第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 ついこの間4月23日の朝刊に「タイの首都バンコク近郊で3月28日、日本人男性二人の射殺死体が見つかった事件」のタイ警察発表の記事が目に入った。理由は判らないがどうやら商取引のもつれらしい。瞬間的に連想的に数年前のあることを思い出した。アメリカのサンディエゴでカジキ鮪を中心に漁獲して、日本の市場に卸す魚介貿易をやっていた二歳年上の従兄が突然死んだのだ。偶然にも数年前からサンディエゴに赴任していた弟から、その訃報を受けたのだ。確か2002年だったはずだと手帳を引っ張り出すと、2月28日付のメモにそうあった。死んだ場所がサンディエゴではなくて、国境の南メキシコのバハカリフォルニア州のエンセナーダという町に思い当る節があって、ドキッとすると同時に謎が残った。今改めて思い出すと、サンディエゴへ彼英雄を訪ねた旅は鮮明に記憶の中にある。89年2月、故松田優作に誘われて映画「ブラックレイン」のユニヴァーサルの撮影スタジオで行われた、ハリウッド・ロケに立ち会った帰り掛けに寄ったいきさつから尚更だった。
 ハリウッド製作映画の規模と方法に驚天した二泊三日後、ロスアンジェルス空港から飛ぶと30分弱であッという間にサンディエゴだった。英雄の車で市の中心地ダウンタウンまで直行すること15分で晩食にありついた。店を出てメイン・ロードを数km北上すると、そこはオールド・タウンだった。19世紀初頭のスペイン風建物が復元されて立ち並び、その中でも目立ったホテル・バレンシアの白亜のしょう酒なたたずまいは気を引いた。メイン・バーに入るとステージでは、スライド・ギターを効かせたライ・クーダーをほう沸させるような、
ディープサウスのボーダー・ソングを演っていた。
俺はダイキリを注文して南部の異国情緒に酔った。
酔いも束の間、レストランから飲み続けの英雄が、連れて行きたい所があるという。アメリカは酔っぱらい運転でも自分の命は自分で守れば良いのだ。月明かりだけの暗い道を結構走り、着いた先はロマ岬という海岸だった。サンディエゴ湾と大平洋の間に長く突き出したこの地に、1542年初めてカリフォルニアにスペイン人が上陸したのだと言う。そして彼は暗い海を指して「このまんま日本に繋がっている。数日後大型漁船をチャーターして、カジキ漁で沖に出る」と俺に聞かせるでもなく言った。
 翌日昼間近く目覚めると、周囲は一面白に映える陽の光の町だった。霧の町サンフランシスコの憂鬱とまったく違う潮風の町に、夏と冬の気温差が些か七〜八度程の常暖の町、アメリカのリビエラといわれるリゾート地ラホイヤを持つ町、そして海軍第11艦隊の軍港都市だった。市内見物もそこそこにメキシコへ行こうとなった。サンディエゴはまさに国境の町、中心地からメキシコの国境の国ティワナまで20km余り、車で20分でメキシコに入ってしまう。そこは英雄にとって特別な地なのだ。
 真っ平の道路を塞ぐ高速道路のチケッティングのような出入口税関窓口で、極く簡単にビザを書けばメキシコだ。瞬ち車を囲む物売りの老若男女に子供もいた。唐もろこしで編んだ帽子やバックを両手に持った分だけが商品の日雇い労務者たちだ。市中に入ると国境の町サンディエゴと隔絶されたメキシコの国境の町だった。
 一番北の町ティワナから南に長く伸びる半島がある。東のカリフォルニア湾と西の大平洋に挟まれた半島一帯をバハ・カリフォルニアと言う。ダイバーの恰好のポイントで、俺の日本の友人にこの海に潜りジンベイ鮫にもマンタにも接近遭遇したという幸運児がいる。漁師にとっては命を繋ぐ海の宝庫で、英雄は何度も口にした。「バハは俺の聖なる海で生命そのものだ」と。
 02年2月28日、その日の夕刊に小さな見出しが載った。「邦人男性がメキシコで殺害される」と。「事件当日他の日本人とともに、メヒカリを訪れてエンセナーダで発見された」と、それだけだった。
自ら捧げたバハ・カリフォルニアの海で、
カジキと戯れてでもいたら本望だろうに。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。