第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 4月30日の昼、京都の室町通三条を上ったイタリアン・レストランに一人でいた。28日、東北芸術工科大学の学長に就任した教授の記念画展が、姉妹大学の京都造形芸術大学で開催され、レセプションに請われて韓国から招聘した姜泰煥が、何十mの巨大なビクトリア、イグアス、ナイアガラの三大瀑布絵に囲まれて演奏したのだが、次の神戸まで二日間空いてしまった。昨十二月に演奏でお世話になった彼を連れて、素夢子古茶家という薬膳茶点を訪ねると、室町通三条下るにある本宅の江戸時代から続く帯問屋、誉田屋源兵衛の離れを自由に使わせてもらくことになったので、ホテルをチェック・アウトしてブラブラ散歩中の二日目だった。
 五点盛りの前菜に次いで、明石蛸と京の若筍のトマトソースのパスタが出てきた。“筍は南向きに傾いているので、北側から鍬を入れて掘るべし”と遂この間誰かが書いてたのを思い出し、小学校の頃から身体で知っているよと自問自答しつつ、向いの席の若いカップルは何で俯いているのか? 路地でもテーブルでも顔を上げても言葉の持ち合わせが無いのかと訝ると、ケイタイと睨めっこだった。次いでメインの広島産の鰆が、賀茂茄子と若筍の上に乗って出てきたが、その隣の主婦連四人は、デザートもとっくに終っているのにのべつくまなく喋っていて、
ガラス越しの犬矢来や二階のすだれの
しっとりした京風情と、庭の井戸や燈籠、
蹲を色どるつつじや松が救いだった。
が、そんなことはどうでも良かった。元々「KISSA」の名に驚天して足を止められて入ったそのレストランと、同じ入口の別棟に看板の店はあった。
 「KISSA」は色とりどり形とりどりの靴を所狭しと並べていた。ブランド・キサの主高田喜佐は、66年に既に第一回個展を開いて、デザインとしての靴ブランドを立ち上げた先駆者で、85年には渋谷パルコ2にキサ・フォー・メンを出店したので、男たちも馴染み易くなっていった。京都に発つ前に届いた便りは、89年から青山に出していた「ブティックKISSA」の閉店の案内だったので、何故? と思いつつも、東京っ子の彼女が近年葉山に移住したりしていたので、大胆な人生改革に踏み切ったのかとも思った。と言うのも、お洒落れ心遊び心満載のカジュアルな靴作りを真情とした彼女の作品には、メキシコ農民のワラチ・サンダルやネイティブ・ アメリカンのインディアン・モカシン、南欧特有の麻やジュートで編まれたエスパドリ-ユやK・D・ラングのギリー・シューズ等々、土の匂いを靴底一杯に受けて太陽と風の恵みを運ぶ靴を多く愛し、「街に物が溢れていることに罪悪感を感じていた。すべてをやめて裸足になりたい……」と著書「裸足の旅は終らない」で言ったり、メキシコやアリゾナやモロッコを好んで旅する人だったからだ。ところが何たる偶然、東京が閉まって京都が開いているとは、さすがに何かあったと違和感を感じた。婉曲に店のスタッフに伺うと、2月16日に胆管ガンで亡くなったとのことだった。64歳だった。二ヶ月以上も事実を知らなかったとは愚かだった。
 かつてテレビ朝日通りにあったわが「ロマーニシェッス・カフェ」に彼女はよく来てくれた。その月刊通 信に書いてくれた94年の「阪妻のブロマイド」と題したエッセイがある。「母の遺品の中から、昔懐しい映画スターのブロマイドが出てきた。(筆者注・母は詩人の高田敏子)ケーキの空箱に入れられた何十枚というブロマイドは、私が中学から高校にかけて、何度となく母に見せられたものだった。それは大正の末から昭和に活躍した銀幕のスター達。その一枚一枚を手に取りながら、私は幸せな気分に浸っている」と。書き出しからして親子の情、人や物への慈しみ、誠実さ、無邪気さに満ちている。
 5月4日東京に戻ると、「K I S S A」から手紙が届いていた。新作の個展が思わず遺作展になってしまった案内状だった。本人は「素足が好き」と旅に立ち、残された者はその足を持て余して、
親子二代を魅了したあのブロマイドの
行方を茫然と追いかけつつ、
立尽くすばかりなのか。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。