第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 今日3月1日の新聞の一面に、「渋谷、新宿などで大勢を誇った老舗家電量販店の『さくらや』が閉店した。」とあった。その前日の2月28日、「レディ・ジェーン」の音響ミキサーが故障して、修理に出しようが無い。昔だったらその店の契約サービスマンが飛んで来た。出しようが無い訳ではないが、購入した価格ぐらい修理代を取られる。そしたら新品を買ってしまうだろう。量販店の生命線は低価格にあって、メーカーと一連の〈低価格戦争〉に負けたのだ。安い物を買わされて、すぐ故障して、捨てれば産廃が山をなす。尋常な営みだろうか?
  2010年が二か月経って、ますます揃ってない下北沢の街並みには空き室になったままの物件が一年以上も放置されている。それは家賃高騰で契約更新出来なくて空になった物件もあるが、行政の再開発計画を受けて、先んじて建てた五〜七階建てのビルは殆どスケルトンと化している。下北沢の四十四年間を知る者にとってあり得なかった空洞化現象だ。二月一杯で出て行けと言われていた「レディ・ジェーン」も、情勢を察知した大家から「ビルは建てない」と言われ、数年間の命拾いをした。命乞いはしていない。勢いがあるのは工事音と高い鉄塀ばかりだ。それでも開業資金を持っている企業がやってきて、超破格値展開で居酒屋競争に〈量〉で参入してくる。そして数ヶ月で見切りを付けて、ビール一杯180円だった安い品格と低い銭虫を残して去っていく。下北沢は空疎で品のない落ち着かない街に下向して行っているようだ。高かろうが安かろうが、人はすべて〈金〉に縛られているのに変わりはない。
 ものの言い様であるが、ここ数年の構造不況の中で、〈演劇〉を観る人より〈演劇〉をやる人の方が多い。〈音楽〉を聴く人より〈音楽〉をやる人の方が多い。〈映画〉を観る人より〈映画〉を創る人の方が多い。表現に向かうことは勿論けしかける方だが、歪んだデフレバブルは錆びのほうを多く産む。〈演劇〉の街と〈音楽〉の街と下北沢は二つも引き受けていて、〈居酒屋〉の街とも連携して、低価格と低品格がしのぎを削って、まるで街が若松孝二の映画じゃないけどキャタピラーの様に行進している。上げ底の弁当にひと箸で底が見えても、喜んだり悲しんだりするのは恐ろしいことじゃないか。文化人たちよ、お願いだから〈文化〉の〈産廃物〉を大量生産する街を
「サブカルの街=下北沢」等と
言ってほしくはないのだよ。
「シアターガイド」という演劇ガイド誌がある。発行編集人の伊藤芳樹とは下北沢で仲良くなった。2005年十月の或る日、その彼から「演劇の人と誌上対談をやってくれ」と電話があって、俺は石田えりを選んだ。最初に彼女の芝居を観たのは87年、松田優作を誘って行った本多劇場の『ブルーストッキングの女たち』だった。その当時の下北沢の連夜に及ぶ風体から侃々諤々話は始まったのだが、石田えりはその後も下北沢の劇場には何回も立っていて、なかなか街に詳しい。街に詳しいということは酒場に詳しいということでもある。俺たちの間には必ず酒が介入した。と言っても酔っぱらうだけではない。席上彼女は「お酒のことを英語で”スピリッツ“って言うでしょ。やっぱり”魂“の部分が出ると想うの。いろいろな感情を増幅させてくれるっていうかな」などと言って芝居と酒を関連ずけて、130種のハーブで醸したリキュール、シャルトリューズのことを喋っているのである。『真情あふれる軽薄さ』とは劇作家清水邦夫の作品だが、人も演劇も酒場も街もそんな空気で包まれでいたような気がしている。軽薄さも重かったのだ。と言って懐かしんで昔話をする暇はない。対談当時の五年前にしても今のように荒んではいなかった。だって対談を終えるや否や、伊コース料理とワインのリストランテを目指したのだから。
  05年に、代沢三丁目まで足を伸ばした東演パラータを加えて、八館あった劇場は今は更に二館増えて十館を数える。それらが一年365日活況を呈しているのは華やかで良いことだろうが、優先順位を〈表現〉より別の物においている精神性が透けて見える。
〈心技体〉が〈金〉で買えれば
一石二鳥ということなのか?

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。