第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 3月1日の東京新聞の筆洗氏が、昨日の世界同時株安の不安に言及していた。急成長を続ける中国、インドの市場の急落が原因らしい。殊にGDPが世界四位の中国の歪んだ経済成長は、日本より何十倍もの金満家を作り上げると同時に、格差社会の底辺を深く広くしている。その中国から春節で帰国していた大連、北京のイタリアン・レストラン「ル・カフェ・イゴッソウ」の総経理藤崎森久と、28日の朝までワインをグビグビ飲みながら話し合った。中国では今凄い刺身、鮨ブームで、本鮪などは中国が買い占めるお陰で偉く高騰している。その兆は北京で鮨屋の出店構想した数年前から判っていたことだ。
構想止まりのつもり料理じゃ
落語のネタ止まりか。
   2002年11月末、晩秋の微かな夕陽も落ちる時刻、肩を丸めて北京の廃屋に立っていた。大連店が六周年を終え、北京にも来ないかという声援を受けての下見だった。苛酷な場所だった。国貿という巨大な貿易センタービルの近くではあったが住所が無い。そこは〈東三環南路五百メートル南下〉住所を勝手に作った。外壁を残すアバラ屋の二階の屋根の上にも部屋を造り、流石中国、サーカスのような工程で総規模六十坪の店舗が出来上がった。オープンは釈迦牟尼の誕生に因んで翌年の4月10日にした。頼りは先にオープンしていた北京で音に聞こえていた、ファンキー末吉繁りのジャズ屋の支店「飯屋橋場」の同じ棟の隣だったことだ。大連店の店長森谷義則も一ヶ月前から北京に出張して開店準備に根詰めた。ところが衆生に対して釈迦がくれたご利益は、開店二週間後のインフルエンザ、サーズ禍だった。で、五月には危険防止のため閉店した。六月に再開したが、主な客は皆それぞれの国に帰ってしまう七月初旬からのサマー・バカンスを控えて、一向に意気は上がらない。八月に入ると、歴史教科書問題と尖閣諸島で険悪だった日中外交に、火に油を注ぐ靖国参拝を小泉首相がやらかしてしまったから、もうお手上げ状態だった。放火、叩き壊しのジャパン・バッシングが沈静したのは秋だった。首の真綿に水が浸み入るような六ヶ月以上の開店休業状態を思い出した隣の藤崎森久が、西麻布のワイン・バー「エスペランス」のカウンターで、「あの時は真剣に店を閉めようと思いましたよ」と、グラスの握りを強くしてヴォーヌ・ロマネを又一杯グッとあおった。
 その後、さすがに起死回生に向い始めていた2005年9月、小野豊彦は初めて北京国貿店を一人訪ねた。彼は今を去ること32年前から、当時「下北沢レディ・ジェーン」で働いていた大学のジャズ研の先輩に脅されて、腰を引きながら通い始めた長年の客で、中国店の出資者だった。ところが帰国するや否や病に倒れてしまった。肺癌だった。ジャズと酒と落語と、「レディ・ジェーン」を席亭にした慈苑句会の捌きもやっていた。仕事は大型コンピューターのオペレーターだったが、背広の袖口が綻びていて平気だった。彼も他業種の人の先達ボリス・ヴィアンになりたかったに違いない。清水靖晃が吹く哀感のサックス『北京の秋』が季節を切り取って響いた。リンパ腺が肺から転位した足を引き摺って歩いた北京の秋は、思いが叶って良かったじゃないか。翌年正月明けに逝った。
 ボリス・ヴィアンを気取りたかった男がもう一人いた。雑誌「アエラ」で、立ち上げ程なく十数年間はアート・ディレクターだった東盛太郎も、「レディ・ジェーン」の33年前のオープン時からの客だった。店のロゴやデザインは総て彼の手にまかせた。一昔前はしつこくニューヨークやパリに行っていたが、後年は東欧や一緒に「イゴッソウ」巡りをやった中国に魅力を感じていたようだ。その時も中国だった。トンパ文字で有名な少数民族ナシ族の里、雲南省の麗江は何千メートルの高山都市だ。それが影響したかどうか定かではないが、去年の秋帰国して二日目にくも膜下出血で倒れた。急激なストレスは肺に水を貯めて、瘤の手術を施せず9月14日に亡くなった。最後に残したものは、無頼を中心に訪ねた「北沢川文学の小路」という下北沢の文芸冊子の企画・編集だった。こと皆下北沢から始まった流れが、
地下水脈を経て中国まで往来していると思えば
精霊も安らぐことであろう。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。