第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 二〇〇六年に、既に世田谷区は下北沢の再開発及び道路建設の事業認可を強行決定していて、法的にはいつでも工事に着手出来る体制になっている。それに対して、開発の見直しと住みやすい文化の街・下北沢の街づくりを提案して、住民や商業者で立ち上げた「シモキタヴォイス」という八月のイベントがある。今年で四回目を迎えるが、二〇〇八年から参加してくれて、企画にも意見を出してくれる平松昭子という下北沢住人のイラストレーターがいる。週刊文春の林真理子のエッセイ「夜更けのなわとび」のさし絵でおなじみだが、連載は二〇〇〇回に届こうかとしている。日舞を嗜み着物好きの楚々とした婦人であるが、「黒い夫婦」や「黒い親子」というオリジナル漫画があるように、毒舌は凄まじく、その破天荒振りとのアンバランスのバランスが愛らしさを醸し出している人とも言える。
 その平松昭子から面白い提案があった。現在のシモキタを作って来た要因になった物語を、店や風景や人を遠い昔から拾い集めて、リレー形式でバトンタッチして繋げていこうという企画だ。その第一号に俺と「レディ・ジェーン」が名指しされた。というより、彼女が出版社に掛け合うためのダミー版と言った方が正しいだろう。数日前にセイブ・ザ・下北沢のメンバーでライターの志田歩に受けたインタビューが文字になって起きて来た。その文字を平松昭子がどんな風な漫画と台詞で料理して出来上げて来るのか、今から待ち遠しい。
 遊び感覚を取り入れて街づくりに親しんでいけば、どんな発想をしてもシモキタをスポイルはしない。元々雑居の文化のひしめき合いなのだから。
 〇五年七月、市民の下北沢シンポジウム実行委員会による〈シモキタらしさの発見〉の催しが、(社)日本建築学会、(社)日本建築家協会の後援で行われた。歌とシンポジウムによる大きな催しは多分このときが初めてではなかったか。次いで十一月、同じタウンホールで「シモキタ解体」のイベントがあった。七月の建築家に依る催しに比して、学生たちが編集出版していたタウン誌ミスアティコ主催だったからか、自由度を広げて外に向けると言うか、ライブに、下北沢のパチンコ屋で生まれた大熊ワタル率いるチンドン音楽ジンタらムータや、地域密着ミュージシャン、パフォーマンスに、路上整体師広田赤ひげや路上漫画弁士東方力丸を呼んだ。トークセッションのパネラーに呼ばれた俺は、学者のパネラーに対して、「下北沢は顕在と潜在、隠匿と有名が同居していて、名を成して去っていく者あれば、身を隠して住んでいる者もいる。双方が可能な街だ。つまり、にぎわいも含めて(自分も含めて)他所からやった来た来街者が作って来た街とも言える。かつて住んでいた萩原朔太郎が、トンネルや闇を多く所有していた街を『猫街』と異名で呼んだり、吉増剛造が〈沢〉だった坂と湿度の街を〈下北忌むべし、不吉な街〉と詩に読んだ程想像力の街でもあった。
シモキタには他所の街には当てはまっても
机上のプロジェクトや論は合わない」
てなことを言った記憶がある。
 「シモキタ解体」のキャプションに依れば、〈「再開発の欲望」を抱くのは誰か?それはどのような経路で街にやった来て棲みつき、変形し、あるいは否定されるのか?〉と謳ったように、生まれた時からの下北っ子と、やや疎んじられている俺みたいな古株のよそ者と、ここ数年の新参者と、それぞれの自己保護の立場が違う連中が同居している。「再開発の欲望」を抱く行政官僚という一番のよそ者が一番強いのは当然だが、そこに向かうには、悲しいかな、なかなか一枚にはなるようでならなくて、夜ごと夜ごとそこかしこ、酒場の暖簾をくぐるのだ。
  そして、その年の十二月、下北沢にある旧来の四つの商店街振興会に見切りを付けて、行動する「下北沢商業者協議会」を立ち上げると、一ヶ月で五百十店舗の賛同加盟をみたのだった。四商店会を合わせて九百店舗という話なら、
くぐってくぐった四〇年分の塵の堆積の功が、
少しはあったのじゃないか、
と思わせる数字ではあった。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。