第191話 巨人の『怪談・牡丹灯籠』を下北沢で続ける(11.5.11)
第190話 『原爆許すまじ』の歌、歌えますか?(11.3.30)
第189話 聞こえるや、『十九の春』のうめき声。(11.3.30)
第188話 『般若心経』をゴラン高原に響かせてみたい(11.1.10)
第187話 満月を盃にくだきて、暫し、酔ひて勢えよ(11.1.10)
第186話 『ふるさと 』の青森に<木鶏>を尋ねる(10.12.3)
第185話 『言うなかれ、君よ、別れを』と言って、人は逝くのか(10.11.15)
第184話 <ヴァーチカル・ドラム>にシモキタが一ミリ動いた。(10.10.3)
第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 先々月の3月8日、出版社スイッチの新井敏記から「立川志の輔さんから指定があったので『レディ・ジェーン』を取材で使わせて欲しい」旨の電話があった。雑誌「スイッチ」誌上で〈東京の地図・町とどう付き合うか〉みたいな特集が組まれ、複数の著名人の内立川志の輔は下北沢を選んだらしい。三日後の地震、津波、原発とその影響は、直接的な地域は勿論、間接的にも日本列島の地図を認識的思念的に変えてしまったので、どうなったのだろうかと思っている。本来、人が住んだり遊んだりする町は、自分の町を探して女や男や酒場や劇場に出会う時、又は代々継いで来た場と仕事を守る時、
経済インフラやアメニティに偏るばかりでなく
文化や情操が重要なのは当たり前だろう。
 2006年6月19日、本多劇場で志の輔落語があった。前年は文楽と落語を合体させたりと、毎年毎年やっていたのだが、その年に挑戦した演目は『怪談・牡丹灯籠』だった。『怪談・牡丹灯籠』とは、美男の浪人萩原新三郎にひとめぼれした旗本飯島平左衛門の娘お露が恋煩いで死んでしまい、共に幽霊になった女中のお米をともない、カランコロンと下駄の音を立てて新三郎の家にやって来る〈怪談噺〉が通り一遍の筈だったが、それは長大な『怪談・牡丹灯籠』のごく一部に過ぎない。文久元年、三遊亭圓朝が弱冠二十三歳の時に創作した『怪談・牡丹灯籠』は、明治になって本人が高座で喋った言葉が速記本として出版された第一号だ。明治の文豪たちに影響を与えた速記本は、二葉亭四迷に言文一致体の『浮雲』を書かせたり、国会開設の速記術と関連していてとんでもない売れ行きだったそうだ。
 平左衛門は酒に酔った浪人・黒川孝蔵を斬る。妻はお露を産んで他界、女中だったお国は妾になるも隣家の旗本次男・源次郎を籠絡して義理の娘のお露は別居、そして平左衛門は新たな家来・孝助が孝蔵の息子だと知る。やがてお露は焦がれ死に、新三郎はお札を張って戸締まりするが、下男・伴蔵とお峰はお露に百両もらってお札を剥がし新三郎の命を奪う。逃亡先の栗橋宿で荒物屋を営み大店になった伴蔵と、やはり平左衛門を斬ったが深手を負って逃亡中の源次郎と姦婦・お国。杓婦になって栗橋宿にいたお国を金で買った伴蔵は女房のお峰を殺す。そして孝助も必死で主君の仇を追っていた……と駆け足するとざっとこんな筋立てだ。初演は見逃したが、大西信行が文学座のために書いた舞台は八五年頃観た。伴蔵とお峰を主役にして、源次郎とお国ともども男女が欲望のために悪事を重ねて無惨な最後を遂げる。お露と新三郎の怪談の死も怖いが、生者が悪に変容して行く圓朝のダイナミックなミステリーと、人間の業を恐ろしく描き出していた。大西戯曲は歌舞伎にも引き継がれている。
 07年の雑誌「東京人」の圓朝特集で、矢野誠一が「もう四十年はむかしの話だ」といって「東横落語会で、上中下と三人の演者がリレーで演じたことがある。『飯島平左衛門』を古今亭志ん生、『お札はがし』を八代目林家正蔵、『栗橋』が三遊亭圓生で……」と言っているくらいの難題だ。圓朝はその昔自らが〈十五夜掛けて噺を終えた〉とあるほどの〈怪談噺〉を越えた〈人情噺〉だ。志の輔はどうしたか? まず一部は舞台に大看板を立てて数十人の相関図をスタンダップ・コメディで説明、六十分掛けても全貌の半分くらいの説明で止どめて休憩後高座に入る。90分の『志の輔・牡丹灯籠』の始まりだった。全貌を90分に詰める訳だから端折っているのだ。端折っているから噺の筋はバラバラで繋がらない。と思っていると、一部の説明がバシバシと効き目を現して、孝助を主人公にした、親の仇討ちから主君だった平左衛門の仇討ちへと情愛を通す潔さと、最後に現れる実の母との運命の糸は糾えるように因縁生起の噺の幹に絡んで行くのだった。
 06年以降去年迄毎年『怪談・牡丹灯籠』を志の輔はやってきた筈だが、この「志の輔らくご in 下北沢」でしかやってない。それは下北沢での高座を特化しようとしている志の輔のこだわりじゃないかと思っている。八三年高年齢で入門したものの、いきなり立川談志は落語協会を脱会。寄席に出られなくなり、知人の紹介で当時一番小さな「ロングランシアター(現オフオフシアター)」の芝居が終わった二十二時高座で一年間修行したという逸話を知っているからだ。
そうやって志の輔にとって下北沢はある。


 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。