第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 先の五月の連休後、“大人食堂・カルチェラタン”と称して、筒井ともみが著した小説やエッセイ集の中の食い物を実際に食すパーティに呼ばれた。プロのシェフたちと本人が作る次から次へと出てくる料理を、選ばれたシャンパンやワインと共に味わう、これぞスローライフというべき五時間の豊穣の時間がゆったりと流れて、皆は二次会の場所へと移動したが、パーティ会場のレストランテ・アモーレの沢口オーナー・シェフと話し込んでいて居残ってしまった。というのも珍しいグラッパやラムを矢継ぎ早にご馳走になっていたからなのだが。その時シェフが「今晩これから大々的に消毒をやる予定だ」と言った。そこは元防衛庁と元東大生産技術研究所に挟まれた外苑東通りから龍土町の方へ入った位置にある。えッ?! 地中地上の虫や小動物に襲われる大開発の周辺被害はそうした具体性もあるんだと驚いた俺は、「ミッドタウンと美術館に金を出してもらおう」と言った。すると隣にやはり居残っていた当夜の出張ソムリエの成田忠明が「うちは六本木ヒルズが出来た時にひどい目にあった」と言って、98年になくした店「ロマーニッシェス・カフェ」のことを思った。そのカフェはテレビ朝日通りに面していて、今の六本木ヒルズのけやき坂通りの入口にあった。
 03年春、FM東京の知人から電話があって六本木今昔を話してくれという話だった。体験は64年上京して以後だが、ろくすっぽ知らないしそんな好きな街でもなかった。だが店をやっていた13年間は、音楽とバーの先端を見つめて六本木界隈の路地は歩き廻っていたので、取材を受けることにした。勿論、FM東京側は六本木ヒルズが出来たのでその印象を中軸とした今昔だったから、「俺六本木ヒルズのこと悪く言いまくって放送にならないかも知れないよ」と前置きすると、「それでいいです」と来た。4月29日昼下り、交差点のアマンド前で待ち合わせて外苑東通りを南へ。既に荒れたロアビルを通り過ぎてハンバーガー・イン前を右折、路地から六本木ヒルズに近づいて行くという歩きながらのライブ取材にした。店を閉めて苦い5年間、一度も足を踏み入れなかった昔馴染んだ路地を歩いた。放送日は翌5月1日だった。
 音楽と話を構成したバラエティ番組「LOVE & NEWS」は、“今東京で一番行きたい街・六本木ヒルズ”特集だった。お洒落に意匠した音楽と街の雑音のSEにかぶせたソフトな口調のナレーションを受けて、まず六本木ヒルズ運営本部広報氏が喋る。「文化都心を目指した街づくりは、オフィス、住宅初めホテル、210の商業施設、9スクリーンを持つシネマコンプレックス。緑と自然があって思い思い楽しんで歩ける街で自分のライフスタイルを見つけだして戴く、そのサポートを私たちは考えている」が概要だった。
ドラマ「寺内貫太郎一家」なら
何回卓袱台が引っ繰り返ったか判らない。
 空疎な言葉の羅列の中味。今なら皆が知るように金融やIT会社だらけのオフィスに、金で路地の個別商店を放逐した後、高額で選ばれた世界のブランド・ショップやレストラン群。追い出されて連れ戻され3・40階に住んで縦移動の日常生活を強いられている老齢の元住人たちは、何処に入って飯を食うのだろうか? 映画は独占されっ放し、木を植えたってガーデンを造ったって、路地の家々と垣根を壊し、台所から聞こえる包丁の音を消し、夕餉の匂いを消して、日々の生活の中で養成された感受性を排除して他人の感情に文化発信出来るのか? 新しい道路がライフスタイルを見つけてくれるのか? 人の匂いの替りに新建材や塗料の匂いが充満する街で、FM東京は「東京シティって感じ! 大人っぽい!きれい!」などの愚声を拾っていたが、
都市にはぐれ情報に迷い込んだ羊たちの、
巨大なくじらの大口に吸い込まれる
小魚たちの街で思った。
 音楽でも、始めるのは簡単だが演奏をどう終えるかは難しい。戦争も始めるのは簡単だが終えるのは難しい。六本木ヒルズだって開発するのは簡単だが、“文化”を作り出して終えるのは更に難しいのだ。はっぴいえんどの『風をあつめて』が俺の喋りと交互にルフランして、FM東京氏が言った。「面白かった。もう一度お願いします」と。――いいけど、今は下北沢なんだよね。




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。