第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 現在下北沢で計画されている国交省、東京都、世田谷区による三位一体の都市計画、連続立体交差事業は、私企業の小田急電鉄の地下化工事の厖大な費用の殆ども、地下に眠る道路特定財源(ガソリン税、自動車税)で賄ってしまう奇妙な代物である。今は小田急線の工事以外、この評判の悪い計画は何一つ着工されず鳴りを潜めている。だが2002、3年に発表されて以降、地主や借地権者としての大家と借家人及びテナントとの間で、数多くの個別的な争いが生じている。それは道路計画や駅のバスロータリー広場に入っていなかろうが関係なく、街全体が地区計画や規制緩和に覆われ、機敏に足下を狙った大家や不動産屋が、個別ビル再開発や家賃を高騰化するために立ち退きを強制し始めたからだ。行政に踊らされた哀れな拝金主義者らが、自らの街を壊そうとしている。
 2005年5月13日、建物明け渡し請求の民事裁判で、原告側の大家の弁護士が降りた旨の電話を被告側の借家人から受けた。俺の旧知の借家人青柳哲は、昭和三年、親の代から二代に亘って住み続けていた借家人で、昨今の二、三年契約で更新する関係とは事情が違っていた。にも関わらず明け渡し請求事件を起こされる始末だった。彼の孫借りを含めて四人の被告人つまり住人が、続けて住むには廃屋同然の木造家屋を建て直す必要があり、そこで背中合わせの「レディ・ジェーン」に彼が相談にやってきたのが事の始まりだった。建物は倒壊の危険物に指摘されても当然だったが、大家は建て替える意志は全くなくて、借地借家法によれば大家の同意なしに建て替えることは出来ない。あまつさえ二束三文の金で追い出しにかけられた。裁判は暗礁に乗り上げて先方の弁護士は降りたのだ。
 相談を持ち掛けられていた俺は構わずことを進めた。地下一階、地上三階の構想だったが、裏の二軒が閉ざされてしまう。青柳哲が話を持ち込むと即刻等価交換に同意して80坪の広さになった。大家は金が欲しいだけでその土地をどうするなどという発想は、これっぽちもなかった。一階はコンビニにでも貸して返済に当てようと言う青柳哲を制して、俺は映画館や大人の為のライブ空間を構想して、友人の建築家石井勉に設計を依頼した。住居権利を持つ五世帯に、百名の映画館と一つのライブ空間、二つのテナント空間が確保されて委員会方式の管理運営会社の必要性を思った。同様に立ち退きを突きつけられていた「レディ・ジェーン」の移転先のことも念頭にあったが、「シネマアートン下北沢」の映画館運営も、二年目を迎えて面白さも実感しつつあったし、
何より劇場とロック系に傾斜した
ライブ空間だけという街のあり方に
異論を持っているからだ。
 劇場もライブハウスもこれ程下北沢に一点集中するということは、文化芸能表現と金を秤に掛ければ、もう金というしかない。そこに集って来る連中をあて込む大型チェーン店や不動産屋がはびこり、益々奥行きを無くして剥落されていく街にどうやって楔を打ち込もうか。裁判の方は裁判官によって調停に持ち越されたが、半年に一回程の緩すぎるペースで二年が過ぎ、青柳哲は肺ガンに罹った。08年の年明け、今後は弁護士と連絡をとり合ってくれとの手紙を寄こして、故郷の札幌の病院に入院治療のため帰って行った。大家は神奈川県に長く住んでいて、下北沢のことも人の命のことも多分どうでも良いので、高く転売するための立ち退き以外動こうとしない。青柳側の弁護士も相手が動かないので動けないと言う。俺はいつの間にか、某区議会議員から「地上げをやっている奴」と汚名を着せられた。そして同じ年の初秋の或る日、札幌に住む娘から「父青柳哲は亡くなりました」と訃報を受け取った。享年66歳。
 こちらの目論みはすべて海の藻屑と消えてしまい、故人となった青柳哲が半世紀は住んだであろうあばら屋は、住む人とてとっくに無くて、隣の信号のある角地も建て壊されたものだから、遠目にも素っ裸でその醜態を晒しているのだ。〈風の中に震えて瞬く星のように・・・浅い眠りにさすらいながら街はほんとは愛を呼んでいる〉音痴だった彼が歌う事はなかったが、好きだと言っていた中島みゆきの『浅い眠り』が聞こえてくる。
下北沢に居る限り、
日に五回も十回も通り過ぎるのだよ、
そこを。浅い眠りは一年中続くって訳さ。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。