第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 去る3月24日、北九州市小倉の松本清張記念館で〈詩と歌と音楽が言霊になって〉と題した催しをやってきた。谷川俊太郎の詩の朗読と谷川賢作のピアノと小室等のギター弾き語りが、即興を交えて絶妙に絡み合って進行した。今年は松本清張生誕百年に当たる年で、〈清張生誕100年記念〉の催しとして、「松本清張生誕100年記念事業実行委員会」が後援についてくれた。それに現地制作のピカラックの他、協力として「ぎじゅつやさんのピアノ店」があった。記念館は松本清張にまつわる本や原稿、映画化なったポスターやスチール写真、そのDVDや映写装置はあるが、コンサート、ライブに関する機材は一切無いのである。照明も音響も自前で調達しなくてはいけない。それに谷川賢作は11年前、松本清張記念館竣工に当たって何と館ソングを作曲していたという因縁があって、出演は必須な訳で従ってピアノを調達する必要があった。ピアノの調達先が「ぎじゅつやさんのピアノ店」であり、無理を言って格安にして戴いたので〈協力〉のクレジットを掲載することで誤摩化してもらった。すべて旧知のヤマテピアノ商会の社長竹腰浩一の紹介によるものだった。かくて、谷川賢作作曲の「終わりなき探求(エターナル・クエスト)」が、11年目にして初めて館内に響きわたったのであった。
 1978年、「レディ・ジェーン」を拡大改装した際、ライブをやっていこうと思い立ってピアノを店内に入れることにした。もちろん狭い店だからアップライト・ピアノだ。その時不明の俺が相談に行ったのが、下北沢から坂を上がればすぐの池ノ上にある「ヤマテピアノ」だった。俺は多分月に二・三回やる程度でライブハウスをやるつもりは無い等と説明した筈だ。それかあらぬか竹腰浩一は〈ROSEN〉なるピアノを選んでくれた。ローゼンなどというピアノはピアニストも誰ひとり知らなかったが、ドイツ製ではないかと勝手に思っている。いずれにしても古くなり過ぎて、
〈KAWAI〉とバトンタッチして入れ替わり
我が家の一隅で弾かれることもなく
黙って眠っている。
 2005年3月、「レディ・ジェーン」の〈三十周年記念祭〉ライブ付きの催しを行った。場所は隅田川畔の森下にあったベニサンピットという元染色工場を改装した劇場だったので、当然ピアノはなかった。記念祭に参加してくれた多くのミュージシャンの内、ピアニストは弾き語りの歌姫浜田真理子ともう一名はここでも谷川賢作だった。当然俺は竹腰浩一に相談するしかなかった。すると彼は二つ返事で即座に「わかった」と言って〈協賛〉まで引き受けてくれた。谷川賢作は伊藤多喜雄のバックで『最上川舟歌』や『ソーラン節』を弾き、浜田真理子は映画『カナリヤ』の主題歌を大友良英と弾き語りした。池ノ上のピアノを森下まで運ばせる傲慢を思わないではないが、4月2日はすぐやってきた。
 神奈川県の相模原に鎌倉の臨済宗の総本山建長寺の流れを汲む常福寺という寺がある。ここで毎年四月第一土曜日に、昼から夜まで〈メメント・モリ〉と題する講演とライブの長い一日の催しがあって、縁あって数年前から制作に関わっていた。竹腰浩一は又もや俺の相談を聞いてくれた。半月後の4月2日は森下よりも圧倒的に遠い相模原だった。ピアニストはチャイコフスキーやラフマニノフ等ロシア作品に積極的に取り組む有森博の〈夜桜にプロコフィエフを聴く〉だった。
 ところで、「ヤマテピアノ」との付き合いが79年の「レディ・ジェーン」から04年まで飛んだ訳ではない。思い出すに、84年の本多劇場での高瀬アキ、橋本一子、加古隆、高橋悠治の四人のピアニストによる〈HIGH-KU〉コンサートは、二台のピアノが必要だった。85年に開店した「ロマーニッシェス・カフェ」ではYAMAHAのC3を入れていたが、98年に閉店したので引き取って戴いた。06年の常福寺の〈メメント・モリ〉では面白いピアノを持ってきた。パーカッションの高田みどりと共演を終えた佐藤允彦が言った。「面白いピアノだったけど、僕なんかジャズ系よりも現代音楽の人なんかの方がもっと良いかも」と。それで07年の常福寺〈メメント・モリ〉は、韓国から招聘したアルトサックスの姜泰煥と高橋悠治を呼んで演奏して戴いた。俺は竹腰浩一に、当然前年と同じピアノSCHIEDMAYERというシュツットガルト産のドイツピアノを訳も分らず注文した。終演後、どうでしたと聞くと、「うん、悪くはないね」といつもの高橋節が返ってきた。
今日も「ヤマテピアノ」はかくて、
旅の空を飛ぶのだ。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。