第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 前々号でバンド「MASAЯA」のファースト・レコーディングを二日で終えて、ジャケットの写真撮影のことを書いたが、その後先の顛末に触れようと思う。
 2003年4月パッケージ制作に入っていたが、ライナーノートは立川志の輔に頼んでいた。意表を突いた選択だろうが、アルバムが出来ると普通やるのに決まっているのが新譜発売記念コンサートで、ゲストに宇崎竜童を選んだのも意表を突いた人選だと言えるかも知れない。プロデューサーの俺もミュージシャンのそれぞれも、両人とは何回と共演した間柄だったので、自然の流れでそうしたのだが、確信を突いた人選だと思った。遡る三月九日、青山スパイラルビルの地下のレストランCAYにレコ発ライブの会場の下見に行った。夕方から担当マネージャーと諸条件の打合せを終えると、封切を直後に控えた安藤尋監督の映画『blue』の音楽を担当した大友良英とそのグループが、映画音楽をライブ演奏するという催物の夜だった。プロデューサーの佐々木史朗が来ていて久し振りに挨拶をした。青山真治監督もやって来た。ステージは次第に佳境に入りつつあったが、同夜の「レディ・ジェーン」の出演者は「MASAЯA」の高木潤一と太田恵資だった。そうそう遅刻は出来なかったので中座した。
それなり長生きしていると、
こうした気味悪さというか気持ち良さというか、
符張合わせは常日頃あったりするから世の中は面白い。
 しかるべき音楽と演奏現場の関係は大事だ。オリエンタル・コロニアル風なエッセンスで内装されて、確か八十年代後半にオープンしたレストランCAYは、東南アジアやアラブを初めとしたエスニック音楽のライブハウスとしてスタートしたはずだ。90年になると、ピーター・ガブリエルの提唱したワールド・ミュージックが、コム・デ・ギャルソンやワイズを身に付けた東京のポスト・モダーンを気取る男や女達に、世界の先進国と言われる国の音楽よりも、アフリカや南米を含めた第三世界と言われる国々の音楽に憧れを抱かせた。その中軸で展開していたのが、CAYだったと思うが、辻褄を合わせるようにその当時のジャズもロックも死んでいた。とは言え双方ともゾンビのように何度も生き返る訳で、その間をいつも職業にしてしまった<のようなもの>が、つなぎの役目を営業しているので一見死んではいなかったのだ。
 俺がかつて(今もかも知れない)親しんできた日本のジャズは、他分野を疎外することに依って疎外されてきた。正しくはジャズそのものに疎外されることに依って他分野を疎外してきた。そんな状況下に設定されていたジャズのオフ・リミッツ=立ち入り禁止区域の内側を、通行可能なパスポートを俺は持っていて、内側に入ればいつでも保護されていたという錯覚に似た憶えがある。ジャンルの門の中に音を入れると闇になる。私的所有の弊害のことを漢字一文字は言っているのではないだろうか!? ついでに言うと、その頚木の危うさを感覚的に察していたが故に、75年にオープンしたジャズ・バーの屋号を、敢えてローリング・ストーンズの初期のバラードのチューン・タイトルであり、チャタレー夫人の自由への飛翔の隠喩である「レディ・ジェーン」にしたのだと思いたいのだが。
 とまれ、レストランCAYに5月23日はやってきた。リーダーでフラメンコ・ギタリストの高木潤一、アラビック・ヴォイスやホーメィを唸るヴァイオリンの太田恵資、インドの喋る太鼓タブラの吉見征樹のそれだけで奇怪な三人とゲストの宇崎竜童を加えた四人は、充分に無国籍を白日に晒しても、その音色においてその行間において日本人同一性しているのだった。言葉にすれば<ガラムマサラの各種スパイスを混合した脱領域音楽であり、マサラを食するとたちまちストレスは喝破され、医者いらずの音食同源となる。>かくして「MASAЯA」の十年目にして初のCD『MASAЯA SCOPE』は生まれ、土空火水をふざける程に自由に駆け行くのだった。勿論、レコード店のどのジャンルの棚にも仕舞い切れずに浮遊し続けるということでもあったが、立川志の輔の帯の文句に言わせれば、
<行くべきところ、帰るべきところ。
見えてきますよ、きっと。>となる。
うむ、深い!




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。