第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 足はまだしつこく五月の京都に留まっていた。河原町三条を歩いていた。信号待ちで蛸薬師の方を眺めておやっとすると、隣のNHK京都の上野智男が「ああ、丸善は去年無くなった」と言った。明治五年開業の丸屋善吉店――京都の町にあっても古いものが無くなっていってしまう。
 1932年満31歳で無名のまま死んだ作家のことが忽ち浮んだ。京都丸善といえば梶井基次郎の小説「檸檬」だ。20年代の帝国日本は、アナボル(アナーキズムとボルシェビキ)の燗熟文化と治安維持法が同居していた時代だった。結核療養の肉体条件もあって、同時代社会から疎外された梶井青年は、内省と幻想の現実逃避を繰り返していた。”えたいの知れない不吉な塊が、私の心を始終圧へつけてゐた。“その京都脱出願望を、或る夜八百屋でみつけた檸檬に託した。暗い寺町の八百屋に冷やりと鮮やかな一個が、自らを心の暗部に降ろして興奮させる。河原町に出た青年は「丸善の棚の黄金色に輝く恐ろしい爆弾が十分後には大爆発」を起こすことを夢みる。
 小説「檸檬」は、16歳になろうとしていた時、悪友に誘われて初めて体験したモダンジャズと同時期、同格の衝撃だった。中学を出て高校生活に慣れ親しむ努力をしていた頃だ。疎開先から両親に連れられ、被爆都市広島で小・中学校を朝鮮人部落から遠く、被差別部落からも遠く、被爆者部落からも遠く育ち、己の居場所を見つけて、広島駅前の闇市や駅裏の機関区界隈を彷徨して日常化していった映画館は、自ら獲得した闇の特権空間だったが、他にもう一カ所の逃避場所があった。駅裏の方角の頂上に佛舎利塔を持つ二葉山という130、40mの山だった。眼下の小・中学校に広島駅、顔を上げると繁華街の先に原爆ドームと原爆資料館のある平和公園があって、その先の瀬戸内海までほゞ広島市が見渡せた。
夕闇に包まれ始めた山上で、
疎外感に包まれた少年は、
広島脱出作戦を妄想して日々を愉しんでいた。
――中座してぐちゃぐちゃの書棚を探してみると、「檸檬」を収録した角川文庫の「城のある町にて」が埃だらけで出てきた。「城のある町にて」の心を病んだ少年は、繰り返し城址に登って「何か」を見ようと外界を観察する。そして死の方向から生を直視した峻の眺望には、よその町が写っていた。こんな具合に危険な梶井基次郎の病いは、宙ぶらりんの若い魂にシュルリと入ってきて、想像の世界は広島より日本より大きかった。
 「Kの昇天」「冬の蝿」「交尾」「闇の絵巻」など些かの短編と〈私〉という実存を残して、短い旅を終えた彼を待っていたのは櫻花。「櫻の樹の下には屍体が埋っている! これは信じていいことなんだよ。何故って、櫻の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことぢゃないか」そう「櫻の樹の下には」若すぎた本人の屍体が埋っているのだ。そして「不吉な塊」は京都の街に置き去りにされた。
 78年2月「檸檬」にインスパイヤーされた劇作家竹内純一郎が書いた、題もそのまま「檸檬」という芝居が、彼たちの劇団斜光社によって下北沢で上演された。南口の娯楽センターの三階のダンスホールだった場所だ。80年に仲間と作ったマルチホール「スーパーマーケット」で斜光社から秘法零番館と改名して、竹内は純一郎を銃一郎に、西村克巳は木場克巳に改名して旗揚げした「あの大鴉、さえも」公演の二年前、演劇の街の象徴本多劇場が出来る約四年半も前のことだった。――かっての闘志は戦線から離脱して、仲間だった二人の女を妻と愛人にして日和見生活を続けている。そこへ地下に潜って十年の爆弾闘争を展開する元同志が、ちり紙交換ならず、檸檬(爆弾)交換屋として登場するという話だった。「不吉な塊」が、そんな形で京都から下北沢に時代を越えてやって来たのだ。三条寺町界隈の白日と見紛うネオンの下、突如灯りに映える高瀬川の水面が揺れて、人麻呂や道真、応仁や幕末の古都に生きる怨霊の気配を錯覚した。丸善や八百屋は何処かへ消えたが、
もしかしたらあの檸檬が、
今は下北沢の劇場の隅で息を潜めているのなら、
それはそれで面白いのだが。
散策を終えて、ジャズ・バー「クエスト」で浅川マキの『セントジェームス病院』を聴いた。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。