第217話 逢魔が時は夕方とは限らない(13.07.08)
第216話 花や鳥や風や月は謳い、では人は何を詠うのか(13.06.04)
第215話 『最後のニュース』のあなたとあなたとあなた(13.05.04)
第214話 西行に倣い、桜に葬られて(13.04.04)
第213話 『BEETLE』は止まり場を求めて(13.03.04)
第212話 2008年は「春のめざめ」だった(13.02.18)
第211話 『音戸の舟歌』で巳年を迎える(13.01.08)
第210話 歳末に<引かれもん小唄>を歌いたくはないが。(12.12.12)
第209話 『平家物語』の舞台は東北だった(12.11.12)
第208話 “宮さん、宮さん”を今さら歌えといわれても(12.10.12)
第207話 『朗読とジャズのシモキタ・ジャンクション』の馴れ初め(12.9.12)
第206話 今年の『シモキタヴォイス』も始まりは2007年だった(12.8.8)
第205話 昭和の歌『月がとっても青いから』>(12.7.8)
第204話 雨中行軍する<ライカで下北沢>(12.6.8)
第203話 「ザ・クレードル」のまぼろしを巡りながら(12.5.10)
第202話 『SONG NEVER SANG』を、今一度響かせたい(12.4.12)
第201話 人間の第七官に響くやうな詩を書いてやりませう。(12.3.27)
第200話 しみったれたノスタルジーから『あゆむ街』へ=『ウイ・インシスト!』(12.2.20)
第199話 瀬戸内に揺れる<邯鄲の夢>か『音戸の舟歌』(12.1.19)
第198話 蠅男は『紙風船』と朝日の中に昇天する(11.12.16)
第197話 キジムナ又はラッコと『あのころ』(11.11.16)
第196話 あの夜が今よみがえる『YUSAKU MUSIC NOTE』(11.10.12)
第195話 人の縁も軽口も、人生は『ブーメランのように』(11.9.9)
第194話 敗北した時は『見上げてごらん夜の星を』(11.8.10)
第193話 東京でいつか観た<ナシ族歌舞>と<東巴文字>(11.7.19)
第192話 『想いの届く日』をレコーディングしていた頃(11.6.10)
第191話 巨人の『怪談・牡丹灯籠』を下北沢で続ける(11.5.11)
第190話 『原爆許すまじ』の歌、歌えますか?(11.3.30)
第189話 聞こえるや、『十九の春』のうめき声。(11.3.30)
第188話 『般若心経』をゴラン高原に響かせてみたい(11.1.10)
第187話 満月を盃にくだきて、暫し、酔ひて勢えよ(11.1.10)
第186話 『ふるさと 』の青森に<木鶏>を尋ねる(10.12.3)
第185話 『言うなかれ、君よ、別れを』と言って、人は逝くのか(10.11.15)
第184話 <ヴァーチカル・ドラム>にシモキタが一ミリ動いた。(10.10.3)
第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 7月1日号の当原稿を7月1日に書いている。遅れには言い訳じみた理由があるのだが、極私版なので許されたい。今日から五木寛之の連載小説「親鸞・完結編」が始まった。数年前に初連載の「親鸞」、続いて「続・親鸞」は共に上下卷の単行本になり、今日がその長尺小説の完結編の初日だったが、読まないで焦眉の原稿に向う。と言いつつ、一面のカラー記事の〈世界遺産の頂へ/富士山が山開き〉が目に入る。「世界文化遺産登録後初めての山開きを前に、山頂を目指す登山者ら」の写真入り記事だった。――巨人伝説のダイダラボッチが、琵琶湖を掘って土を盛って出来た富士山山頂に、聖徳太子が黒馬を駆け、かぐや姫が月ではなくて帰って行ったという山が、世界遺産に登録なれば老若男女が駆け参じるのも道理かなと思うのたが。
 韓国のサックス奏者・姜泰煥を韓国から招聘して八日間八ヶ所でコンサートライブをやった。共演者は田中泯はじめ、高田みどり、土取利行、佐藤允彦、太田惠資、永田砂知子、さがゆき、ヒグマ晴夫など、一家言を持つつわ者表現者たちだったが、最終日の六月二十九日は中央高速を行った神奈川県藤野の寒村、だが背景に広大な山畑を持つ「カフェ&レストランshu」というライブ空間だった。甲州街道の永福から首都高に乗るといきなり身動きできなかった。空が晴れた土曜の午後、何じゃ! 事故か? と思ったが富士山が世界遺産になったんだとすぐ気づくと、スカイツリーや小田急線下北沢駅地下化に群がった集合心理に動かされる衆を、
烏合とは言わなくても個人的時間の都合で
十把一絡げにして苦々しく思った。
そこで或る日のことを思い出した。

 2008年9月28日、『死と歌と音楽が言霊になって/小室等・谷川賢作・谷川俊太郎』というコンサートを企画した。場所は奧志賀高原リゾートにある「森の音楽堂」というホールだった。
 前年の12月、音楽堂の下見は終えていた。雪が降り積もった奥志賀高原は冬場のリゾートのメッカとして知られ、スキー・シーズンを数日後に控えていた。長野駅から高速バスで1時間40分、音楽堂は扉も雪を被った状態で雪かきなしでは開かなかったが、中に入ると驚いた。三階分は裕にある吹き抜けの天井や壁はシックな木で出来ていて、戸板を開ければ雪山が一面に見える。ということは遅い春から早い秋までなら、開け放って芝のスロープを利用したコンサートも可能だった。集客も三百から四百人が可能の広さだった。おまけにそこは、松本で毎夏行なわれている「サイトウキネン・フェスティバル」の音楽監督・小沢征爾がリハーサルを兼ねたコンサートを事前に行ない、指揮棒を振っている音楽堂としても知られていた。食指をそそる素晴らしい空間を愛で、何をプログラムすれば良いのか複数頭に描いて、俺は先方のマネージャーに言った。「夕方になってきたし、以前から一度行きたいと言っていた菊寿司に行きませんか?」と。その鮨屋は縁あって俺が以前から知っているところで、田舎の道沿いにぽつんとあるが、東京からも通が通う江戸前の名店だ。菊寿司は楽雁と画狂人葛飾北斎で有名な小布施の北、黒姫山を抱いた三水村(当時既に林檎の名産地・牟礼村と合併して飯綱町になっていた)にある。雪道を車で一時間走ったところだった。鮨の話ではない、話を戻す。
 2008年9月28日、東京駅に朝9時に集合していざ乗車となったが、改札前のロビーは人が膨らむばかりで騒ぎが次第に大きくなっていった。しどろもどろの駅員の説明によると、どうも信号の故障で新幹線は長野新幹線だけでなく、上越、山形、秋田、東北と全区間が不通のようだった。回復するのかしないのか、駅員も分らず俺たちは狼狽えるばかり、息子の谷川賢作はともかく、谷川俊太郎父とは店の出演を除いて初の遠征だった。痺れを切らした俺たちは新幹線に見切りをつけて、京浜東北線で大宮まで行き在来線の特急に乗り換えて高崎まで行った。回復がまだだと知ると鉄道をあきらめ、ホテルで調べてもらっていたレンタカー屋で車を借りた。長野から車で2時間弱掛かるところを、高崎からだと何時間掛かるというのだ。賢作は頑張った。
 開場15時半、松本から間に合った小室等ともども、かつかつ滑り込んだ。〈朗読される時、歌われる時、詩はヴァーチカルに立ち上がり、別の生きものになる〉――
音楽堂はどうにか
選ばれた表情を取り戻した。




 
 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。