第233話 『土の歌』を広島から発信する (15.01.09)
第232話 『不在証明』の共犯者に拍手はいらない (15.01.09)
第231話 奇病・ゆうれい病でわが身を思い知ること (15.01.09)
第230話 ふたつの物語りの、幕がひらかれるのだ (15.01.09)
第229話 “ラ・ネグラ/褐色の女”が讃えた『人生よありがとう』 (15.01.09)
第228話 妖術使いの蛙の歌が聞こえてくるよ (15.01.09)
第227話 中国女の尻追っかけて15年 (15.01.09)
第226話 〈ポポロッカを起こせ!〉、と言うと不謹慎になるのかな (15.01.09)
第225話 音楽家として<黒雨>、書家として<如水>と雅号した人よ。(14.03.01)
第224話 『麦打ち唄』の音曲をどう祝祭すれば良いのだろうか!(14.02.03)
第223話 蕎麦を巡る旅と『ハッシャ・バイ』(14.01.06)
第222話 『浜辺のソプラノ』も昭和歌謡山脈の夢の途中(13.12.01)
第221話 『花巻農学校精神歌』と『ヨイトマケの歌』を繋ぐ知恵の輪(13.11.01)
第220話 <時代>に生きてしまったら、もう変われない。(13.10.01)
第219話 原爆忌・昭和二十年生まれなり(13.09.01)
第218話 『人間の秘密』はつらい夜を過ごすために(13.08.08)
第217話 逢魔が時は夕方とは限らない(13.07.08)
第216話 花や鳥や風や月は謳い、では人は何を詠うのか(13.06.04)
第215話 『最後のニュース』のあなたとあなたとあなた(13.05.04)
第214話 西行に倣い、桜に葬られて(13.04.04)
第213話 『BEETLE』は止まり場を求めて(13.03.04)
第212話 2008年は「春のめざめ」だった(13.02.18)
第211話 『音戸の舟歌』で巳年を迎える(13.01.08)
第210話 歳末に<引かれもん小唄>を歌いたくはないが。(12.12.12)
第209話 『平家物語』の舞台は東北だった(12.11.12)
第208話 “宮さん、宮さん”を今さら歌えといわれても(12.10.12)
第207話 『朗読とジャズのシモキタ・ジャンクション』の馴れ初め(12.9.12)
第206話 今年の『シモキタヴォイス』も始まりは2007年だった(12.8.8)
第205話 昭和の歌『月がとっても青いから』>(12.7.8)
第204話 雨中行軍する<ライカで下北沢>(12.6.8)
第203話 「ザ・クレードル」のまぼろしを巡りながら(12.5.10)
第202話 『SONG NEVER SANG』を、今一度響かせたい(12.4.12)
第201話 人間の第七官に響くやうな詩を書いてやりませう。(12.3.27)
第200話 しみったれたノスタルジーから『あゆむ街』へ=『ウイ・インシスト!』(12.2.20)
第199話 瀬戸内に揺れる<邯鄲の夢>か『音戸の舟歌』(12.1.19)
第198話 蠅男は『紙風船』と朝日の中に昇天する(11.12.16)
第197話 キジムナ又はラッコと『あのころ』(11.11.16)
第196話 あの夜が今よみがえる『YUSAKU MUSIC NOTE』(11.10.12)
第195話 人の縁も軽口も、人生は『ブーメランのように』(11.9.9)
第194話 敗北した時は『見上げてごらん夜の星を』(11.8.10)
第193話 東京でいつか観た<ナシ族歌舞>と<東巴文字>(11.7.19)
第192話 『想いの届く日』をレコーディングしていた頃(11.6.10)
第191話 巨人の『怪談・牡丹灯籠』を下北沢で続ける(11.5.11)
第190話 『原爆許すまじ』の歌、歌えますか?(11.3.30)
第189話 聞こえるや、『十九の春』のうめき声。(11.3.30)
第188話 『般若心経』をゴラン高原に響かせてみたい(11.1.10)
第187話 満月を盃にくだきて、暫し、酔ひて勢えよ(11.1.10)
第186話 『ふるさと 』の青森に<木鶏>を尋ねる(10.12.3)
第185話 『言うなかれ、君よ、別れを』と言って、人は逝くのか(10.11.15)
第184話 <ヴァーチカル・ドラム>にシモキタが一ミリ動いた。(10.10.3)
第183話 あの頃『アムトラック・ブルース』が流れていたよ。(10.9.3)
第182話 「無悟」と「無垢」の違いが判らない。(10.8.3)
第181話 『夜のカフカ』のシナップス(10.7.3)
第180話 魑魅魍魎を哲学すると(10.5.15)
第179話 FLANEUR(ブラブラ歩き)は止まらない(10.4.30)
第178話 チンドン音楽の出番ですよ(10.4.12)
第177話 小判で面張る今様下北沢(10.3.5)
第176話 『茶々&ちび〜三角橋の猫の歌』流れる街をどうしようと?(10.2.10)
第175話 シューベルトの『あすなろ』を歌えと言われてみても(09.12.25)
第174話 日本人の笑顔と風のインプロビゼーション(09.12.25)
第173話 「世界はときどき美しい」と思いたい。 (09.10.6)
第172話 『雨が空から降れば』しょうがない不条理 (09.9.3)
第171話 『浅い眠り』の街下北沢にて候。(09.8.12)
第170話 『ラストワルツ』を踊り続けたいのだけれど(09.7.3)
第169話 「上海帰りのリル」はピカレスクの匂い(09.6.5)
第168話 『明日という字は明るい日と書く』のですか?(09.5.7)
第167話 「ヤマテピアノ」は旅の空を飛ぶ(09.4.3)
第166話 ジャンゴを聞きながら大分を巡る(09.3.7)
第165話 大川に紅涙流れて(09.1.30)
第164話 あなごは旨いが、逃した「明日の神話」はでかい(09.1.13)
第163話 『恨五百年』の音を幻聴する(08.12.4)
第162話 『椿姫・前奏曲』は春の訪れ悲恋の訪れ (08.11.10)
第161話 水の惑星で聞きたかった『セイレーン』の歌 (08.10.8)
第160話 『シネマアートン下北沢』の鳴動 (08.9.9)
第159話 三千世界の鴉を殺し 主と朝寝がしてみたい (08.8.1)
第158話 『いつかギラギラする日』にラスト・ダンスを (08.7.8)
第157話 今様『梁塵秘抄』に戯れて (08.5.2)
第156話 シモキタに江戸前の風が未だ吹いている。 (08.4.4)
第155話 『如露亦如雷』の響、海峡を渡る。 (08.3.1)
第154話 街のすきま風をジャズが塞いだ時代があった (08.2.8)
第153話 英哲の『若沖』で年は越してはみたが (07.12.28)
第152話 『さくらんぼの実る頃』は愛の悲しみ (07.12.11)
第151話 下北沢に『不死身の花』が咲くころ (07.11.05)
第150話 映画よ あれがシモキタの灯だ (07.10.15)
第149話 「ロンリー・ウーマン」はトリガーに指を掛けた (07.09.04)
第148話 P.グラスの鉱物的ミニマル交感 (07.08.03)
第147話 今から『風をあつめて』おくために (07.07.03)
第146話 『MASAЯA SCOPE』は土空火水を駆ける (07.06.02)
第145話 『ゲンズブール委員会』への招待状 (07.05.08)
第144話 CAVA BIEN?『MASARA』 (07.04.05)
第143話 ボリス・ヴィアン気取りの『北京の秋』から始まる (07.03.08)
第142話 〈美しい国〉から『七福神の歌』が聞こえる (07.02.01)
第141話 『井戸の茶碗』なる地縁血縁 (07.01.05)
第140話 歌っとくれよ「ゴンドラの唄」を (06.12.05)
第139話 正調『満月の夕』が浸みた。 (06.11.01)
第138話 沖縄―アイヌを結ぶ『シンクロニシティ』 (06.10.10)
第137話 『八月の種』の種撒き唄を歌って (06.08.31)
第136話 「檸檬」と『セントジェームス病院』と (06.08.02)
第135話 『諷誦文』の唱導をいつか聴く日 (06.07.13)
第134話 K・D・ラングの『カウガール・ブルース』 (06.06.15)
第133話 『国境の南』ーバハカリフォルニア (06.05.16)
第132話 朝日の中 下北『かもめ』は翔ぶ (06.04.13)
第131話 伝播する『花心』の基礎体温 (06.03.09)
第130話 『吾唯知足』の教えに行雲流水する (06.02.01)
第129話 新年を繋ぐ交感神経作用 (06.01.06)
第128話 『アルフェンティーナ』の月ヶ瀬幻視行 (05.12.05)
第127話 ミドリブタと歩く街流れる歌 (05.11.02)
第126話 昭和を記憶する『夢であいましょう』 (05.10.01)
第125話 『禁断の果実』を求めてジャズの茨の道へ (05.09.06)
第124話 色即是空と『グラナダ』食い合わせ (05.09.06)
第123話 『ラプソディ・イン・ブルー』の不意打ち、『草原情歌』の余韻 (05.07.05)
第122話 『何日君再来』を君と聴く日 (05.06.03)
第121話 『般若心経』を教科書で読む日 (05.05.10)
第120話 下北ノイズの生まれる街で (05.04.01)
第119話 『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』は今歌えない (05.03.04)
第118話 ヴェトナム人が見る『ジョージア』の夢 (05.02.01)
第117話 『ゴジラ』の年からヒロシマの年へ (05.01.01)
過去コンテンツも徐々に掲載します。


大木雄高 おおきゆたか
1945年生まれ。大学時代から小劇団を組織し、60〜70年代の同時代演劇を、作・演出・役者として手がける。78年以降は定期ライブのほか、「下北沢音楽祭」、「松田優作追悼コンサート」等をプロデュース。下北沢"LADY JANE"オーナー。"音曲祝祭行"は"音曲祝祭考"としてアサヒグラフ誌に98年1月から6月まで計24回を連載していたものを、連載終了を期に装いも新たに自主制作版とWEB版で復活させたもの。



 

"音曲祝祭行"は下北沢"LADY JANE"にて月1回部数限定で発行しています。
 
 先月の10月20日、オリエンタルホテル広島で不定期公演の「川の町でミーティング」をやってきた。第11回になる今回は、昨年のNHKのドラマ『あまちゃん』の音楽と作曲を担当した大友良英が、あまちゃんビッグバンドをそのまま引き継いで、フクシマプロジェクトで立ち上げた音頭音楽、つまり盆踊りビッグバンドを広島に持って行こうとした企画だった。予算の関係で全員は無理だ、ビッグバンドの核となるリズムとメロディの精鋭隊六名に、歌姫として浜田真理子を加えた、題して『ええじゃないか音頭・広島版』だった。それに加えて俺は、地元広島の合唱団「コール・ビビット&安田女子大学合唱研究会Vivid Nova」に二部の最後に出てもらった。五月の広島の饒津神社で行なったイヴェント、ブレスパッセージ2014に続いて二回目だったが、これには俺なりの理由と必然があった。
 『大地讃頌』という合唱曲を歌ってもらう目的だった。1962年、芸術祭レコード部門参加作品として委託を受けた大木惇夫が詩を書き、佐藤眞が作曲して、七楽章からなる混声合唱のためのカンタータ『土の歌』となったのだが、俺は十数年前にやっと知った。広島出身の詩人らしく大木惇夫の詩は、一楽章「農夫と土」、二楽章「祖国の土」、三楽章「死の灰」、四楽章「もぐらもち」、五楽章「天地の怒り」、六楽章「地上の祈り」、七楽章「大地讃頌」となっていて、詩の一節をここに上げなくても、ヒロシマ・ナガサキが描かれ、コウベが描かれ、フクシマが描かれ、深い洞察の中から綴られた愛と怒りの言葉は、今の時代への予言に満ち満ちていると言うしかない。以降五十余年歌い継がれてきたことになるが、その間、『土の歌』は一方無視され蹂躙され利用され、世界は、日本人はどうして腐敗の泥濘に嵌っているのか?広島で「『土の歌』を歌い継ぐ会」という合唱団の存在を知った時は衝撃的で、わが不明を恥じるしかなかった。それから数年後、
せめて広島の地で行なっている
<音楽と言葉>で綴る十回を越える舞台に、
何とか登場させたいと思った。

 2009年12月9日、同じオリエンタルホテル広島で「第五回川の町でミーティング」をやった。かっての当拙文と重複するかも知れないが、演出家であり作家だった久世光彦が、生前(200年3月2日死去)に人生最後の曲に何を選ぶかという切り口から選んだ『マイ・ラスト・ソング』=昭和の歴史を、浜田真理子が弾き語り、小泉今日子がエッセイを朗読する舞台を構成したものだった。主軸はあくまで久世光彦の世界だったが、その「マイ・ラスト・ソング」を始め、当人が再三、エッセイにドラマに取り上げていた広島出身の大木惇夫という詩人がいた。広島の地でやることでもあり、俺は久世光彦の世界に、大木惇夫を照らし合わせて特徴づける舞台にしたかった。そこで大木惇夫の実子であるフリーのエッセイスト・宮田毬栄をゲストに呼んだ。久世光彦とは宮田毬栄が中央公論文芸誌「海」編集長、「文芸特集」編集長だった昔から友人でもあったので、これほど適任の人材はいなかった。小泉今日子を相手に話した前座の40分が、どれほど本編に説得効果をもたらしたかを、自己自慢したいほどであった。かくして、大木惇夫の詩『戦友別盃の歌』の書き出し部分であり、久世ドラマのタイトルでもあった『言うなかれ、君よ、別れを』は、当人の運命とともに語られ、小泉今日子によってしめやかに朗読された。
 翌年の「第六回川の町でミーティング/言の葉の露・水辺ほしきもの」でも、山田耕筰とコンビを組んだ幾多の大木惇夫の詩が、広島出身のソプラノ歌手・藤田真弓に歌われ、詩人の井野口慧子に詠じられ、西村雅彦によって朗読された。
 この二回に亘る大木惇夫の取り上げ方に、「甥っ子のくせにそれほどの事しか出来ないのですか」とお叱りを受けたことがあった。先述の「『土の歌』を歌い継ぐ会」の一人の方からだった。なるほど、「中公文庫『日本の詩歌』全三十巻にも入っておらず、新潮文庫『日本詩の鑑賞』にも一編も載っていない。それは殆ど黙殺といっていい扱いである(久世光彦筆)」。それほどの被迫害の中で死んだ大木惇夫に腰が引けてたのだと反省した。というより、広島を一度見限った甥が、縁戚関係だからだといって出しゃばるなと言う、自制の気持ちが強かったからだ。その時に知った「なぜ今『土の歌』なのか」と言って向う「『土の歌』を歌い継ぐ会」の扉は叩けないのだと。
 『ええじゃないか音頭』の翌々日の22日、雨の朝。広島市の担当部課の立ち会いのもと、市中にある70メートルの比治山山頂に、特別の配慮で石工の数人に来てもらった。大木惇夫の石碑をこじ開けるためだ。
眠っているはずの過去が茶箱に入って現れた。
被爆七十年の来年に向う第一歩のつもりだった。



 
 




このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。