第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.1)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 2002年11月、映画「忘れてはイケナイ物語り・オキナワ」から生れた本「八月の種」が出版されようとしていて、それに呼応して再び上映&ライブを企画した。下北沢の440での三日間の「祝祭のシンクロニシティ」だった。26名による14日間の対談とライブの記録が335ページの厚みになって、初日に届きまばゆかった。一日目、波のように寄せては引くYaeの歌う身体パフォーマンスも新鮮でまばゆかった。前の年に出したデビューアルバムのメンバーのヴァイオリンの太田惠資、チューバの関島岳郎、ギターの湯川実彦と共演した。二日目は下北のクイーンと言えばその人カルメン・マキだった。ハードロックの彼女も当日は、ギターの鬼怒無月とヴァイオリンの勝井祐二で結成するペル・フルと、沖縄の海に溶け込むジュゴンのような歌声を響かせた。三日目はアラゴンやクローデルの詩に曲を付けてピアノで弾き語る前衛シャンソンのアヤ・コレットと、月にまで届くか透徹した歌声が悲しみを誘う、フミノスト率いるニキノワの二セットだった。こうして新たな表現者が参加して、映画「忘れてはイケナイ物語り・オキナワ」が又違った形で客を取り込んで波動していくことになる。映画、音楽、本がシンクロナイズしていった三日間の祝祭の場だった。
 とは言っても、生きるために収穫した稔りは分配するにもあまりにも小さい。一年分もありはしない。三日間を終えた翌日、俺は広島に出掛けた。「オキナワ」に続く「ヒロシマ・ナガサキ」へと続く「忘れてはイケナイ物語」の永久転回の話もあった。広島の調査行動より、自分自身の目と耳で今ヒロシマに向っている広島人と広島の地が知りたかった。その温度を体感して自分がどのように変化するかを知りたかった。というより、<出掛けた>と言ったが、本当は<帰った>と言うべきなのだ。疎開先で原爆を免がれた広島人故に、被爆都市広島で被差別されて少年期を体験した僻みは、未だに解消されず残っているが、広島行きは大袈裟に言えば、その小児病的心身構造を叩き直す思いがあったのだと思う。
アメリカによって撒かれた
そして下北沢にオキナワを持って来た次は、
下北沢にヒロシマを持ち込むつもりだった。
02年の八月の種蒔きからも「祝祭のシンクロニシティ」からも今四年が経った。外の世界でアメリカが、沖縄、ベトナム、アフガニスタン、イラクそして次はイラン、北朝鮮と蹂躙し続ける中、そのアメリカと金で手を組んで負け犬よろしく日本は、国を騙し民を騙し<戦後>を上塗りしてきた。そして今、国の中心東京都が世田谷区に命じて、下北沢を壊すための道路計画、地区計画が強行されている。9月23日に行った、静かなるキャンドルライトによるサウンド・デモのことは前号で触れたが、その場所は、道路予定地の只中にあるマリア像を頂くカソリック教会の中庭だった。
 そして先月10月17日の行動は、ロックのライブハウス251から始まった。平日の真ッ昼間、人が集まるかは不安だった。しかし3月21日に続いて渋さ知らズの諸君が十四名で駆けつけてくれた。大阪からソウルフラワー・ユニオンの中川敬と河村博司がやって来た。それに下北っ子の志田歩と爆裂兄弟がトリを務めた。前月の静から動へ。「インターナショナル」「がんばろう」そして本家の「満月の夕」へと、午前中のリハーサルで殆んど俺は泣きそうだったが、ブラック・パワーを全開にしたマックス・ローチの名盤から盗んだイベント・タイトル「下北インシスト」が泣くと思ってやめた。音楽で意気をもらった区庁舎へのデモに、三百人の隊列が並んだ。
 敗戦の61年前、白州次郎は「我われは戦争に負けたのであって、奴隷になったのではない」と言ってGHQに乗り込んだ。マッカーサー治政権下の1946年に作られた環七幅の補助54号線という名の化物を詩下北の街と交換しようというやり方は、まるで彼の国が昔やった得意技、奴隷貿易ではないか!奴隷になったのではない国がそれをしようとしている。
下り落ちていく姿を飴を
アメリカに強制された民主主義の61年間、
一日として民主だった日は無い。
これでは<戦後>まで死ねないじゃないか。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。