第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 この3月末から、又新たなレコーディングが始まり、そのプロデュースをやっている。清水靖晃や村上秀一、吉田美奈子や谷川賢作などから高く評価されているHISASHIというボーカリストだ。“ワン&オンリーなボーカルスタイルと四オクターブの音域を駆使した独自の歌唱”を謳い文句にしている。期待を大きくして楽しんでいる。
 2003年3月初めてレコーディング・プロデューサーなるものを引き受けた。その前年の或る日、音楽番組を制作している長年の知己で現音舎の横田義彰から電話が掛ってきた。「代官山にライブハウスを造ったんだけど、ブッキングする力が足りない弱い。助けて欲しいんだけど一度下見に足を運んでくれないか」というような用件だった。下北沢では「レディ・ジェーン」のすぐ近所に出来た「440(フォー・フォーティ)」からも同様な協力を頼まれていた。俺は体のいい便利屋かとも思ったが、代官山に出掛けて下見をして打合せをして下北沢へ、彼を「440」に連れて行った。藤井裕、正木五郎+近藤房之助だった。それがことの始まりだった。
 そこで「代官山クラシックス」で佐山雅弘&王暁東の佐山的爵士倶楽部、長谷川きよし&おおたか静流&梅津和時の歌謡サミット、劇団ポルトの芝居+ダンスなどをプロデュースしたが、「MASARA」を仕込んだ時、先の横田義彰が、「大木さん、このバンド、うちのジパング・レーベルで出したいがCDプロデューサーをやってくれないか」と言って来たのだ。「MASARA」は何回も「レディ・ジェーン」でやっている位好きなバンドで、フラメンコ・ギターの高木潤一、ヴァイオリンの太田惠資、タブラの吉見征樹による、その日の俺の書いたフライヤー用のキャプションに依れば、〈怪しげな中近東風に、気取ったスパニッシュ風、胡散臭いインド風が混ざって、香辛料ガラムマサラもものかわ それは不思議な発香体〉という位捨て置けない存在だった。しかも、結成して当時で十年経っているのに誰からもCD一枚出そうという話が無かった程、世の中とズレているので、「どうにかなるだろう」とバンドに合わせた、クレイジーキャッツ乗りで二つ返事で引き受けたのだった。〈蛇の道は蛇〉といい、曲作りや演奏はハイレベルで客を連れて行く所まで連れて行き、持ち上げておいて落とし穴を用意しておいて持ち下げる、
“お前らは落語家か”
ってなとこがあるので、
その視点はブレなかった。
 「MASARA」はゆく、今更ゆく、どんな広大な野外コロシアムだろうが、例え滝田ゆうが〈通り抜けられません〉と書いた玉の井界隈の路地だろうが、『トルコ風ブルーロンド』で行く、玉の井やトルコ風は特に「MASARA」の真骨頂だ究境頂だ。C調ではなく脱調、悲劇よりも何倍も難度の高い現代のコメディア・デラルテかプルチネラ。
 さて、CDのコンセプトを“サ・バ・ク”にした。レコーディングはたった二日で終えて、パッケージ・デザインに入る。砂漠を往くキャラバン・サライを現出して写真に収めるために、まず沖縄の石垣島から砂を運んだ。石垣島の砂が白いのは知っていたので、「レディ・ジェーン」の元スタッフだった「ジャランアート」の藤本恵美に電話を入れると、発泡スチロールの大型アイスボックスが三箱、目一杯運ばれてきた。「天候が悪くて渇かなかった」海水を吸った砂は重くて、一人ではとても動かせるものではなかった。砂は只だった(石垣島さん、ごめん)が運搬代に二万円弱掛かった砂を、俺は隣の家の敷地も借りて天日に干した。勿論時間が来たらスコップで引っくり返すし、小雨がパラついたと思ったら、慌てて下敷きのビニールシートをまるめた。4月上旬の気候はままならず、奇怪な行動は近隣の不審を招いた。
 4月8日の撮影日、その貴重な白砂が「代官山クラシックス」のテーブルの上を広く深く埋めた。デザイナーの山田真介と写真家の南信司は苦心しつつ面白がっていた。カラーシャツに蝶タイ礼服の三人は、ドライヤーで風紋を付けた砂漠のテーブルに座り、西麻布のワイン・バー「エスペランス」から拝借した、ランブイエの狩りの絵皿に乗ったオアシスで釣った鯖を、
今まさに捌こうとしている図は
大真面目そのものだった。
カシャッ。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。