第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。




"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 先々月の5月30日、「シネマアートン下北沢」で五週間に亘った〈ショーケンが好きだ!萩原健一特集〉上映が終わった。普段の成績からすれば平均を上廻る上々の入りだった。ところが5月31日から四週間、次に控えていた「ふるえるほどの愛シネマ」とタイトルした旧作名画特集が上映不可能に追い込まれ、次いでその直後、映画館を閉館するという結果に陥ってしまった。
 1998年の暮、美術の原田満生と金勝浩一、それに衣裳の宮本まさ江の映画バカが思いを募らせて、「映画の企画から製作・配給・興行までを行う」誇大妄想で立ち上げて現実化した「シネマ下北沢」を、五年経った04年の新年から引き継いで、「シネマアートン下北沢」は四年半が経過していた。引き継ぎに当って「シネマアートン下北沢」をオルガナイズした俺は、昨年の10月と11月号の当拙文でその件に触れたが、その後も何かと企画運営に関わらせてもらった我が身としては、状況的に不明瞭な点が多々ある中にも、苦労をかけた映画館の閉館の憂き目を私見ながらに語っておこうと思う。「シネマアートン下北沢」は支配人の岩本光弘、チーフの金子未歩、出札の青木智恵と中原里奈、映写の竜嵜陽介と岡野谷朝子の六名によって運営されてきた。五周年を目前に、先代を見倣い目標に揚げた企画・製作・配給・興行も、誇大妄想ならぬ現実の有様として行えるところまで来ていた。多くの負をこうむる小さな映画館は、小さいが故に小ささを際立たせる逆発想を巡らせた結果、個性豊かな、知略的なラインナップが形作られていき、その流れで製作者側と映画館の濃い繋がりが生まれていったのだ。ショーケン特集は、
正直そんな流れにバイアスが掛っていた時期を
シンボライズするシリーズのはずだった。
もっと正確に言えば、
はずでありたかったということだ。
 誰も知らないスタッフはいなかった。企画を考え映画館を続行させる熱情が、同時に進行していた経営母体である出版社アートンの業績が悪化していった流れと背中合わせにあったことを。今年に入って既に参画していた投資ファンドが、会社の各営業部門を分社化して業態を変えていったことは、現場の仕事を躊躇させたが、何より今後のプログラムを立てて良いのか決めて良いのかといった不安は根本的だった。
 5月28日、俺は高橋悠治、姜泰煥、大友良英、田中泯と映画にも関わり深い人と「ブレス・パッセージ」ツアーの真最中だった。アートンの郭充良が逮捕されたというニュースが耳に入った。驚いた。だが通販の薬事法違反などは、極めて微妙で解釈いかんによるだろう。ウェブ・ダイスの記事、「閉館の原因は5月28日に運営会社アートンの郭充良社長が胸が大きくなる錠剤を販売していたファイナルジャパンの実質的社長という事で薬事法違反で逮捕されたことによるようだ」(筆名浅井隆)は事実とずれている。ましてや「女性を不当にだました利益で今までシネマアートンが運営されていたのかと思うと…」に至っては、映画に奉仕してきた先のスタッフは救いようないではないか。錠剤と逮捕と閉館に原因と結果があるとするなら、罠に嵌められたことになる。郭充良の罪は話をすべき現場にその時居なかったことだ。そして事実は次のような経緯を辿った。
 5月30日と31日、〈愛シネマ〉の配給会社数社がフィルムを引き下げに来た。逮捕ニュースを知ったからだが、実は投資ファンドが〈ショーケン特集〉のフィルム料の支払いを拒否した反興行反映画的行為をしたことで、同じ配給会社がフィルム貸出しを急遽中止したのだ。そして6月4日、スタッフ会議を設けて自ら閉館を選択した。その夜、俺は宮本まさ江と共に家主の本多一夫氏に会い、「映画館は残すべきです」と意志と要望を伝えた。レイトショーの『the hiding―潜伏―』(監督福井ショウジン)は六日まで続映し、7日から一週間告知済みの『OKACINEMA』は意地を見せて自主興行を張った。13日、スタッフによるスタッフのための『ざわざわ下北沢』(監督市川準)上映をやって、奴らは無職渡世の人として消えていった。胸詰まる酷薄なラスト・ピクチャー・ショーではあった。
 能力を失った「シネマアートン」が一日も早く契約解除して、上映しない無名の映画館になることを願っている。
そして、岩本光弘や宮本まさ江が帰って来て
灯を点すことを万倍願っている。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。