第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 昨年の暮れの或る日、下北沢の我が家の狭い門扉のそばに立っていた檜葉の木を伐った。6メートル程に伸びて隣の家の窓をこすっていたのが気になっていた夫人が、「枝だけ伐れば良いじゃないか」と言う俺を制して、幹も枯れているからと根元からバッサリ伐ってしまった。男はこんな時いつも逡巡する。家を立てた時、彼女の実家から植樹した木で、約28年も共に住んでいたからだった。女は潔いね。生む能力を持った生物の本能なのか?檜葉の木は檜の一種であすなろとも言う。
 去年、池澤夏樹がNHKのETVで一枚のゴーギャンの絵「我々はどこから来たのか? 我々は何者なのか? 我々はどこへ行くのか?」という1.59×3.74mの巨大絵を何時間も前にして、「わかった」という終らない答えに窮していたのを思い出した。文明や文化が進化したと言われる現在の世なのに、何故これほど閉塞感に襲われて歓びの見いだせない現代なのか? 学者が<100年の危機>だという。だけどそれ経済の事だろう。テレビのバラエティ番組はみな賞金がらみの拝金ものばかりだし、ニュースも新聞もやれゴルフの賞金王は誰、最年少賞金王は誰、野球の誰が何億で更新したと公害を垂れ流す。それほど他人の金が気になるのだろうか? 周りを見ろよ、政治家だって金まみれで人の精神や魂は廃品になって久しいじゃないか。音楽も映画も「1Q84」も何の力になりゃしない! 小室哲哉など、執行猶予中に出した本「罪と音楽」で「音楽の価値は数字で計測できる」とiPhone3GSが三日で100万台発売したのを例に上げてのたまわっているのだから、
もはや<回収不能>でしょう。
個人攻撃ではない。
世の中の一億人の小室哲哉に言っているのだよ。
 あすなろは明日は檜になろうと言って生きる木だ。井上靖の小説に「あすなろ物語」という小説がある。田舎で育った少年が周りの大人に鍛えられながら、成長して行く姿を健やかに描いた小説だが、堀川弘道監督で映画化もされている。脚本は何と黒澤明で彼の精神性の奥底がよくわかる。少年は小学三年生の頃、大学生にあすなろの木と謂れを教えてもらい、以降「明日なろう、檜になろう」と考えて生きるようになる。それは日本が敗戦後、お題目を唱えながら高度経済成長に向かった考えにそっくりではないか。あすなろには檜にならずあすなろのままで考え続けろという教訓も有るみたいだ。ところが金を求めて必死に頑張った日本人は、衣食住足り過ぎて金余らせて檜に成り上がってしまい、幹までも枯れさせてしまったようだ。
 2004年年の10月10日の深夜、突然見知らぬ浦野玲子という中年女性から電話がかかって来た。聞けば、月例で発行している音楽の通信誌に連載している俺のエッセイを読んだばかりの彼女が、森崎東監督を囲む会に呼ばれたら、監督が俺が書いた当人の沖山秀子を連れて来たので、思わず吃驚してエッセイをバラしたら、沖山秀子にまたライブをやりたいと言われたのでどうでしょうかとのことだった。68年今村昌平監督の「神々の深き欲望」で鮮烈デビューして、女優になり小説も書きジャズ歌手にもなっていたので、82年に「レディ・ジェーン」でライブを二回やった事などに触れていたエッセイだった。22年振りだったので、「よしやろう」と口では言いつつも失礼ながら「生きていたのだ」と思った。そして以前から思っていた事だがその時更に、彼女は<あすなろ>なんだと思った。あすなろと言っても、かって恐喝事件に傷害事件、自殺未遂は数度に及び、果ては精神病院の入退院を繰り返しながら、いつの間にか忘れないでなっているあすなろである。満身創痍だが豊満な肉体と原始宗教性を発して、存在感が周辺にはみ出しているあすなろである。井上靖的と言うか、黒澤明的と言うか、いかにも旧文部省好みのシューベルトの『菩提樹』と同じ『あすなろ』という歌は、裸足で逃げ出してしまうあすなろでもある。年空けた05年の1月9日、ライブはやった。  昨暮れに伐った直後、梵語の大家松山俊太郎を師と仰ぐ友人の庭師に、あすなろの件を言うと、
「木への向かい方と愛情の注ぎ方には個人差が或る」と、
枯木も向かい方いかんだと言われた。
とまれ、あすなろの無い元旦を迎えた。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。