第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 10月1日、朝刊の折り込みに東京都水道局のチラシが入っていて、又もやエコロジー狂騒局だ。〈エコロジー〉という五文字は本来の意味を捻れて、開発という名の破壊や製造という名の産廃を進展させる行政や大資本の戦略的言葉に取って換えられているのが身に浸みる。曰く、「(北京オリンピックの)事前合宿を日本で行った外国人選手団に、高度浄水処理の水道水を詰めたペットボトル『東京水』が好評を博しました。『2016年オリンピック』でも東京を訪れる多くの方々に……」という落ちだ。「身体と水のかかわりを考える『東京水』」とは何なのだ。気分を悪くすると、昨夜の酒が残っているのを憶え更に気分を悪くした。開発の進む下北沢で、夜毎演劇人たち酔客の溜飲を下げていた店「ステージドア・紘子」の長い歴史を閉じる最後の夜だったからだ。
 夜、気分を取り直して山海塾の新作『降りくるもののなかで―とばり』の初日に世田谷パブリックシアターに出掛けた。幕が開く。一点のサス・スポットの下、蝉丸がゆったりとした長い動きから、突如鋭く天空に手をかざすと、身体や衣裳に付着している白粉が、まるで身体を削り取った白骨粉のように灯の中に舞い上がっていった。生死を前にして動ぜずといった荘厳な光景が集中神経を強要した。舞台は余程簡素化されていて、中央に敷かれた大楕円形の黒板は卵のようだった。中盤その大楕円板に目一杯のキラ星が輝いて、銀河系宇宙の中の生命の卵になる。踊り手はその上で天空に手を延ばし空を把もうとするが、人は銀河系の中で一匹の虫でしかない。遠い水の記憶でいえば魚だったろう。そしてイクチオザウルスとなって陸に上がってきた祖先たち。如何にあれその生命体は、身体を駆使して感覚に導かれるよりないのだ。暗闇と満点星の間で死を生き生を死んで行く摂理を、ナルシスな肉体たちが踊るのだ。「東京水」の身体とはほど遠いのだ。その肉体を突き動かすように、弦や鈴をフィーチャーしたアジアンテイストを注入した音楽が郷愁を誘う。
 
そして安らぎと緊張の不連続の連続が
覚醒をうながして、
澄んだ時が過ぎていった。
 二年毎に新作を発表してきた山海塾の初日のパブリックシアターのロビーには、終演後ワインを片手にした故山口小夜子が毎回いたのに今年はいなかった。〇四年、既に舞踏家古川あんずをガンで亡くしていた俺たち「∞プロジェクト」は、多和田葉子の書き下ろしの『スペース・オデッセイ』で弔い公演を企画していた。新たな踊り手を探していた俺は、山口小夜子に声を掛けると、彼女はやるといって乗ってくれた。すると、話を聞きつけた山海塾の天児牛大が、大木の手に大事な小夜子を預けられるかとばかりに、「演出をやらせてくれ」と言ってきた。ベルリンに住む高瀬アキとハンブルグに住む多和田葉子の二人のジャパニーズ・ジャーマン嬢の了解を得て演出を頼むことにした。
〈怪鳥セイレーンたちの住む浜には、人間の骨が積み上げられている。やがてオデュセウスの率いる一行の船が近くを通ることになる。セイレーンの歌を聞いた者は陶酔状態に陥り、二度と家族の顔を見られずに死ぬという。それでもオデュセウスは、どうしてもその歌が聞きたい。そこでキルケに教えてもらった通り、部下たちの耳に甘い蜂蜜蝋を詰めて歌が聞こえないようにし、自分だけは耳に何も詰めずに、身体をマストにきつく縛りつけられる。やがてセイレーンたちの歌が聞こえてくる。オデュセウスはそちらへ行こうとしてもがく。部下たちはオデュセウスの身体をますますきつく縛り上げる。怪鳥の歌に身を捧げ、音楽の中に死ぬのか、それとも航海を成し遂げ英雄として帰還を果たすのか。答えの出ない問いをなぞるように海は8の字を描いてうねり、始まりも終りもない曲線の中から、身体・音楽・声・文字のからみ合う新しい言語が生まれる。〉
 手元に残っている多和田葉子が書きよこしたプロットだ。しかしこの企画は、セイレーンの仕業なのか、二転三転し、オンディーヌやローレライやメリザンドたち他の水の精の渦に巻き込まれて行くかのように、肝腎のベルリン市の経済が後退して、ヘーベルテアターの協賛をはずされては動きようもなかった。去年山口小夜子も亡くなり、燻りさえも無くなってしまった。
 山海塾の舞台初日に会えるはずだった山口小夜子様、
いつか行こうと言っていた唐津は
虹の松原で小夜姫伝説に
なっているのでしょうか?

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。