第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 2003年の新年のことを書こうと思い手帳を開けると、1月1日付で〈宅を卜とせず隣を卜とする〉と走り書きがあって、書いた本人が分からず、卜とは亀の甲を焼いてその割れた形で吉凶を判断したらしく、占うとか選ぶという意味があるから、住む家を選ぶとき住む家を見るのではなく、隣がどんな所なのかを選択基準にしろ、と勝手に解釈することにした。二〇〇七年の年が明けても来る年は選べない。去年と何も変わっておらず目新しさは何もない。木枯らしの吹く上野公園では、数百人のホームレスが食糧獲保に命懸けになっている側で、〈いざなぎ〉を超えたと政府はから騒いで、格差社会に胡座をかく。棲み家とその地のことを思う時、夏澤夏樹が「植民地で生まれたり、若い時に植民地生活を体験している作家は、何か特別な資質が付与される」と書いたのを受け辻井喬が、「私が良く知っている何人かの作家は植民地育ちだった。少年の彼は住んでいる地域から疎外されていたのが分かる。(中略)〈支配者〉の家族であれその逆であれ、環境から疎外される条件こそ、作品創出の一つのバネと言える」との言葉を思い出した。
広島育ちの自分自身の疎外を思う時、
そう思いたいのだが。
 さて、「追われてきた者が辿り着く場所であり、不健全な者、現実世界に適合しない者の場所が舞台だ」という認識は太田省吾だが、一昔前ならいざ知らず、今やわが演劇の街下北沢を取ってみても、TVのドラマやバラエティで人気の出た彼彼女等が、チャラチャラ舞台に出させてもらって集客力を上げていることが、劇的内容と勘違いしている、薄い薄い焼酎サワーのような居酒屋チェーン店芝居が跋扈している今、何処にも似合わない言葉だ。映画よりもその傾向が顕著で性質が悪い。只「追われてきた者が辿り着く場所」は下北沢かも知れない。努力とチャンスで舞台に立つ音楽家になる。そしてさっさと下北沢を出ていく、或いは息を潜めて住み続ける。そんな世を忍んで一時停止が可能の街、チャンスが木の根っ子のように転がっている街、北沢川が西から東に流れ、起伏のある地形で支流が幾つか合流する流域に出来た、細い路地と路地の息遣いが、
はぐれ者を邪険にせず受け入れ、
出発の者を見送るやさしさを
育んでいる街なのだ。
 昔からそんな下北沢で芸を磨き、今だに下北沢に拘泥する二人の落語家がいる。一人は談志の一番弟子で、今や落語も出来る小説家の立川談四楼だ。83年、その談四楼の真打昇進試験を不合格にした落語協会に、談志は異論を唱えて脱会し、立川流を結成して同年立川流真打になったいきさつがある。今も続く隔月定期の下北沢の氏神さま、北沢八幡に於る談四楼独演会は二ッ目時代からだから、彼これ24年にはなるだろう。一人は事件の83年に談志門下に入門した立川志の輔だ。85年にエジンバラ国際演劇祭に招聘された元劇団の先輩坂本長利の「土佐源氏」を手伝っていた。壮行公演に先がけて下北沢駅前劇場の隣の劇場で毎週演っていたのだが、今はオフオフシアターとして改装されたが、当時は駅前劇場の効果音や大声の台詞が入ってくる粗末な造りのコヤだった。しかもそのコヤの本公演が終わった後、映画のレイトショーのような枠だった。そこで毎週曜日を変えて演っていたのが志の輔だった。そんな理由が今もって、本多劇場ひとり会を毎年続けさせているに違いない。03年1月には、サントリー・ホールの志の輔ニューイヤーに、おおたか静流をプロデュースしてくれないかと依頼があり、一席目と二席目の間に幕間狂言的に歌ったのが、志の輔好みの『密会』やフォーク・ダンスで有名な『藁の中の七面鳥』の日本版『あんまりあなたが好きだから』他だった。打上げで食べた銀鱈と水菜のちり鍋の味が蘇った。
 談志の血脈にあっても、シモキタの地縁血縁分かち難く、執拗に因縁生起に身を任せる二人の落語家の、ここ二年に聴いた同一演目に『井戸の茶碗』がある。頑固な正直者と正直者の間を右往左往する馬鹿正直者の三者三様をあぶり出す、正月ならではの新年を寿ぐ目出たい演目ではあるが、時代錯誤があまりあるかな。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。