第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 前号で、初めて下北沢の映画館「シネマ下北沢」でやった〈八月の種撒き〉のことを書いた。黒田征太郎を中心にした「忘れてはイケナイ物語り」プロジェクトが立ち上がり、野坂昭如原作「戦争童話集」の十二話のアニメ映像化が、1995年から五年間かけて数作ずつなされた。次代に生きる子供達への伝承だった。ところが十二話から抜け落ちていた沖縄にこだわった黒田征太郎は、野坂昭如の書き下ろしの元に、語り松田美由紀、音楽喜納昌吉、監督御法川修で「忘れてはイケナイ物語り・オキナワ」を撮り上げた。以上全作品は現在ビデオ・シリーズとして発売されている。上映イベントを預った俺は、2002年8月の二週間、下北沢を燃え上がらせる導火線として、上映と社会にもの申す論客やミュージシャンに参加願い、言葉と音と絵による種撒きイベントを企画した。
アメリカによって撒かれた
心にまで泌みついた西洋化菌の呪縛と、
日本によって利用され放置された沖縄の
現実認識から始めようとした。
時あたかも、9・11の復讐とばかりアメリカは、アフガニスタンに無差別絨毯爆撃を繰り返している只中、アフガンを撮り続けている写真家・長倉洋海の生々しい証言があった。大いなる社会現象として今だに未決の、オウムを記録した映画「A2」を撮った森達也監督の話があった。川本三郎の話した映画の中の昭和を、現実の方が破壊していた。筒井ともみと新井敏記は、食文化や社会性の変化の中で、いつのまにか失われた日本人の顔を嘆いた。民謡歌手伊藤多喜雄は、ポップスではない生活に密着している、言わば歌の裏面史としての戯唄、民謡、生活歌の歴史の流れを語った。野坂昭如や梁石日は、少年だった敗戦の体験を通して、揺るぎない確信の言葉で歴史のインチキを暴いて現代を射った。戦後の沖縄に生まれ育った小田エリカは、当地の独特の伝承を伝え、アイヌのトンコリ奏者オキは消えゆく民族の文化を歌った。手前味噌で言うのでは決してなく、単に映画上映だけではなくて、トーク&ライブやその他を抱合せることで、映画を越えて多角的広角的に有機結合を行うことによって、メッセージ性の強化と印象の進化を与えることが出来たと実感したのだった。多士済々を迎えた熱い二週間はまたたく内に終り、終ったことが惜しまれた。と思ったら、出版社アートンの郭充良が、記録と秋穂もとかのルポルタージュを本にしようと言ってくれた。こうして表現者たちの夏は残された。
 その表現者たちの証言とルポを上梓した本「八月の種」が出版されようとした11月に、出版記念イベントとして、しつこく再び映画上映とライブの三日間を企画した。「八月の種」から11月の祝祭へ、題して「祝祭のシンクロニシティ」。場所はやはり下北沢の「440」だった。それは〈シンクロニシティ〉という言葉をキーワードにして、自然の流れで夏の二週間を纏め上げるように、話を終結してくれた柳田邦男から頂戴した置き土産だった。それ故、字義通り〈言葉の力〉から行動へのシンクロニシティと言えた。
 そして今、いつまでもそんな下北沢であるために、都や区の無謀な下北沢再開発という名の解体行為に対して、9月23日”下北沢を愛する人集まれ“とキャンドルライトによる静かなる音楽イベントを、幅26メートルの道路予定地の只中にある世田谷教会の中庭で行った。02年の種撒きから出たひとつの芽が四年を経て、シンクロニシティの時間的あり方として現象したと思えなくもない。教会の背中合わせにある当時の「シネマ下北沢」は、今は「シネマアートン下北沢」と改名して、先述した出版社アートンの経営下にあるのも狐につままれたような話だが、同じく道路予定地に入っている。下北沢の危機を聞きつけて数週間前にやって来たヴィム・ヴェンダースを初め、多くの人たちの応援メッセージも残されていた。血の巡らない脳で考えた計画を、血の巡る脳で考える者がどうして受け入れることが出来るのか。司馬遼太郎は「この国は峠を越えた」といって死んでいったが、
下り落ちていく姿を飴を
しゃぶって見ているだけでは、
どうにも歯がゆいじゃないか。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。