第203話 「ザ・クレードル」のまぼろしを巡りながら(12.5.10)
第202話 『SONG NEVER SANG』を、今一度響かせたい(12.4.12)
第201話 人間の第七官に響くやうな詩を書いてやりませう。(12.3.27)
第200話 しみったれたノスタルジーから『あゆむ街』へ=『ウイ・インシスト!』(12.2.20)
第199話 瀬戸内に揺れる<邯鄲の夢>か『音戸の舟歌』(12.1.19)
第198話 蠅男は『紙風船』と朝日の中に昇天する(11.12.16)
第197話 キジムナ又はラッコと『あのころ』(11.11.16)
第196話 あの夜が今よみがえる『YUSAKU MUSIC NOTE』(11.10.12)
第195話 人の縁も軽口も、人生は『ブーメランのように』(11.9.9)
第194話 敗北した時は『見上げてごらん夜の星を』(11.8.10)
第193話 東京でいつか観た<ナシ族歌舞>と<東巴文字>(11.7.19)
第192話 『想いの届く日』をレコーディングしていた頃(11.6.10)
第191話 巨人の『怪談・牡丹灯籠』を下北沢で続ける(11.5.11)
第190話 『原爆許すまじ』の歌、歌えますか?(11.3.30)
第189話 聞こえるや、『十九の春』のうめき声。(11.3.30)
第188話 『般若心経』をゴラン高原に響かせてみたい(11.1.10)
第187話 満月を盃にくだきて、暫し、酔ひて勢えよ(11.1.10)
第186話 『ふるさと 』の青森に<木鶏>を尋ねる(10.12.3)
第185話 『言うなかれ、君よ、別れを』と言って、人は逝くのか(10.11.15)
第184話 <ヴァーチカル・ドラム>にシモキタが一ミリ動いた。(10.10.3)
第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 4月28日の夜遅く、常連客の甲斐よしひろ一行が20人近くでドドーッと「レデイ・ジェーン」に押し寄せた。「そうだ、数日前に言っていた新国立劇場の『プラチナライブ2012』の初日だった」と思い出し、バレエやオペラの劇場でロックのステージとは如何なるミスマッチだったのか興味深かったが、自分の企画が追い込みに入っていて元々行ける時間はなかった。その甲斐よしひろにいきなり「『ザ・クレードル』にはどういうきっかけで行くようになったのか」と尋ねたら、何突拍子もないこと訊くんだといった顔つきになりながら、「龍に連れて行かれたのが最初だった」と言って、七〇年代の終りだったらしい。龍とは当然村上龍のことで、「クレードル」とは、星条旗通りの麻布龍土町にあった知る人ぞ知る伝説の酒場空間のことだ。
 初めて行ったのは1985年の初夏、俺の方がぜんぜん遅いじゃないか! 渡辺貞夫のFM番組ブラバス倶楽部で、ゴールデンパロミノスをガンガン流していた頃だ。27年に建った江東区佐賀町の食糧ビルの三階にあった「佐賀町エキジビットスペース」は、ディレクターの小池一子が主宰していた実験に満ちた美術のオルタナティーブ空間だった。杉本貴志の「スーパーポテト」が改装したアーチ型窓、五mの天井高の空間は温故知新の異空間だった。そこでヴァイオリンの篠崎正嗣、竜笛の劉宏軍、キーボードの中富(名は失念)、パーカッションのYAS-KAZという四人組「風雅頌」の仕掛けのあるコンサートは、空間デザイン内田繁、アートディレクター長友啓典、絵黒田征太郎、タイトル&コピー日暮真三、プロデューサー本木昭子という布陣だったのが、如何にも<何処にもない場>の「佐賀町エキジビットスペース」に似合っていた。そこの帰りだったと思う。「ロマーニッシェス・カフェ」の内装デザインを秋に予定していた内田繁と、編集会社「ぐるーぷ・ぱあめ」の故礒貝浩、カフェバー「レトルト」をやっていた渡辺政子に連れられて行った薄い記憶がある。
 2007年の6月になっていた。或る日一通の手紙を受け取った。開けてみると「ザ・クレードル」の店主の椎名たか子大姉からだった。読むと若い頃から親しくしていた故水上勉の誘いを受けて、信州小諸は浅間山の麓に一人移り住むことにした。7月14日で締めるから最後に飲みに来いというご挨拶だった。1971年から36年間、たか子嬢は73歳になっていた。文面に「折あらば店をサボり」という件りがあった通り、先の店を西麻布テレ朝通りに出してからは、互いに店を行き来して酒を浴びた。たか子嬢は加減というものを知らないから、最後は足元が妖しくなった彼女を送って行こうと俺がすると、“そうか”と言って店住一体のクレードル(ゆりかご)に向かうのだが、必ず途中の酒場の扉を開けてしまうのだ。足元は妖しくても頭は毅然としているから怖いと言うか楽しくなる。一番傑作だったのは、ぴあの矢内廣、作曲家の三枝成彰、評論家の立川直樹、日暮真三等と修善寺の浅羽旅館に鈴木忠志の『リア王』を観に出かけた時のこと。観劇後宴会が始まり、酒もたっぷり入った夜中、宿の露天風呂に浸かっていた時、近くの狩野川の真ん中に屋根だけあって丸見えの温泉が川底から吹き出している。そこへ行った。するとたか子嬢がすぐ後から入ってきた。スッポンポンで熟年男女が二人、かすかな月明かりだけの深夜の川の中の温泉に浸っている光景はなかなか無いだろう。
ところが、たか子嬢の後にくっついて来たらしい
男子部にすぐかき回されたけれどね。
<独鈷の湯>事件のことである。

 7月5日、内田繁の紫綬褒章の祝いが泉ガーデンであった夜、帰り際に出会った監督の三枝健起を誘って「クレードル」に顔を出した。翌週も「ホワイト」のママだったミーコこと故宮崎三枝子と石田えりを誘って行った。店内は賑わっていて顔なじみが多くいた。店内の壁や天井には古き佳きポスターが、戦前ドイツで上演された昔の演劇ポスターやらである。たか子嬢の父は青山三郎という無声映画からトーキーになる黎明期の監督で、『金色夜叉』や『都会の舟歌』には、当時圧倒的なスターだった鈴木伝明や山田五十鈴が主演した。
そんな<何処にもない場所>が東京から消えた。

甲斐よしひろが「俺も二回行ったよ」と言いつつ俺に言った。「壁に掛かってたあの『ナポレオン』のポスター、あれ今家にあるよ」・・・黙れ!
 
 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。