第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 先月東京ヴォードヴィルショウの公演を観に、新宿・紀伊国屋ホールに行って来た。出し物は、作・演出の中島淳彦が数年前に劇団道学先生の為に書き下ろした『無頼の女房』という作品だった。覚醒剤と睡眠薬と酒の日々を繰り返す坂口安吾の作家生活を、妻の三千代夫人とその周辺の人々を絡めて描いている。錯乱と破天荒振りは舞台だから多少大仰になるが、太宰治や檀一雄等を登場させて、自意識過剰人間の激しい妬み嫉みの応酬合戦は退屈させなかった。中島淳彦は本の素材のヒントを『クラクラ日記』から多く貰ったといっているが、安吾の死後、銀座に文壇バー「クラクラ」を出した三千代夫人が、作家たちとの交流を綴ったエッセイが『クラクラ日記』だった。
 紀伊国屋ホールも舞台も懐かしかった。懐かしさついでに、70年代前半に故相米慎二や根岸吉太郎としょっちゅう襲った居酒屋「鼎」で腹ごしらえをした。昔も今も伝説になった元「蠍座」の横にある。襲ったというのは、金のない俺たちは店のいちばん奥の座敷で蜷局を巻いていた日活のプロデューサーや監督にたかっていたという意味である。「鼎」を出ると必然的にゴールデン街へと足が向き、一軒目は「ガルガンチャー」だった。昔立花隆がやっていたバーで、現在はもう何十年も石橋幸ことタン子がやっている。彼女は長年ロシアの唄を歌う歌手でもあり、何とクレムリン宮殿コンサートに招聘されて、先刻帰国したばっかりだった。店が閉まるという時、「頭脳警察」のパーカッショニストで、タン子の共演者でもある石塚俊明が入って来たので、一緒に「新子」に河岸を変えた。新裕子こと新子は一九六七年、プロ劇団の門戸を叩いた時の俺の同期生だ。今は俳優の外場山文明の店としてゴールデン街の老舗になっている酒場「クラクラ」は、その昔文学少女だった新子が元々出した店だった。当時作家の中井英夫が常連なの、と喜んでいたので、「三千代の『クラクラ』にはほど遠いんじゃないか」と言ってやったら、程なくして外場山文明に譲ってしまった。そんな経緯が有りながら、何を好き好んで六十過ぎでゴールデン街に戻って来るんだよ。ぶらぶら歩きの中毒症状が進化するばかりじゃないか! その「クラクラ」の真ん前に、数年前に出していた店が「唯尼庵」だった。人あしらいと言うか男あしらいが図抜けていた店主の太田喜代子ことキヨの店は、文壇なんてモノじゃない、あらゆる階層各界の多士済々を当時から引き寄せていた。
新子とキヨ20歳、俺22歳、
毎日演劇の秘密作戦を巡らせていた、
あの67年羽田の季節はまぼろしだったのか。
 2005年11月の或る日、友人に誘われて「卯波」と言う小粋な佇まいをした小料理屋に入った。銀座と言っても侘びしさを漂わせる一丁目に建っているのも良かった。そばには小さな赤鳥居があって、ガラス戸の外に小さな床机が置いてあった。奥の小座敷に上がると俳人の石田波郷の句が揮毫された掛け軸が掛かっていたが、残念ながらその句を思い出せない。だが、五十歳の時にこの店の女将になった鈴木真砂女が詠んだ、〈あるときは 舟より高き 卯波かな〉と言う句が気に入って、屋号を「卯波」にしたのだと知った。おまけに、真砂女は若い時に亭主に蒸発されて、妻帯者の恋人を追って家を出奔した後も、恋と俳句に生きて、〇三年に96歳で亡くなったことも知ると、婉然とした真砂女が出てきそうな妄想に囚われて、恥ずかしいやらいい気になるやら、浮き世の半端者は来てはいけないのじゃないかと思えてくるのだ。
   翌日21日の朝だった。そんなぶらぶら歩きの快感を一挙に醒す電話が入った。「キヨが死んだ!」朝起きたら死んでいたのだ。
寝ながら死ぬとは
なんて運のいい奴なんだ。
 翌日、浜田真理子がシアターコクーンで歌っていた。
 ゆかないで わたしをおいてゆかないで
 悲しくて心が はりさけそうだ
 夜空の星も 朝の霧も
 みんな みんなあげるから
 ああ わたしをおいてゆかないで
「のこされし者のうた」
 二日後、通夜を終えると必然的にゴールデン街に足が向き、閉まっている「唯尼庵」の二階の「十月」をまず攻めた後、映画人の溜まり場「ジュテ」へと、ベンジャミンのようにブラブラ歩きは止まらない。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。