第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
  8月30日の昼過ぎ、居間のソファーで目が覚めた。ひっくり返って寝たのは確かみたいだが、何時に帰ったか、前の晩は鍵も持ってなかったからどうやって家に入ったのか覚えが無い。何軒も下北沢の飲み屋を回って、連れに二人掛かりでタクシーに押し込まれたのは憶えている。一分で我が家に着いては運転手の労働者に申し訳ないではないか。余計なことをするんじゃない。黒田征太郎の描いた絵を整理した手が絵の具だらけだったのに綺麗に落ちている。ということはシャワーも浴びたと言うことだ???
  28日と29日の二日間、「シモキタヴォイス」のイベントを終えた。筆者が代表を務める「下北沢商業者協議会」が中心となって立ち上げたイベントだが、国と都と世田谷区の行政が、地元住民や個人経営者の意見や声を無視して、強引に進める再開発計画に対して中止を求める文化活動という本質を持っている。毎夏第四回目の今年のタイトルを「SHIMOKITA IS DEAD?」にした。工事はまだでも、再開発を見込んで家賃は高騰して個人経営者は苦しんでチェーン店だらけになりつつある現象に杭を打たねばと言う思いだ。新ビルは空室だらけでシモキタらしさが死んでいってるのだ。下北沢を歩いたことも無い役人が勝手に街を作り替えて、アメリカの州境かのように定規で線引きをしようとすることへ鉄槌を喰らわしたい。
消防車が入れない等と
防災上の理由しか言えない仮面の下の魂胆は、
もうほとんど見えているのに剥がさない。
 一日目はシンポジウム。「人が生きる街は曲がってなければだめで、直線の街作りなんてあり得ない」と、「下北沢X線物語」を著した北沢川文化遺産保存の会のきむらけんが口火を切った。立川談四楼は「開発に反対している集会に出るんだって?」とお偉いさんに言われたといって、来るなら来いとモチベーションを高めた。江戸学で著名な田中優子社会学教授は、ペシャワール会会長の中村哲との話として、アフガンの町の復興は江戸の庶民が手作りでした普請を手本にしているのだと言って、大火の後の江戸は灯りも水も無かったと相似点を指摘して、下北沢の街に当てはめれば、評論家の佐高信は「高層化すれば、コンビニやサラ金、巨大化した銀行が必ずや一等地を占拠して」顔の無い町になると警告した。実行委員でもあるイラストレーターの平松昭子は「折角憧れの下北沢に来て家まで建てたのに、変な町に変わるのは許せない」と個人の立場から主張した。地元の和気優は本来のミュージシャンの活動とは別個に、自ら農業で収穫した米と野菜を提供する店をやれるのは下北沢の場所だからだと縁を大事にした。やはり地元のミュージシャンのもりばやしみほは、別の専門領域の風水学から、非常に良い環境の街だけど行き止まりの路地は吹きだまりを生んで、でもそれがシモキタらしさの雑居の街になっているとした。「道路整備事業の大罪」の著者で服部圭郎明治学院大学准教授は「街作りが自然に出来ている。理想の街を壊すことは外国から見たら考えられない」と、言を強めた。四時間に及んだトークのマラソン・セッションの司会を務めたのは、実行委員で「まもれシモキタ行政訴訟の会」の原告弁護団の事務局長の石本伸晃だった。もう一人いた。中休憩の十五分だったが、下北沢の路上で漫画を絶唱朗読している漫読家の東方力丸のネタは、八十年の頃のシモキタ風俗を描いたたなか亜希夫の漫画「下北沢フォービート・ソルジャー」だった。当時の下北沢の光景がふんだんに出てくるのだが、登場人物たちが集まる溜まり場がジャズバー「レディ・エラ」だったのは、中間の心を揉みほぐすには十分な笑いだったはずだ。そして翌日のライブ・イベントは、十倍熱くなった。
 人は生まれた時から死に向かっているのだから、間にある生とどう対処して行くのかと言うことではある。しかし、百何歳の祖父母を荼毘にも付さないで、隙だらけの役所役人を騙して、年金をもらい続けることを選択する八十何歳の子供の了見が判らない。壊れた心、壊れた血、壊れた家族、壊れた街……
思いを未来へ伝承や継続していくには、
一日ぐらいは頭が壊れることもあるよ。

2005年12月27日、510店舗の賛同店を得て「下北沢商業者協議会」は動き始めた。それが総てだった。是か非かなんて今は分からない。

 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。