者は富めりといえど心は貧しい、とあら方そういう意味でしょう。
 只格言というのは、経済エリートや政治家の座右の銘になったりして、汚れていくことは先刻承知の世の常だ。刑を終えた政治家が復帰して「明鏡止水の心境です」とか言って禊を終えるが如しなのだ。但し『吾唯知足』がホリエモンやブッシュの世界観に分け入って、本気で地球上に蔓延すると、
凄い爆発力を内包したマグマが
醸成されるのではないかと、
恐ろしい位の妄想はある。
ニュース・ステーションのキャスター加藤知洋が「友人がほうれん草を一輪買ったら180円だった。しみじみ手に取りお百姓さんのことを思ったが、騒いでいる金額は何百何千億ですから…」と嘆息するが、今日は1月31日、新聞を広げると、癖になっている死亡欄から目を通す。すると下帯一面に、有名タレントを使ったキャッシュローンの広告満載、次ページも次ページも次ページも。金の亡者は至る所にはびこる。
 下北沢の街が急変するかも知れない。都から下された再開発計画を、世田谷区はこの三月の定例議会で事業認可を一気に強行しようとする気配濃厚なのだ。膨大な国庫金が引き出されようとしている。
桜の下で死ぬことを願うのが
三月だというのに。
酒を飲む金くれ!




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。