第188話 聞こえるや、『十九の春』のうめき声。(11.3.30)
第188話 『般若心経』をゴラン高原に響かせてみたい(11.1.10)
第187話 満月を盃にくだきて、暫し、酔ひて勢えよ(11.1.10)
第186話 『ふるさと 』の青森に<木鶏>を尋ねる(10.12.3)
第185話 『言うなかれ、君よ、別れを』と言って、人は逝くのか(10.11.15)
第184話 <ヴァーチカル・ドラム>にシモキタが一ミリ動いた。(10.10.3)
第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 今日3月1日の朝刊に、「タイガーマスク基金」が発足したという記事があった。昨年暮れからの“ランドセルの贈り物”の〈善意の現象〉を受けた某NPO法人の支援らしい。良いことなのかもしれない、嫌いだけど。二月の東京新聞のコラムに作家の出久根達郎が幸田露伴の「努力論」を取り上げていた。荷を満載した車が坂道を必死に上っていたら、一人の学生が後ろを押してやった。すると連れの学生が「止めろよ、陰徳家」と冷やかすと、手を離された車は坂を下り、学生二人は談笑しながら坂を上っていった、という話だった。陰徳家とは明治の時代学生に流行った「表だたず恩を施す人」らしい。出久根達郎は「露伴が怒ったのは、人の善意をからかう卑しい精神だった」と言っていた。では〈恩を施し〉て手を離した学生はどうなのだろうか?
 やはり東京新聞に評論家の呉智英の、タイガーマスクの〈善意の連鎖反応〉の現象から連想した「善意という欲望」と題した随筆があった。「荘子は『万物斉同』を説いた」と言って、すべて同じと言っても荘子が他者と違う所は「万物斉同であるから理想主義にさえも価値を認めない」ことから考えを拡げて、理想もまた欲望であるとして、〈善意という欲望〉に言及していた。彼の言うように、児童養護も地震洪水援助も新興宗教の勧誘も善意という欲望な訳で、〈善意という欲望〉にとって多大なゴミという不用品は考慮外なのだ。そればかりか、海外だと大抵利権側の強奪がつきまとっている。そして「人間社会は、悪意の欲望を制御する術を少しづつ積み重ねて来た。道徳であり法律であり教育である。しかし、善意の欲望を制御する術は、必ずしも積み重ねては来なかった。その隙間に今度の“快事件”が起きたような気がする」と結んでいた。
 2月21日、ドラマとドキュメンタリーを混在させたTBSの「シリーズ激動の昭和」の四作目、『総理の密使〜各密約42年目の真実』が放映された。外務省が一貫として否定して来た沖縄返還に絡む核密約や米軍基地建設費の国費負担などが暴露された。「密約」を知っていたのはニクソン大統領、キッシンジャー特別補佐官、佐藤栄作総理、若泉敬国際政治学者のたった四人だった。94年、若泉の著書で密約が明らかになったように、ドラマは主人公若泉の信念から苦悩に変わりゆく姿を描きつつ史実に迫る訳だが、公約した手前総理の座が危ないと判断した佐藤が、制御出来ない〈善意の欲望〉を行使した沖縄返還の、一ヶ月前の72年4月14日、パスポートを偽造してまでも演劇の上演という形で那覇に乗り込んだ身としては、証拠は無いが核密約等は当時から沖縄青年同盟に尋ねるまでもなくバレバレだったし、ノーベル平和賞を前年に受賞したキッシンジャーの推薦あって、74年、〈非核三原則を提唱した〉とされた佐藤に同賞が贈られた時など、何とした思いでニュースを聴けば良かったのか。ノーベル賞委員会は01年、「最大の誤りだった」と陳謝した。
何たる三文芝居、俺たちの芝居に
芝居で挑戦して来たとは!
と呆れるばかり。TBS『総理の密使』は視聴率が四%だったと、ドラマの演出家だった北川雅一は嘆いている。ドラマは良く出来ていた。こうした数字に表れる民意こそ情けない。文化として情けないと言っているのだ。不味い食い物番組だらけのTVを見て楽しんでいる君に言っているのだ。嗚呼『十九の春』がうめいているよ。
 2006年5月23日、下北沢駅周辺地区地区計画について、世田谷区都市計画審議会が開かれた。傀儡に近い危うい審議会対策を練る。26日、都市計画法第十六条に基ずく地区計画原案説明会が、質問を受け付けない区の強行進行の形で下北沢タウンホールで開かれた。6月7日、区長室長から「区長が会っても良い」という電話があって、6月15日! 要望書と数台のカメラ隊を抱えて区長の熊本哲之に面談を果たした。予測通り無しか生まない面談に終わる。といった行動がその年も続いていた。
 今、統一地方選挙を控えていて、選挙結果で下北沢の再開発に影響することは有るだろう。文化戦線をやっているだけでも唾棄すべき政治が関与するのはそこなんだよね。だから菅さん、官僚の〈悪意の欲望〉も知らないで、首相になっても「市民運動的な体質、性格が抜けない」と反省している位だったら早く退めれば良いのに。
島や街や人は善意でもなく
悪意でもなく
欲望の対象じゃないだろう。
近く感じるのが好きだと分かった。


 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。