第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 前号で触れた映画館「シネマ下北沢」の引き継ぎの話が、尻切れトンボで終っていたので続きを書くことにする。
 当時の館主の宮本まさ江から提示された、映画館を受けるか退くかの進退期限を過ぎていた2003年10月25日、出版社アートンの社長郭充良に電話を入れると、夕方の小一時間なら空けられるとのことだった。このエッセイがアサヒグラフの週刊連載で始まった一号から、ずっと絵と共同作業をしている黒田征太郎に九八・九年に紹介された。それ以来仲良くさせてもらっている人だった。それまで名乗りを上げてくれた館主候補も含めて、コーディネート・プロデューサーに過ぎない俺は何人も断っていた事情もあって、最後の白羽の矢の人だった。勝手に決めた支配人候補の岩本光弘に何の期待もされなくて、新宿のバー、ニュートップスに出掛けた。
 七時から四十分程だったが、何人かと交渉してきた今までの経緯、下北沢の街のあり方、具体的に必要な金額、どんな人に経営者になって欲しいか当方の要望、そして時間が無いと、極めて乱暴な話を映画館の要件一辺倒に絞って話した。で、「もう時間のようですから」と言うと、郭充良は「分りました。前向きに検討します」と言って一言付け加えた。「前向きと言いましたが、世の人や政治家が使う言葉に取らないで欲しいです」と店を出ていった。俺はすぐさまトップスから出て宮本まさ江に電話を入れた。その日は土曜日だった。
 翌26日は、青山のレストランCAYでコンサートを抱えていた。「FUTON LOGIC」というそのバンドは、おおたか静流の歌を主軸にして、デヴィッド・ボウイがプロデュースした元「モット・ザ・フープル」のキーボード奏者だったモーガン・フィッシャーと、アヴァンギャルド箏奏者で名を馳す竹澤悦子の3人のミュージシャン、写真家であり映像作家で活躍するブルース・オズボーンと、奇妙なグラフィックアートの千葉耕造の二人のビジュアル・アーティストの計五人のバンドだった。テクノロジィと手を組んで邦楽からクラシックまで巻き込み、ダンス系リミックスから即興へと向うのだ。要するに五人がひとつの蒲団にくるまったというか、実験に満ち満ちたハイブリッド・パフォーマンスなのだ。おめおめ手など抜けたものではなかった。そんなCAYでのコンサートをやや早い夜に終えると「レディ・ジェーン」のライブの後半に駆けつけるというあわただしさで、最後の決め手は関西から来た共演者のおちあいさとこと島田篤なれば、朝まで打ち上げのお付き合いをするのだった。
 翌27日は月曜日。夕刻郭充良から電話が入って「土曜日に貰った話だが受けようと思う」との返事だった。土曜日のトップスの別れ際の「前向きに検討……」発言は、俺に確信めいた思いを巡らせてはいたが、不安を抱えながら仕事に向っていた日曜日だった訳だから、
中一日という早速の受諾の返答は、
期待を裏切る程の喜びだった。
その夜、「レディ・ジェーン」に社員を数人連れて郭充良はやって来た。俺は岩本光弘と彼らを迎えて、下北沢とその地にある映画館に執着する思いと展望を語ったが、梁石日大兄が輪に入ってきた頃には酒宴に転じていた。こうやってすったもんだで過ぎた長かった三ヶ月半は、三日間でことの決着を見た。
 昨夜の「いっしょにやりましょうよ」と言った郭充良の余りに軽い言葉に刺激を受けた岩本光弘は、打ち拉がれた気持ちどころか人格さえも変わる程に、その発言や行動が一目瞭然と溌刺とした。宮本まさ江への報告会議、彼女とアートン諸氏の引き合せ、家主の本多企画との契約への段取り等の事務手続も円滑に進み、評論家の大久保賢一を呼んで、確固とした地盤ソフトを作るために運営委員会の組織作りをスタートさせた。偶然引き渡しの切れ目の映画が『赤目四十八瀧心中未遂』(監督荒戸源治郎)になったのも感慨深いが、その上映中の12月24日、”シネマ下北沢さよならライブ“が原田芳雄を中心に劇場で行なわれた。
 俺は12月に入って、韓国から招聘した姜泰煥の全国10日間ツアーと佳村萠の新譜『うさぎのくらし』のレコーディングの真っ最中だったが、アルバム・タイトル曲より、年明け早々映画館と生まれて初めて関わる心境からすれば、
収録曲の一曲“戦場に咲いてしまった”
「不死身の花」へ共感するのだった。

 

 

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。