第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 2005年2月、初めて大分県へ行った。1月6日に、開店間もない「レディ・ジェーン」に通い始めて27年経っていただろう、享年45歳の若者が死んだ。故小野豊彦のことは当143号でも触れたが、元ジャズギター小僧で、落語好きで連句・俳句に興じていた粋人で、「レディ・ジェーン」で始めていた慈苑句会で捌きもやっていた。今時のご時世で言うなら、意志を持って正社員を拒んだ派遣社員だった。銀行の大型コンピュータを操る彼は物理的な束縛ばかりか、心の不自由を嫌ってそうしていたようだ。何ヶ月も職を無くしても汲々たる様子を見せない奴だった。俳号を十代蔵といった。十代蔵の故郷は大分だった。大分といってもずっと南の小村で、殆んど宮崎県との県境に近い蒲江町というところだった。公共交通で旅程を調べると、まず羽田空港から大分空港まで飛ぶ。国東半島の突端にある空港の港までバスで行き、ホーバークラフトで大分港まで別府湾を縦断して、そこからバスに乗り換えてJR大分駅まで行く。JR在来線に乗り換えて佐伯駅で降りる。又バスに乗り換えて南下すると蒲江町に着く。羽田からざっと七時間半の計算だ。思わず溜息を漏らしているところへ、熊本出張勤務をしている「レディ・ジェーン」の元スタッフから新年の挨拶の電話があった。「君も知ってるだろう。小野豊彦。お参りに一緒に行こう。ついては大分空港まで車で迎えに来い」というと「わかりました」ということで、二時間短縮できた上に、空港を降りると乗り換えなしで故人の生家を訪ねることが出来た。空港を降りて高速道路を飛ばす。別府、大分を通過して鯖で有名な佐賀関半島を越えると臼杵湾を抱える臼杵に出る。左手の入り組んだ湾の先に流れの速い豊後水道が、冬の陽射しを浴びて光っていた。こちらに突き出した佐田岬を始め四国が目と鼻の先に広がっている。そこからは津久見、佐伯とほぼ海岸線を走り続ける。各所が城趾を今に止める旧城下町で、圧倒的な薩摩の島津軍の攻撃を排しつつ、
豊後を併呑していたキリシタン大名だった
大友宗麟の古武士顔などが、
十代蔵の顔と共に浮かんでは消えた。
佐伯からはいきなり一般道になったが、住所と電話を頼りに大分県海辺郡蒲江町に辿り着くと十代蔵の実家はあった。時計は四時半を廻っていて、迎えてくれた初対面の故人の老母や義姉と、数々の逸話ばなしに身を遣ると、たちまち辺りは暗くなった。ジャンゴの「マイナー・スイング」が聞こえてくる寒村の夜は寂しく早い。だが郷土自慢の巨大なもいか(アオリイカ)の一夜干の土産は、これでもかと重かった。因みに、その年蒲江町は佐伯市に併合された。
 大分市まで戻ったホテルで翌朝チェックアウトを済ませると、十代蔵に生前聞かされていた由布院に向った。くねくねとカーブの多いハイウェイを蛇行すると、やがて由布岳が見えてきた。元スタッフの高木翔が知る秘密の道を入って、パラグライダーの飛翔地点から眼下を眺めると、由布院の街は盆地なので全てが視野に入れることが出来た。山肌という山肌は元々の岩盤に火山爆発で浅く一m程の赤土が積った独特の光景が広がり、この先阿蘇まで続いているようだった。荒涼とした大風景と人が息づく眼下の小さな風景の対比は何とも言えぬ感慨をもたらせた。由布院に近づきここが何度も来たいと思った町かとゆっくり一周する。駅舎をはじめ店舗の職種から文化施設まで街づくりに関しては、各理事会や研究会で諮問を繰り返していて、かつて地震に襲われた時にやってきた中央の地上げ屋を町を挙げて追い返したことは有名な話だ。何より次の宿に泊まる客に配慮して、各温泉旅館が料理を公表し合って内容をダブらせないようにしている等は感動ものである。だが、散策もそこそこに蕎麦を味わうと飛行機の時間だった。近く再訪を誓う。
 機上の人となり、由布院駅でもらった観光新聞を拡げると、志手淑子由布院温泉観光協会長の声明が目に入った。大分県三町が前年合併調印を終え、05年1月1日に由布市が誕生することに関してだった。「この合併の進め方は私たちにとって決して納得ゆくものではなかった。公正な情報は提供されず住民の要望を無視して合併の道をひた走りました。町が自治権を失うことに恐しさを私たちはどれほど認識しているのでしょうか」(05年1月1日号)と。
 一枚岩の由布院でさえ時代の波をかぶるのかと俺は虚をつかれた。
蒲江町もしかり、今宗鱗出てこい!
そんな思いの帰路であった。

高き屋根 低き屋根 この国の雪 十代蔵

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。