第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 揺さぶられている街、と言っても木枯らしにではなく再開発に揺さぶられている街下北沢で新年を迎えた。と書いたが、本当は年末の広島のホテルでこれを書いている。机に向かうとホテルマンが新聞を持って来て邪魔をした。「全面一律救済!」が議員立法で決まったと大見出しで報道していた。選挙を控えて支持率低下におびえた福田政権が思いついた人気回復策は見え見えでも、薬害被害者の原告団にとっては願ってもみなかった年越しの朗報だろう。広島人の俺はすぐ、「じゃ、原爆症認定訴訟はどうなっとるんなら?!」と連鎖反応を起こした。病気の原因が原爆放射線かどうかの確率「原因確率」を、投下国アメリカの核実験データのシュミレーションに求めて、厚労省の原爆医療分科会が認定か却下を決定するもの。現存被爆者25万人の内、認定者は2242で1%にも満たない。遠距離被爆者、入市被爆者(投下後被爆地に入った人)、「黒い雨」の被爆者などは除外されている。
 このホテルの窓から丁度比治山が見える。又また書くが、八十米程の山頂にはABCC(米原爆障害調査委員会)という米国防省の出先き機関がかってあった。そのABCCの大型車が小学校の校庭に突如侵入してきて、生徒数人を拉致して引き揚げる光景に何度会ったか、一切の治療は施さずデータ作りの実験資料として連行されて行くのだった。昭和50年財団法人・放射線影響研究所に再編されたが、米日合同研究所として再編されたに過ぎない。そのデータが政府の〈命の線引き〉に使われているのだ。薬害肝炎と原爆症とを票と策で使い分ける不思議な感覚の連中が政事を仕切っているのだ。そんな原爆都市広島で、ヒロシマに向かい続ける九十五歳の巨人新藤兼人監督が、つい二ヶ月前に撮った映画「石内尋常高等小学校・花は散れども」のことが脳裡を掠めた。広島・長崎・ビキニ・イラクと続く被爆の歴史は何ひとつ解決されず63年目を迎える。そして、ほぼそれに匹敵する米軍統治下の敗戦一年の1946年に立てた都市計画が、62年後の今の下北沢を分断しようとする環七幅の新設道路「補助54号線」なのだからあきれる。男にはセックス、女にはミシン、そしてチョコレートとジャズを与えて、アメリカの日本占領政策は易々と終ったあの頃のことだ。
わが街東京の下北沢も今だもって
その呪縛から逃れることが
出来ないでいる。
 四年前の04年の1月、アメリカが日本の占領政策を踏襲しようとして失敗したイラクに、陸上自衛隊がでっち上げの特措法を持って入った数日後、世田谷区が、その道路と区画街路10号線(駅前ロータリー)、駅周辺地区計画(再開発)の骨子案の説明会を行った。俺が下北沢問題と直に向き合った最初の出来事だった。唯一数年前に知っていたのは、圧倒的多数派だった高架化を急遽逆転した小田急地下化のこと位だった。この鉄道が絡み合っているから話がややこしい。これを機に、地下化の発表を隠した数年間に区と小田急の談合密約が行われたことや、それは今国会で利権がらみで騒いでいる尨大な道路特定財源を引っ張り出すことだったとかを知ることとなった。この鉄道と道路の同時建設を意味する「連続立体交差事業」は、そう言えば蒲田でも西荻窪でも日本全国で多発中なのに気づく。そこで認可されて動かせる何百何千億のガゾリン税、自動車税の特定財源は、私鉄の工事費さえ賄ってしまう仕組みになっているもんだから、各界の銭の妖怪が徘徊しない訳がないというのが一般的な市民感情だ。
 国交省、東京都、事業者たる世田谷区の三位一体は、法的には先述の計画をいつでも強行出来る体制を整えている。劇場が、映画館が、バーが、焼き鳥屋が、本屋が、市場が、何百という店や住宅が消える。そんな奇異な幻想と現実が襲う新年にどんな初夢を見ろと言うのか。後は代々木上原駅西側から梅ヶ丘駅東側の地下化された二キロ×三十メートルの広大な跡地の使用を巡って、ここまですさまじく事を強行してきた行政と或いは小田急とお話し合い路線に構造改革して、少しでも文化という施設を勝ち獲ることなのか。――広島で林英哲の五体を直撃したバチの響きに、年を越す気をもらったのだが、
〈文化運動〉が政治運動に
横すべりなるなら、
俺はお手上げだ。
 

 

 

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。