第198話 蠅男は『紙風船』と朝日の中に昇天する(11.12.16)
第197話 キジムナ又はラッコと『あのころ』(11.11.16)
第196話 あの夜が今よみがえる『YUSAKU MUSIC NOTE』(11.10.12)
第195話 人の縁も軽口も、人生は『ブーメランのように』(11.9.9)
第194話 敗北した時は『見上げてごらん夜の星を』(11.8.10)
第193話 東京でいつか観た<ナシ族歌舞>と<東巴文字>(11.7.19)
第192話 『想いの届く日』をレコーディングしていた頃(11.6.10)
第191話 巨人の『怪談・牡丹灯籠』を下北沢で続ける(11.5.11)
第190話 『原爆許すまじ』の歌、歌えますか?(11.3.30)
第189話 聞こえるや、『十九の春』のうめき声。(11.3.30)
第188話 『般若心経』をゴラン高原に響かせてみたい(11.1.10)
第187話 満月を盃にくだきて、暫し、酔ひて勢えよ(11.1.10)
第186話 『ふるさと 』の青森に<木鶏>を尋ねる(10.12.3)
第185話 『言うなかれ、君よ、別れを』と言って、人は逝くのか(10.11.15)
第184話 <ヴァーチカル・ドラム>にシモキタが一ミリ動いた。(10.10.3)
第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
11後に突然発生した日本的倫理の蔓延は、1945年8月十15日と同じだと思う間もなく、それも何処かの空へ消え行こうとしているようだ。人災の原発も「脱・脱原発」の傾向さえある。以前から思っている持論の〈熱し易くて冷め易い、ガラスで出来ている日本人の神経構造〉を改めて恨めしく思う。九月、いわき市の新舞子近くの崩壊したビーチ・レストランの瓦礫の中に、笠井紀美子やミルバのLPレコードを見つけた無惨を思い出した。
 前号、前々号で『YUSAKU MUSIC NOTE』に触れたが、その2006年秋にもうひとつのCD制作作業をやっていた。御法川修監督の映画『世界はときどき美しい』は春には出来上がっていたが、監督が執念深く編集作業を延々やる中、音楽監督の俺は中々作業がはかどらずにいたが、10月になってやっと音楽を最終的に入れ終えた。映画が秋の東京国際映画祭に80本から絞り込まれ、10本の「日本映画・ある視点」部門に選ばれて、10月21日から映画祭上映が決まったからだ。その効果もあって翌春に渋谷のユーロスペースで封切りも決まっていた。新人監督としては中々やるじゃないかということだった。
 映画は<たいせつな人へ贈る花束のように、五つの映像詩を集めた珠玉の掌扁集。>とリードに謳っているように、第一章のタイトル・チューンの『世界はときどき美しい』は、四十歳を目前にしたヌードモデル(松田美由紀)は、肉体の衰えを感じて命に対して慎み深くなって行く。そしてカフェに飾ってある自分がモデルの絵を見て「あなたが描かせたんですよ」と言われた画家の言葉を思い出す。第三章は『彼女の好きな孤独』。又セックスが終わって、自動販売機で缶コーヒーを買って飲む。アリアを聴きながら、今日も甘いコーヒーを飲んでしまう自分(片山瞳)への疑問。第四章は『スナフキン リバティ』。宇宙と自分との繋がりを探そうとする男(松田龍平)の生への不安が自由を求める。第五章は『生きるためのいくつかの理由』。亡き父親の墓参りに暫く振りに実家に帰った旅行代理店で働く女(市川実日子)は、衰え行く一人暮らしの母の孤独に思いやる。作り手である監督のまなざしは、慎ましく生きる主人公たちの視点に寄り添っていて、さりげない日常にあって、人が生きるということは何かを、小さな命に寄り添って、道端の雑草に、宇宙の記憶の天文台に、母の孤独な老いに寄り添って、「森の中の一本の木がおまえだ。それをさがす」心の旅を綴るモノローグ・ドラマになっている。
期せずして、今覆われている社会に
生きる人々に問う映画とも言える。

 当然挿入する音楽もそこをいたわるような物でないとまずいのだが、哀しいときは哀しみの、楽しいときは楽しみの音で説明する、良くあるパターンはまず排除することだった。特に音が活躍したのが異質の第二章の『バーフライ』だった。大阪のミナミの酒場を毎夜飲み歩く中年の蠅男(柄本明)は、サンドイッチマンで稼いだ金を総て酒につぎ込む泥酔い人生。タイトルバックに流れるのはまず『疲れた太陽』。N・ミハルコフの名作『疲れた太陽』でも流れたペテルブルグスキー作曲の哀愁のロシアン・タンゴで、クラリネットの大熊ワタルとアコーディオンの佐藤芳明の録り下ろしだ。立ち呑み屋で仲間と飲むシーンでは、故篠田昌已が下北沢の路上のチンドン音楽から学んだ傑作アルバム『東京チンドン』から長谷川宣伝社と演奏した『竹に雀』が泣ける。バーの店内で流れるガルデルのタンゴの名曲『想いの届く日』は、バンドネオンの小川紀美代、ギターの宮野弘紀、ベースの吉野弘志の録り下ろしだった。
<目を閉じて気を失えば明日になっている>。

最後、工事現場で目を覚まして立ちションをすると、井野信義作曲の『紙風船』が流れて朝日が差し込む。小便は路地を流れて道頓堀川へ注ぎ、大阪湾に届く頃はレスター・ボウイのトランペットに送られて、蠅男は神々しく光の中へ昇天した。有終が美しかった。
 ところが12月になって、プロデューサーだった本多徹至が、サントラ版の販売元を見つけてきて出そうということになった。CDにはCDの時間がある。映画に挿入した数曲をカットして二曲を録り直すことにした。ちょっと褒めるとこれだ、金はあるのか?! ミュージシャンの認可は誰がする? 年が明けないじゃないか! と思ったが、作ることは良いことかもしれなかった。
 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。