第185話 『言うなかれ、君よ、別れを』と言って、人は逝くのか(10.10.3)
第184話 <ヴァーチカル・ドラム>にシモキタが一ミリ動いた。(10.10.3)
第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 2006年3月2日、演出家で作家だった久世光彦が心不全で死んだ。リリー・フランキー原作『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン』の特別ドラマの演出をする予定を前にして逝った。私事を言えば、その年明けはバンドネオン奏者の小川紀美代のCD『タンゴロイド』の制作とライブ・ツアー、映画『世界はときどき美しい』(御法川修監督)のサウンドトラック版CDの制作、映画館「シネマアートン下北沢」の脚本家・荒井晴彦特集に続く初笑い喜劇特集、勿論前号で触れた立ち上げたばかりの下北沢商業者協議会の行動方針決定とマスコミ対応が、下北沢四商店会二町会の会長名で何と開発推進の要望書を区長に提出するという暴挙の中で急がれ、「レディ・ジェーン」の継続こそ力のライブと共に怒濤のように押し寄せて来た中での突然の訃報だった。西麻布から乗ったタクシーで知った。1月には同い年のピアニスト・本田竹広と世話になった音響技師の川崎克己を失っていた。二月には靴デザイナーの高田喜佐も胆管癌で逝ってしまった。
 その年だったと思う。互いに歌や演技や考え方や生き方に同調した、歌手・ピアニストの浜田真理子と女優の小泉今日子が共演したステージがあって、終演後、久世光彦が残した昭和歌謡にまつわるエッセイ集『マイ・ラスト・ソング〜あなたは最後に何を聴きたいか』の世界を、
何とか伝えていければ良いね
という二人の話しがあって、
それが実現したのが08年11月の世田谷パブリックシアターだった。膨大な量の曲とエッセイから選んで構成した歌と朗読が、久世光彦の世界と二人の身体表現を通して、五体の毛孔に湧水のように入ってきた。そして翌09年9月世田谷文学館が「久世光彦・時を呼ぶ声」企画展を催した時、俺自身が広島で立ち上げていた連続企画「川の町でミーティング」と名付けた〈お話しとライブ〉に是非取り入れたいと思って、構成・演出の佐藤剛と制作の市川重樹の快諾をもらい同年12月9日実現したのだった。
「川の町・・・」は元より広島の空や山や人に関わり提案する方向性で考えていたので、「昔、久世光彦は広島が生んだひとりの詩人と出会った」というリード文を付けて、『言うなかれ、君よ別れを/マイ・ラスト・ソング』とタイトルを変更して台本も一部改訂した。何が広島に寄り添ったのかと言うと、一人の詩人とは大木惇夫と言う無名に近い人だったが、久世光彦が自身のエッセイに何回も執拗に取り上げているのを、著書で知っていた俺には広島でその絆を披瀝することは必然だった。その詩『戦友別盃の歌』が取り上げられたのを初めて知ったのは、山口瞳の小説「江分利満氏の優雅な生活」だったが、岡本喜八監督で映画化もされた。久世光彦は森繁久彌に教えられてからも、ことあるごとに諳で朗唱する姿を見たという。かって久米宏の番組「ニュースステーション」で、何処か庭園に設えた〈最後の晩餐〉の森繁久彌が、星空に向けて嘆き詠じていたのはいつの頃だったろうか。
 去年出た宮本輝の小説に「骸骨ビルの庭・上下」がある。つい三週間ほど前に偶然知り合いに見せられた。不動産屋に再就職した中年の八木沢は、大阪の十三にある骸骨ビルの住人を立ち退かせるためにやってくる。戦後孤児を育てた骸骨ビルと住人はいまでも強い絆で結ばれていて命の一切がそこにある。次第に再生の世界に惹きいられていった八木沢はビルの所有者で南方戦線帰りの育ての親阿部轍正という救世主がいたことを知る。小説は元孤児が語る阿部轍正の話の八木沢の聞き書きになっている。
「…南方戦線へ赴く船に乗ったとき…だが多くの軍歌よりも、幾百万の兵士たちが口ずさんだ詩がある。昭和17年に大木惇夫という詩人が発表した『戦友別盃の歌』だ。…ぼくはいまでも一字一句誤たずそらんじることが出来る。〈言うなかれ、君よ、わかれを/世の常を、また生き死にを/海ばらのはるけき果てに/今や、はた何をか言わん…〉」と続く下りがあって一瞬止まった。
『言うなかれ、君よ、別れを』は『戦友別盃の歌』の冒頭の詩であり、久世光彦の九六年のドラマのタイトルでもあった。実はこの11月25日、京都同志社大学・寒梅館で広島の再演をすることになっているのだが、
紅葉に誘われても良し、
宮本輝さん、お越しになりませんか。


 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。