消費者が最初に触れるパッケージデザインは、商品そのものといえます。手の込んだパッケージだからといって売れるとは限りません。ターゲットは誰か、他社との違いは何かなど、商品の特徴や購買心理を理解した上で、消費者が商品を手に取る姿を想像してデザインします。





このHPに関するご意見、ご感想、ご連絡はこちらからどうぞ。