第194話 敗北した時は『見上げてごらん夜の星を』(11.8.10)
第193話 東京でいつか観た<ナシ族歌舞>と<東巴文字>(11.7.19)
第192話 『想いの届く日』をレコーディングしていた頃(11.6.10)
第191話 巨人の『怪談・牡丹灯籠』を下北沢で続ける(11.5.11)
第190話 『原爆許すまじ』の歌、歌えますか?(11.3.30)
第189話 聞こえるや、『十九の春』のうめき声。(11.3.30)
第188話 『般若心経』をゴラン高原に響かせてみたい(11.1.10)
第187話 満月を盃にくだきて、暫し、酔ひて勢えよ(11.1.10)
第186話 『ふるさと 』の青森に<木鶏>を尋ねる(10.12.3)
第185話 『言うなかれ、君よ、別れを』と言って、人は逝くのか(10.11.15)
第184話 <ヴァーチカル・ドラム>にシモキタが一ミリ動いた。(10.10.3)
第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 来る八月二十七日、二十八日、又また「シモキタ・ヴォイス二〇一一」を迎える月がやって来た。今年で五回目だ。この五年間の夏は「シモキタ・ヴォイス」イベントに掛かりっきりだった印象がある。それでもつい先日の七月二十九日に立川談四楼師匠の「出版記念&還暦祝い」に行って来た。上梓した本は“飲まずにいられるか!”「落語家のやけ酒、祝い酒」という題名、そこで高座は、粗暴、荒くれの巨体の駱駝と言われた男と酒が絡む『らくだ』だった。師匠には昨年はシンポジウムのパネリストで出てもらい、今年は<落語も出来る作家>が面目躍如する高座で出てもらう。<下北沢の街を根底から揺るがす大規模な道路建設計画>の見直しを基本テーマにしている文化イベントだ。今年は特に三・一一が引き起こした大災害下の原発開発に繋がっている。どんな黒い笑いが待ってるのだろうか?ちなみに二日間のシンポジウムとライブの他の出演者、宮台真司、坂手洋二、清野由美、服部圭郎、柏雅康に保坂展人世田谷区長、おおたか静流、大熊ワタル、近藤達郎、テニスコーツに大友良英といった面々も、心を晒した過激な思いで待っている。
 二〇〇五年の十二月、下北沢の区域で別れている既成の四商店街振興組合に抗して、全域から五百十一店の賛同を得て「補助54号線の見直しを求める下北沢商業者協議会」を立ち上げた。四商店街を合わせた商店街連合会の九百余店の内、同時加盟した百十店を含む五百十一店の集中援護から、文化運動の見通しとやる気をもらった俺たちは翌〇六年初頭から行動を起こした。一月十八日、ライブハウス「シェルター」で記者会見とジンタらムータのライブを開いて、区庁舎までサウンド・デモを行い、区長室で面会と要望書受け取りを迫ったがともに見送られた。三月二十一日、「セイブ・ザ・下北沢」が「クラブ251」で渋さ知らズのライブ後、下北沢をサウンド・パレード。四月九日、「下北沢フォーラム」が都市計画専門家によるワークショップを大々的に開催、地区計画代替案を発表。五月二十六日、世田谷区は「下北沢駅周辺地区地区計画原案」を怒号と紛糾の内に一方的に強行、説明会の成立を宣言した。六月十五日、地権者としてご都合的に認められた「商業者協議会」は、熊本世田谷区長と面談を実現したが、約束した要望書の回答は拒否にあい表層的パフォーマンスに終わる。九月二十三日、計画道路予定地の聖ヨハネ世田谷教会で、ライブとキャンドル・ジュンによるキャンドルライト・イベント後、キャンドルを手に手に下北沢を抗議行動する。十月十七日、「下北インシスト」イベントを行う。「クラブ251」で渋さ知らズ、ソウルフラワー・ユニオンの中川敬等のライブ後、区庁舎へサウンド・パレード。翌日に向けての抗議行動だったが、翌十八日、趙高層化を可能にする「地区計画」を決める「世田谷区都市計画審議会」の開催直前の朝、区から「補助54号線」の申請を受けていた東京都は事業認可を下した。如何にも小汚いやり方だが、そんな官僚が賛成のひな形を配布した犯罪をやっても、反対が六〇%もあったにもかかわらず、元より腰砕けの「都市計画審議会」は「地区計画」を承認した。二日前に俺が暴風雨の中事実説明に会いに行った時、「そうでしたか、意見誘導の不正と共に止める覚悟で臨みます」と言ったはずの会長、東郷尚武の「公平性、公正性の点で問題があったが、苦渋の選択でした」なる言葉が嘘臭く新聞に載った。
 ヴィム・ベンダースや坂本龍一の応援メッセージも虚しく、これで終わりかという思いを強くした。とは言え、<運動なんか負けるためにやってんだ>と言う認識論的帰結が俺にはある。そんな空気感の中、新たに生まれた市民運動が、百人を超える原告団で組織された、国と都と区を被告に法廷に挑んだ「まもれシモキタ!行政訴訟の会」だ。十一月三十日、第一回口頭弁論が地裁103号大法廷で開廷された。
 行政が計画した都市計画は法律的には総て認可された〇六年が暮れようとする頃、写真家荒木経惟に消え行く下北沢を撮り下ろしてもらうこと、シモキタマップを作ることを考えていた。それが翌年の「シモキタヴォイス」の立ち上げになり、今日に続く継続された文化運動であれば、〇六年の敗北の連続は敗北ではなかったといえるだろう。文化が政治や経済に拝跪しているなどと誰にも言わせない。




 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。