第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 下北沢から三軒茶屋に向って茶沢通りを七、八分歩いたところに、昔より下北沢が輩出したあまたの益荒男や手弱女が通ったという代沢小学校がある。戦前に坂口安吾が代用教員をやっていた歴史ある小学校だが、少子化の波を受けて廃校に追い込まれようとしている噂を耳にするのも下北沢今昔だ。次いでに言えば、手前の玉川上水の分流の北沢川遊歩道を、環七方面に右折して暫く行くと高圧鉄塔があって、その足元近くに萩原朔太郎が住んでいた家があり、そこで著した『猫町』は朔太郎が名付けた下北沢の異名だ。娘の葉子はこの家で、今で言うDVの世界を『蕁麻の家』で赤裸に表した。近所に菊田一夫が居た。北沢川を淡島方面に踵を返すと、桑原武夫を振った宇野千代が東郷青児と派手に暮らし始めて『色ざんげ』を書いた。――とそんな話をしたかった訳ではない。古きを温ねて磁場のことを言いたかったのだ。成瀬己喜男が居て佐野周二や久我美子が居た、文芸、映画、歌舞音曲の磁場のことだ。話を茶沢通りに戻す。
 代沢小学校前に「ラ・カメラ」という写真ギャラリーがある。そこで写真家の天才アラーキーこと荒木経惟が、毎月1日から10日迄写真展『POLANOGRAPHY』を開いている。つまり新作ポラロイド写真を展示し続けて現在に至るのだが、七月に行ったばかりのヴェトナム紀行を撮った、先月8月の『ホーチミン・フラワー』がVol.60となっていたから、ざっと計算すると、2002年の4月から始まったことになる。毎月初日の一日には、身近な客や関係者、海外からの多くの訪問客を巻き込んでアラーキー参上、祝って騒ぐのである。月に一回を何でもいいから何年も続けるが良い。どれ程知力体力持続力を要するか分ろうってものだ。その打上げの現場が03年の年明けからずっとわが「レディ・ジェーン」なのだ。四年半の間に何人のスタッフの入れ替わりがあったことか。何回となく一日が店のライブの日に重なったりしたのだが、すると敵は二日に変更したり打上げを中止したりしていたのだ。他所に多くの店があるというのに何と往生際が悪いのだろうか、いやいや何を申すか、
こんなお客は今後矜持を正して
日にちを正してお迎えすべきではないか。
 71年9月、日比谷野音で演劇集団変身の解散公演を無謀にも三日間もやった。作品は仏植民地アラブの煉獄を描いたJ・ジュネの『屏風』で、開幕と幕間は山下洋輔トリオの演奏ありの四時間半という、これ程阿呆な公演のポスター写真が未だ電通時代のアラーキーだったという縁がある。かつて下北沢文化戦線に加わってきた伊藤俊治は、アラーキーの『天使祭』を監修した。近くのホテル六本木帰りには、アルコール補給をしにわが「ロマーニッシェス・カフェ」に頻繁に寄って呉れていたという由縁がある。――ここは伏して強引に頼むしか無かった。
 馬車馬の馬力で準備を重ね、へたばる隙も無く怒濤の流れの中で、8月13日から15日迄の三日間、下北沢開発問題を取り上げた『シモキタ・ヴォイス』を終えた。〈急浮上した道路計画、下北沢と文化のゆたかさを本気で語るときが来た〉とキャッチ・コピーに言う如く、多角度から捉えた六回のシンポジウムと三つのステージ・イベントだった。具体的に数字を上げれば、シンポで800名、ライブで500名、プラス五50名のボランティア・スタッフ。周囲の皆は大成功と言うが果たしてそうなのか、少し時間を置こう。催し物の中でひとつだけ準備したものがあった。それは写真家アラーキーの写真展をやったことだった。
 6月某日と7月雨の日、ライカを首から下げた荒木経惟は、下北沢とその周辺を歩きに歩いて撮りまくった路地、屋並、商店、そこに生きる人の顔、そこに遊ぶ人の顔、写真家自らが中から選んだ作品130点が引き延ばされて、会場の「ザ・スズナリ」の壁を飾った。題して〈荒木経惟・撮り下ろし写真展『ライカで下北沢――路地の顔』〉は、劇場にあらかじめ喜怒哀楽を持ち込んで、文化と文化がハイ・ブリッドする異空間を現出させた。壁に貼られた写真という物理的な物はそんなものを言う物だった。呼応した大友良英の『ロンリー・ウーマン』は異常に怒り異常に哀しんだ。
時代の先を体験した俺、そして君たち、
そろそろトリガーに指を掛ける時が追って来たよ。

 

 

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。