第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 2008年の年が明けて、小田急線の地下化複々線化と再開発という神経を滅入らせる空気が支配する下北沢の街で、ジャズ・バー「レディ・ジェーン」が34年目を迎えた。バーであるから酒のメニューには質量ともそれなりに気を遣っているつもりだが、ジャズが頭に付くバーならジャズを流してれば良いというものではなく、レコードの保存枚数や質や傾向に癖を持っておかなければ偉そうなことは言えない。と言いつつ、ジャズはLPにこだわるが頼りないのであらゆるものを掛けている。世の中でタンゴやシャンソン、カリプソやフランメンコ、ロックや昭和歌謡と言われるものまで掛けている。もちろんそれは偏見で厳選されて
店内では極私的〈ジャズ〉と命名されて
流れているものを言う。
 ところで、5・60年代に大流行したのがロカビリーの生演奏を聞かせるアシベやテネシーといった、銀座や新宿の「ジャズ喫茶」だった。アメリカから移入したポップスすべてがジャズと言われて、全くジャズではなかった。それに対して、バップ・ジャズからフリージャズまでのレコード盤を大音響で聴かせていたのが「モダン・ジャズ喫茶」だった。数年前に寄稿して戴いた村松友視がそのことに触れていたのを思い出したが、その「モダン・ジャズ喫茶」の特徴は、店内奥のパラゴンとか偉そうなスピーカーに向って一方向に椅子が並べられ、粗末なテーブルの上にコーヒーかミルクかコーラか五・六種に限定されたメニュー品が捨て置かれたまま、神さま仏さまジャズ・ジャイアンツ様とLPレコードに聴き入っていた構図だった。60年代当時の俺は「モダン・ジャズ喫茶」の若者によくなっていた。
 04年、1月11日「アクション一一一・戦争を回避せよ。イラク派兵は認めない」という、上原公子国立市長や山口二郎北大教授、佐高信たちを中軸にした行動に音楽で関わり、日比谷公会堂を満場にした直後、下高井戸にあったレコード店オスカーが閉店した。このオスカーという店は「レディ・ジェーン」に無くてはならない店だった。
 75年1月にオープンした当時、金が無くて私蔵レコードを店に持ち込むしかなかったから、ジャズ・レコード50枚にロック、シャンソン、日本歌謡合わせて計百枚だった。「モダン・ジャズ喫茶」の音源は毎日同じ繰り返し掛けるはめになるので、チャック・ペリーやリトル・リチャードやジーン・ビンセントの「ジャズ喫茶」か、小林旭や西田佐知子の歌謡バーに横すべりしていた。何が「モダン・ジャズ喫茶」に入り浸っていた若者だっただ。〈BOOZE&JAZZ〉の看板が泣いていた。そこで売り上げた金の相当分をジャズ・レコードの仕入れに当てることにした。今もLPレコードが四千数百枚はあるから「モダン・ジャズ喫茶」で聴いた名盤の数々は言うに及ばず、トリオの日本人ジャズ、マーキュリー、ヴォーグ、ウ゛ァーブ、ルーレットにCBS、RCAと廉価版の数々に新譜を合わせて月に30枚を十年は続けたことになる。その殆どをオスカーで仕入れていた。西豊哲治という社員が「レディ・ジェーン」の常連だったので、来店した時に頼むか電話で注文すれば、本人がすぐ運んできてくれて八掛けの値の上、客として売り上げにも貢献してくれるのだから何をか言わんやだった。天気が良ければ自転車か世田谷線で下高井戸までは格好の散歩コースだった。輸入盤や稀少盤は新宿の小田急ハルクの裏にあった、オザワやトガワ中古店、ディスクユニオンで丸一日をつぶした。くたばり損ないに見えて、
何度も死の淵から蘇生する
ジャズがまだあった時代だったのだ。
 本棚の隅から「ジャズ」という月刊誌が出てきて、76年大晦日の年越しオールナイト・ジャズの記事があった。新宿ミラノ座でジョージ川口、渡辺貞夫らの御大が八グループ、渋谷パンテオンで山下洋輔トリオに近藤等則のEEUを加えた八グループ。キッド・アイラック・ホールでは坂本龍一、阿部薫らが、12時間音楽の解体を咆哮していたのだ。して本文には「時代の未明から来たるべきものへ」を間章が綴っていた。
 かって異形の特権を自負していたジャズは、
今過食と拒食の果て嘔吐する他
二本足を持ち合わせていない。
 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。