第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 元旦三が日引きこもっていた。新聞曰く「日本国に明日はない」地では、妹をノコギリで切り刻んだり、妻をハンマーで殴り殺したり、逆に夫をバラバラにして遺棄したりと、マスコミを喜ばせる中で、教育は個から公へ移行しようとし、金まみれ公共土建政治は我が世の春を歌い、〈いざなぎ景気〉を超えたとバカが騒ぎ立てるものだから、日本橋、丸ノ内一帯百八町会の総氏神の神田明神の初詣客が凄かった。国土経営、商売繁盛の御利益を願うスーツ姿のグループが目立つ異様な光景に怖れをなして外出を控えたのかもしれない。三が日で四千社がお祓いを受けたと禰宜が答えていた。一社何十人だと合計何十万人になるだろうか?
八割近くが景気の実感がないと
アンケートに答えているが、
善男善女が拝む隙はない。
  で、四日になって谷中七福神巡りに出掛けた。深川、隅田川、浅草、柴又、山の手とあったが谷中七福神に決めた。山の手線田端駅に降りて、四十三年の東京暮らしで初めて下車した駅だと分かった。全く見知らぬ街が不思議な迷宮感を抱かせた。白龍山東覚寺は真言宗の寺で、参拝客がポツリとしか居ない静かな寺が勝手出来るので正解だった。記念色紙を千円で買い一神目の福禄寿の朱印を二百円で押してもらう。人望を授かったつもりで二神目へ巡る。色紙と共に戴いた地図を便りに西日暮里方面に十五分歩くと、笑顔と愛嬌の恵比寿を祭った臨済宗の青雲寺で、滝沢馬琴の筆塚に会った。二分先の修性院はほのぼのとして無欲の心の布袋尊が、日暮里の地“日ぐらしの里”の寺らしく、子供らと遊ぶ布袋十態のタイル画となって塀を飾って心和む。次は谷中銀座を目移りしながら通り抜けて二十分程歩くと、都内有数の古寺で、幸田露伴の「五十塔」のモデルになった跡地と広大な境内を持つ天王寺に着いた。現代を戦う男どもに人気の毘沙門天だ。皆勇気が欲しいらしい。五・六分歩いた同じ谷中にある五寺目が寿老人を祭った長安寺だ。明治画壇の狩野芳崖の墓を隣に眺め、もう少しだけ延命を授けたまえと手を合わせた。日の落ちかかった旧来の屋並が美しい寺町路地を急ぐこと十五・六分。護国院は天台宗寛永寺の子院で、大黒天画像は三代将軍徳川家光からの贈りものだという。なる程、立派な庭で楚楚とした葉牡丹の小ささが奥ゆかしい。さていよいよ最後は不忍の池に浮かぶ弁天堂だ。天海僧正が上野の山に東叡山寛永寺を創ったのが、比叡山延暦寺に習った通り、琵琶湖の竹生島に習ったのがこの芸道の神、大弁財天の島だ。
 という訳で閉館の五時直前、木版刷りの色紙に七寺七福神の御朱印が刻印された。三時間で味わえた即席達成感とでも言っておこう。辺りがすっかり暗くなれば、後は深川が実家の寺島進を呼び出して、浅草仲見世の割烹居酒屋に駆けつけるばかりだった。
 不意に言うが、年越しの山積みの課題がある。下北沢開発に関わる区長選対策と、国、都、区を被告にした行政訴訟のこと、映画のサントラ盤の制作、映画館の番組のこと、三十年近く続けている“ステップ・アクロス・ザ・ボーダー”のイベント企画は一体幾つあるのか、そして「レディ・ジェーン」の〈偉大なる日常の非日常化〉を計る、破滅的不連続戦線への試みなど、これらを何としよう。対して、一月四日浅草から西荻窪のジャズバーで朝まで痛飲。立川志の輔のパルコ落語(一席目が「七福神」だったので訳もなく感動した)の帰りに西麻布で痛飲。三宿の午前〇時開店のバーで昼の〇時まで激飲。池ノ上の馴染みのバーで毎度八時九時まで暴飲。下北市場の屋台に行けば必ず昼の一時まで激飲。
 荒れた年始を総括する。毘沙門天は酒を飲む勇気を授けてくれてもそんなのは元よりある。神田明神ではなくて大黒天に金運を願っても無理だ。大体志の輔落語じゃないけれど、七福セットで見られる七福神では迫力がない。神ならばやまと言葉のかしこし=畏し・恐し・賢しが意味する、神威を恐れる古代日本人の身も心も竦む畏怖があるはずだ。bb昨夜、神威を恐れぬ日本が〈かしこし〉を喉に詰まらせて死んだ初夢を見た。
俺の場合七福神で良かったと
冷や汗をぬぐうのだった。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。