第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 2004年4月2、3、4日の三日間の予定の金大煥来日公演の準備に追われていた最中のことだった。3月1日、韓国のソウルから金大煥の訃報が届いた。同日肺炎で亡くなった。享年71歳だった。85年、近藤等則が提唱した「東京ミーティング」で初来日して以後、キムさんは毎年やってきて独自のパーカッション・プレイで、客はおろか共演者を驚嘆させた。その度に「ロマーニッシェス・カフェ」と「レディ・ジェーン」に出演していたのが昂じて、俺は95年頃から彼のプロデューサーをやることになっていった。ところが04年のその企画は、諸事情あって三年振りだった。2月初旬、音楽家ではなく哲学の教鞭を取っていた漢城大学から名誉哲学博士号を受けた時も、授賞式への誘いも都合がつかず断っていたので愕然ときた。だが急行したい思いを押えて、中止という形ではなく追悼公演に切り替えて仕切り直した。
 4月2日の新宿ピットインは、共演者だった坂田明とさがゆきに林英哲と黒田京子がゲスト参加してくれた。3日の相模原・常福寺の共演者だったおおたか静流と太田惠資に早坂紗知と永田利樹が加わった。4日の立石・源寿院の共演者、佐藤通弘と田辺頌山には山下洋輔と梅津和時が来てくれた。各ミュージシャンが急遽の依頼に答えてくれたのも、その日が空いていたのもキムさんの力だと思っている。そんなキムさんだから当日は現場に来てくれるだろうという想像は容易に出来たが、スクリーンに金大煥のソロ・プレイの映像を流して、具体的に共演してもらおうと思いついた。このことは、尋常ではない発想と鍛錬で研鑽を積んだキムさんと映像とはいえ共演する訳なので、良い緊張をステージに生みだし追悼の意も客に伝えられたようだった。
 俺との付き合いの中でキムさんの言動のエピソードは枚挙に暇がない。例えば、交差点の信号待ちで知人とバッタリ会い、「やあー久し振り」と言って信号を渡りその人に会い、「やあー久し振り」と言うのだ。「昨日のことは忘れた」ハンフリー・ボガードどころではない。日本語はベラベラ、漢字の読み書きは日本人以上でハングル語しか知らない若い韓国文化を嘆いた。かっての初代グループサウンズ協会会長は、世俗を捨てて一拍子を生んだ。「一は二にも三にもなる。一拍子で演奏すれば共演者は三でも四でも選べるから、一番自由な音楽ができる」と。自分の愛車ハーレー・ダビッドソンの爆音とステージで共演したかと思えば、自家製の細い柳枝でプクを触るように叩く。そのことの意を、ステージの白布の裏から左書きで『如露亦如雷』と書いて指し示す。大筆の書から米一粒に283字の般若心経を微細彫刻するまで振幅をもって、「書は音楽のためにやりだしたからまだ半分の26年だよ」と言ってのける。因に書の雅号は「如水」といい、「音は出したら消えるでしょ。僕には書は音の下だから書だけ残るのはおかしいでしょ」などと言う。では音楽家としては、黒(隠された)雨(リズム)の意を持つ「黒雨」といい、「高い所より遠い所に行きたい」
「日本の黒い雨はかわいそうだけど、
 僕のはちょっと違う」などと
キム流哲学を飄飄と言うのだ。
 追悼公演を終えた4月16日、ソウルに招かれた。翌日仁寺洞アリラン・ミュージアム(キムさんのアトリエ)で崔善培と姜垠一の追慕演奏があった。18日は四十九日だった。仁寺洞の寺で十時に始まった長い長い法要を終えて、アリラン・スベニアで追慕ライブ「土の声」を始める頃は陽が西に傾き始めていた。大倉正之助や姜泰煥、朴在千など日韓11名が出演した後、食事会となり終宴近くにはすっかり暗くなっていた。その時キムさんの奥さんの明姫婦人が「散骨に行く」と突如言い出して、前日会議で決めた俺を含めて「黒雨会」理事8名は従うことになった。
 かくてキムさん宅の裏山プガク山へ喪服の一団の夜の登山が開始された。月灯りのみを頼りに小一時間歩くと頂上に着いた。若者が運んで来た御飯と骨で奥さんがにぎりを作っているので覗き込むと「飯(シャリ)と合わせて仏舎利になる」のだそうだ。何と感動的な民俗信仰か! 誰かがあっちが日本と言って俺はその方角に投げた。
キムさんと一番会った東京に向って投げた。
下北沢に向って投げた。
散骨が終るのを待っていたかのように雨がぽつりときた。「キャーッ、早く下りよッ」と誰かが言って、「足元気をつけろッ」と誰かが叫んだ。映画のシーンのように明るかった。
 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。