第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 狭い下北沢の街を歩いていると、閉め切ったままの「シネマアートン下北沢」の前を通り過ぎると、まんじりともしないまま二〇〇四年のリニューアル・オープンのことなどが思い出される。ついこの間のことだった。
  年明け早々、運営の基本骨子を独自性の番組企画に生かそうと、企画運営委員会を設けた。その形はすぐさま映画館の現場に現われた。まず映画界の次世代を担う新しい才能を発掘するインディーズ映画の上映として、ぴあフィルムフェスティバル関連作品の上映を企画した。このことは当映画館のような小劇場の基本ラインだったが、六月の頭には旧作監督特集の第一回目として、不世出の監督川島雄三特集を組んだ。これもやはり小劇場の基本ラインだった。映画館に委員会の方針を具体化に向って動く、有能スタッフたちがいたから実現したのは言うまでもないが、あまたある日本映画史から選りに選ってシリーズの第一線に引っ張り出したのが、カルトファンには絶対権現の鬼才だが、奇妙奇天烈でなる川島雄三だったとは、これぞ「シネマアートン下北沢」というべき溜飲の下がる思いだった。結局、代表作の「幕末太陽伝」(‘57)や「雁の寺」(‘62)等を語った後は通り過ぎるというのが、川島映画の現況だったろうが、一週間に三作品ずつ上映して四週間で計十二本の中には、いかにも見すごされがちな「赤坂の姉妹 夜の肌」(‘60)や「あした来る人」などもラインナップした。それは、三年前の〇一年に「川島雄三 サヨナラだけが人生だ」(藤本義一著)が出版され、続いて「川島雄三〜乱調の美学」と題した四十本の作品が文京区の三百人劇場で特集上映されたことが、下地を作っていたと判断できたし、合わせて、上映直前の五月十五日に常連の俳優三橋達也が亡くなったことでも注目を左右し、何より熱狂的ファンで結成している映画サークル「カワシマクラブ」の、自腹でニュープリント化した版を貸し出してくれたのを始め、物心両面にわたる援助が大きかった。
 内藤誠監督は奇才川島雄三を考えて「オーソドックスでないこと、マイナー好みであること、猥雑であること、自然主義的くそリアリズムでないこと、反時代的であること、地方出身者のくせに都会的であること、へそ曲りであること、大人のようで子どもっぽいこと、スタイリストでありながら形をくずすこと、傲慢でありながらシャイなこと、何よりもフリークであることを想像する」と言った。思うに全部川島雄三に当てはまりそうだ。だから自己流で言えば、
川島雄三のどの映画が好きなのではなく、
川島雄三に執着して川島映画が
好きということになる。
その上で勿論優劣はある。
 ところで川島雄三は京都や大阪が好きだった。大阪には”日本軽佻派“を名乗って賛同を得た同志織田作之助('56『わが町』原作者)がいた。織田作の文士仲間には津軽出身の太宰治がいて、同じ青森でも下北半島のむつ出身の川島は太宰が大嫌いだった。理由は「織田作は大阪弁を通しているのに、太宰は東京で上流家庭の言葉を使って出版社に売っている」だったが、衛学的な近親憎悪ではなかったか? 川島の大阪弁担当の脚本家('59『貸間あり』)藤本義一は「太宰と同系列にいる師生は、自分に自己嫌悪を覚えて織田作に近づいていった」と述壊しているが、当たりだろう。
 先の性格分析に加えて、進行性筋萎縮症という難病を抱えていた川島の映画には、暗さと死が漂うと実しやかに言われていたが、無常の感はどの作品にも見分できた。だが娘の芦川いずみを自分と同じ小児麻痺役にした『風船』('56)ではそれがない。川島は『自作を語る』で「大仏次郎の原作なんですが、森雅之の主人公がどうしても鞍馬天狗みたいになってしまって割り切れない」と嘆いていたが、内藤誠が指摘する点が何も無くて、森家では東京の上流家庭の言葉が交わされている。物語は、妻と長男と別れた父娘が終戦時世話になった京都の西陣の二階一間に引っ越してくる。そして盆踊りを踊る娘と見続ける父との情景で終わる。
 もし、川島流〈偽善への挑戦〉を思う時、「鞍馬天狗云々」がこの行いすましたなりを意味するなら、その森雅之の隣に立つ家主の左幸子と後で出来て、面の皮が剥がれるのかも知れない。えッ、すると可憐極る無垢の芦川いずみはどうなるのだ!?
フリークとは奇形、変種、
怪物、 酔狂などを意味するが、
川島雄三を言い当てる言葉として未だ分からない。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。