第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 月末の4月26日『スマステ』という生番組があって、「そこで水谷豊特集をやるんですが、生前の松田優作さんと水谷さんの関係を喋ってもらえませんか」という電話を受けた。“またか!”と俺はうんざりしたが、この号で故松尾友文のことを書こうと思っていた矢先だったから、その符丁にびっくりした。水谷豊が差し向けた取材に違いないと思った。で、三号続けて追悼になってしまうが、〇四年に逝った故人のことを書くことをご容赦願いたい。
 75年開店して数ヶ月後、「レディ・ジェーン」に俺の友人だった故ロナルド・ジョーンズに連れられてトモこと松尾友文はやってきた。五輪真弓のドラマーだったが、何十回か通うとすぐ故郷の唐津に帰っていった。陶芸の道へ進むためだった。俺は彼が陶芸家として名が出てきた80年代初め頃から、〈戯れせんとや生まれけむ〉の『梁塵秘抄』の地、唐津に詣でるようになっていった。彼の唐津焼は黒唐津にしても絵唐津にしても本来の素朴そのもので、かといって窯変(窯の火で※ゆう薬と土が変化する)に預けた器に驚かされたり刺激に富んでいた。その彼の登り窯高麗窯は、鏡山という小高い山のそれ以上人家の無い頂上付近にあった。玄界灘に沈む巨大な夕陽が一望出来る位置にあって、その後は暗闇だった。そして何よりも窯を開放して自由に遊ばせてくれることだった。遊びの骨を憶えてからは、唐津シーサイドホテルを定宿にしていた縁で生まれた、企画イベントに出演した諸氏も皆高麗窯へと誘った。原田美枝子などはそのためだけに鏡山を再訪した。
 唐津に行き始めた頃、松田優作に紹介された水谷豊は、74・5年に『夜明けの刑事』のロケで唐津に行った時、助役だったトモの父親の世話になったという下地があって、そして彼は八〇年代半ば、火曜サスペンスで唐津を再び訪れ、高麗窯でロケ撮影をしたのをきっかけにトモと仲良くなっていった。そのことを水谷豊に聞いた時は人間関係の縁に驚いた。――松田優作の席は長く、彼や俺は酒を飲みつつ緩やかに変化していくが、「ユタカ!」と俺、「何だよユタカさん」とユタカ。「俺たちの名がユタカで、A型で、蟹座って共通してるが、体内がキャンサーだからガンにはならねんだよな」と俺、「そうだそうだ」と、
下戸のユタカは緑茶で
ナチュラル・ハイしているのだ。
とんでもなくダンディではないか。
 そんなことがあって、ユタカとは松田優作の前でよりトモの前で良く会うようになっていった。トモが一人前の恰好になって東京で個展を再三やるようになったからだが、九七年には陶芸生活20周年ということだった。わが「ロマーニッシェス・カフェ」を開放して陶芸展と合わせて、既に唐津を経験済みの渡辺香津美のライブをやった時などは、雇われホストを自ら務めていた。そんな身近な友人の応援もあってトモは精進した。
 2003年の秋、何十回も東京で個展をやっても、葉書き一枚寄こすだけだったトモから電話があった。聞けば「今度黒田陶苑で個展をやることに決まったので、是非来て欲しい」ということだった。「いつも行ってるじゃない」という俺に「違うんだよ。黒田陶苑に選ばれたということは、陶芸家として認められたということなんだよ」と、いつもヌーボーとしているトモがやや気色ばんだ。俺は無知だったが後日になってその意味は分かった。いつもと変わらぬ黒唐津、絵唐津、粉引を持って〈銀座・黒田陶苑〉で初日を開けたトモを祝って、「レディ・ジェーン」で乾杯をした。ユタカは仕事で欠席したが、やはり唐津と高麗窯に虜にされた寺田農がいた。そして黒田陶苑から「来年第二弾をやりましょう」と望外の挨拶をもらって楽日を終えた。
 翌04年7月4日、かねてより罹病中のガンで入院した旨の電話がトモからあった暫く後、『松尾友文展』の報せの葉書が黒田陶苑から届いた。7月31日、俺は銀座に出掛けた。そして三日後、福岡の姪ノ浜に彼が住むホスピスに見舞った。「寺田農さんが昨日来てくれた」と嬉しそうに言って、何ヶ月振りだとコーヒーを旨そうに啜った。俺は「黒田陶苑連続じゃないか、よかったな」と言ったが、点数が少なくて寂しかったとは言えなかった。その三日後の8月6日トモは逝った。9月10日、作り上げていた作品の最後の窯焚きが唐津(相知)の登り窯で行われた。
火入れの儀式に立ち会うユタカの姿があった。
トモは恵まれていたよ。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。