第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
「何がエコだ。自然に対置して人間は何も出来ないし、何もなし得ない、無力であ る。そこは死の世界だ」と、写真家の白川義員が登山家の野口健に語りかけている。 テレビの画面には、戦慄を覚えるヒマラヤの山々が神のように居座っていて、怖じけ ずく者にどうだ来いよと言っている。ヒマラヤ一帯を体験済みの野口健が未登頂だと いう、エベレストの東壁が朝日を浴びて真っ赤に染まっている。東壁は気流の関係で いつ墜落するか分からない魔の空域らしいが、二人が乗った空撮機はそこへ近ずきな がら、「この鮮烈な風景は原初の風景です」と白川義員は言う。圧倒されながら北斎 の赤富士の絵が浮かんだ。次に伊豆の堂ヶ島にやって来た写真家は、「自然の流れは 遠くではなく近くに有るもの。そこに気づくかどうかだ」といいつつ、カメラ位置を 移動し、空気が創る朝日の色と波の形の決定的瞬間を何日も待っていた。  番組が終って外を見やると雪だった。東京では珍しくこの様子だと積もるに違いな い。不意に十日余り前に亡くなった浅川マキのことが浮かんで雪を観ていた。「人間 なんか自然に勝てるもんじゃない」とさっきの写真家の言葉が浮かんで、俺は浅川マ キが歌ったアダモの『雪が降る』を思い出していた。
 小夜雪や 小夜曲歌う きみの雪
 2月1日下北沢に雪が降って、新春の雪がこの街の今年の行方を巡らせる。街の再開 発の前に現在大工事中の小田急線地下化と、下北沢駅、隣の東北沢駅、世田谷代田駅 の駅舎構想だ。今はこの屋根あの屋根どの屋根も雪を被せているが、世田谷官僚は相 も変わらず自然だ、緑だ、ガラススクリーンだと言って、長い年月〈持続可能〉な街 として生きて来た下北沢の景観やDNAの踏襲はどこにも無い。
有るのは何処の町にでもある
立派なランドマークだ。
勿論構想は直後に控えている
街の再開発と連動している。
 2005年11月2日、「シモキタ解体」と題した〈下北沢を揺さぶる再開発の欲望を問 う〉ライブイベントにパネラーの一人で呼ばれた。その年何回目かのトークイベント で、下北沢の都市計画に対して〈見直し〉を求める住民側が具体的に動き始めた年だ った。社会学の東大大学院教授、元建設省官僚の都市プランナー、Save the 下北沢 代表、俺と言った面子がケンケンガクガク自由なトークセッションを展開したのだ が、後に控えていたのが、hi-posiのもりばやしみほと朝日蓄音の朝日美穂、二人の みほは下北沢の住人だった。そして下北沢のパチンコ屋のチンドン音楽を発祥源にし ている大熊ワタルのジンタらムータのライブの顔ぶれに加えて、隅っこでお手当治療 を施しているのが路上医の広田赤ひげだったり、路上漫画弁士の東方力丸だったりす るのだ。会場のタウンホールに、所狭しとパフォーマンスが混在した文化がシモキタ とも言える訳で、塀で閉じられてない縁側の有る街と言うか、平板なその猥雑性こそ 〈持続可能〉な街の源泉だったのだ。経済でもなく政治でもなく〈文化〉が街のエネ ルギーの源泉だった。仕掛人がシモキタのタウン誌「ミスアティコ」を出していた木 村和穂と言う当時大学院生だったのもシモキタならではだった。
 それから四年経った昨年世田谷行政は「自然光」を取り入れたり、「エコ」に充分 気を使ったモダーンな駅舎プランを出して来た。〈再開発の欲望を抱くのは誰か?〉 は「シモキタ解体」のキャッチコピーの一つだった。区は小田急線が地下になった後 の土地に関する跡地利用区民意見検討委員会なるものを立ち上げて、見せ掛けの意見 募集をやって、駅舎は知らないうち三倍にふくれていた。改札内の特権的商業施設は 街の商店を当然劣悪化させる訳で、区は住民に背いて迄も小田急の飼犬に堕している ようだ。区長が一月二十二日付けの広報誌に曰く、「持続可能な社会をめざして」 「見直し」を進めていくらしい。恥を知れよ! 「持続可能」も「見直し」も君たち が言う住民と言う敵が求めていた言葉じゃなかったのか? ブッシュが9.11の後アフ ガンに、ピート・シガーの代表的な反戦歌『ウィー・シャル・オーバーカム』を掛け て攻め入った件と一緒ではないか。
「シモキタ解体」が終った後、
「補助54号線の見直しを求める
下北沢商業者協議会」は立ち上がり、
四年強経った今も〈見直し〉を求めている。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。