第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.02)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.2)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 今年の8月6日は故郷の広島にいた。8月6日の広島に限って言えば被爆50年の九95年以来だった。いつものように朝から灼き付くような太陽が、祈りを捧げる白い街を射っていた。――今日は8月27日原稿を書き始めると、偶然にも付けっ放しにしていたBSテレビで、さだまさしが『広島の空』という曲を歌い始めて手を止めた。広島の空に音楽の捧げものを送って『長崎の空』に繋げるという、今夏の野外コンサートの実況録画のようだった――。
 そう、いつものように空から眺めようと山に登った。比治山は市街にある70。程の小山で繁華街が見下ろせる程簡便だが、もうひとつの黄金山にも登った。市の南東に位置する220。の標高からは、瀬戸内海が眼前に見える。安芸富士と呼ばれる似島には、昭和21年に建てた似島学園という、社会福祉の児童保護や知的障害者施設は、今だにあるはずだが、復員兵、引き揚げ者が必ず上陸前に受けねばならなかった検疫所は無くなったとしても、大人たちが移ると言っていた 病患者の隔離病棟はどうなったのだろうか?目を少し落すと、似島の手前が広島港と言われる宇品港だ。瀬戸内海フェリーの広島港のずっと東に宇品外貿埠頭がある。今石油や物資の通称〈一万屯バース〉といわれる旧陸軍桟橋は、旧国鉄宇品線の軍用列車で運ばれた、日清戦争以来の日本帝国軍の圧倒的に全国一の数の兵隊が、大陸に出兵していった桟橋だ。今や桟橋も宇品線も跡形も無いが、560。という驚くべき日本一の長さを誇った宇品ホーム跡が、些かに往時を物語る。宇品の痕跡を描き続けていると言っていた、北海道の北広島市出身の画家岡部昌生を思い出した。
 夜になって水の都を取り戻した平和公園沿いの元安川の川面には、色取りどりの灯籠が揺れて海に流れていった。61年変らないことは、海に近い広島の川は夜七時半になって、引き潮が流れを作ることだった。

 勤続の 市街電車に 灯が点る   〈夕方〉
広島よりも住み続けて三倍以上の年数になる東京下北沢に戻ると、ドラッグ・ストア−と不動産屋が矢鱈に目立つ歪な光景なのだ。ドラッグ・ストア−だらけは、中味よりもお肌を守るぞ、死んでも健康は買うぞ、という消費者現象のようだが、不動産屋が多いのは、具体的に必迫した現実がそうさせているのだ。小田急線地下化とその跡地の地区計画、新たな環七幅の道路計画があって、彼たちは足元を睨って電線の雀みたいに列を作っている。今朝も朝刊の折り込み広告に、〈探しています売却不動産〉の類の不動産チラシが、何と五枚も入っていた。ストレスが溜まるこれが日常になっている。この再開発問題は本質的に騒然としなければならないのだが、この稿では置いておく。閑話休題。
 その下北沢の映画館「シネマアートン下北沢」では、丁度自分自身の立てた特集企画をやっていた。八月の三週間に戦後史の表と裏に相当する作品を選んで上映するだけだが、タイトルは〈三たび“八月の種”を植える〉とした。「シネマアートン」と改名して関わり始め、三回目の夏を迎えた特集なので「三たび」としたのであったが、高度経済成長をどっぷりと味わった後の格差社会の今日では、戦争や戦後の傷痕ももはや古のものとして、〈八月の種〉は地中深く埋もれたままに放置されているようだ。
イスラエル・レバノンの戦況などどうでも良くて、
頑迷な首相の靖国神社参拝ばかり、
マスコミも市民も目を奪われている
体たらくなので話にならない。
02年8月、野坂昭如原作、黒田征太郎絵の戦争童話集映画「忘れてはイケナイ物語オキナワ」の監督御法川修の相談を受けて、俺は当時のオーナー宮本まさ江から「シネマ下北沢」のレイトショー枠を二週間戴いた。映画が映画館で上映されることに監督は勿論喜んでくれた。だが上映時間数が40分と客を呼ぶには足りないと判断して、「戦後なんて一日も無かった」という認識の元、この際多角度的に〈戦後〉と〈現在〉を検証してみる企画を思い立ったのだった。
これが下北沢の映画館での、
初めての〈八月の種〉の種撒きだった。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。